鞍馬山ラーメンとは?京都人もよく知らない個性的なラーメン

鞍馬山ラーメンを食べてきました。鞍馬山(鞍馬寺)の岸本柳蔵老舗さんという食事処兼おみやげ屋さんにある個性的なラーメンで「鞍馬山らーめん」という名前で提供されているのです。実はこれ、とある個性的な味のするラーメンなのです!

個性的な味とはいったいなんなのでしょうか?

鞍馬山ラーメンとは?


鞍馬山ラーメン? パッと見はよくわからないが・・・・実は・・・・

鞍馬山ラーメン? パッと見はよくわからないが・・・・実は・・・・

京都には「鞍馬山ラーメン」という、あまり知られていないジャンルのラーメンがあります。

「鞍馬ラーメン」とも呼ばれますが、たぶんラーメン好きの方でもこの「鞍馬山ラーメン」というのを聞いたことがある方は少ないはずです。

鞍馬山ラーメン」というお店の名前ではありません。

実際に「鞍馬山ラーメン」と呼ばれるラーメンがあるのです。

では、この「鞍馬山ラーメン」とはどのようなラーメンなのでしょうか?

かなり個性の強いラーメンなのですが、今回も実際に鞍馬まで行って食べてきたのでレビューしたいと思います。

鞍馬山ラーメンがあるお店で実食レビューと評価


岸本柳蔵商店 鞍馬山ラーメンがあるというお店に突撃

岸本柳蔵商店 鞍馬山ラーメンがあるというお店に突撃

この「鞍馬山ラーメン」があるのが、京都の鞍馬寺に近い「岸本柳蔵老舗」という食事処です。

お店は2つあって、駅に近い角のお店ともう少し先の鞍馬寺の山門手前にもあります。

オススメはこちらの鞍馬駅に近いお店です。

角にあるので、食べるところも明るいし開放的です。

店内の様子

店内の様子

お座敷もあります。

お座敷もあります。

鞍馬山らーめん 650円
ちらしずし 600円
天ぷらそばうどん 700円
にしんそばうどん 700円
月見そばうどん 600円
きつねそばうどん 600円
親子丼 800円
玉子丼 700円
赤飯 600円
あまざけ 400円

では、早速その「鞍馬山ラーメン」というのを食べてみましょう!

※メニューと値段は記事掲載時点のものです(サービス内容は変更になる場合もあります)。

鞍馬ラーメンとは個性の強い「山椒」の入ったラーメンだった


鞍馬山ラーメン

鞍馬山ラーメン

さて、この「鞍馬山らーめん」というのは、いったいどのようなラーメンなのでしょうか?

実は・・・・

山椒が入ったラーメンなのです!

ごく普通に見えますが・・・・

ごく普通に見えますが・・・・

山椒がかかっているラーメンなのです!

山椒がかかっているラーメンなのです!

よくよく見ると「山椒」そして丸い山椒の実が浮かんでいるのがわかります。

これが独特の香りと味、そしてちょっとしたピリリとした辛さをラーメンに加えているのです。

スープに浮かぶ山椒の実 ピリリとします

スープに浮かぶ山椒の実 ピリリとします

山椒大好きな方にはたまらないわけですが、山椒の実もスープに浮かんでいるので、かじるとピリピリと刺激があります。

山椒が苦手な方もいると思いますが、私は大好きなので山椒の実をかじって楽しみました。

スープは和風だしで少し甘みがあります

スープは和風だしで少し甘みがあります

スープは和風だしで少し甘みがあります。

みりんだと思いますが、これがもっとウドン出汁に近づくと鳥中華になりそうな感じです。

麺はごく普通ですが量があります

麺はごく普通ですが量があります

麺は普通の太さで、よくある中華そば屋さんで味わえるタイプのものです。

量は結構あって、たぶん普通で言う「中盛り」くらいはあると思います。

スープには山椒がふりかけられているので、スープの甘みと山椒の香りが合わさって、個性的な味になっているラーメンでした。

岸本柳蔵老舗 基本情報


岸本柳蔵老舗

岸本柳蔵老舗

岸本柳蔵老舗さんは、叡山電鉄鞍馬線「鞍馬駅」の駅前にあるお店で、出町柳から鞍馬駅まで叡山電鉄鞍馬線で片道420円で行くことができます。

営業時間は早めで9:30にはオープンしているので、鞍馬寺に入山する前に食べた方が良いです。

というのも、鞍馬寺は本殿から奥の院まで行って、反対側の鞍馬神社側で下山する観光コースが一般的だからです。

京都府京都市左京区鞍馬本町244
営業時間:9:30~17時
定休日:不定休

※営業時間と定休日は記事掲載時点のものです。臨時休業の場合もありますのでご注意ください。

車で食べに行く場合


コインパーキング(ちょっとお高め)

コインパーキング(ちょっとお高め)

自家用車で行く場合は、駅前に駐車場(500円を岸本柳蔵老舗に支払う)か、コインパーキングがあります。

コインパーキングは高いですが、付近には民間の駐車場もいくつかあってだいたい500円程度で駐車できます。

バイクで食べに行く場合


鞍馬寺を通り過ぎるとバイク駐輪場があります(400円くらい)

鞍馬寺を通り過ぎると民間の駐車場があります(500円くらい)

バイクで行く場合は、鞍馬寺を通り過ぎると民間の有料駐車場があるのですが、そこと交渉するかバイク駐輪場の看板があるところで停めることができます。

バイクでも400円~500円くらいかかります。

市原駅の無料駐輪場に停めて叡電で行く手もあります

市原駅の無料駐輪場に停めて叡電で行く手もあります

私は、叡山電鉄鞍馬線「市原駅」にある無料駐輪場に停めて、そこから片道260円払って電車で行くパターンを使うことが多いです。

単に鞍馬線に乗りたいという理由だけですが・・・・。

鞍馬山ラーメン まとめ


ということで、今回はとても個性的な味わいの「鞍馬山らーめん」を紹介しました。

京都の有名観光地のラーメンですが、観光地価格ではなく普通のお値段で食べることができます。

特徴は「山椒が入っている」ことですが、実をかじらなければさほど辛くはありませんでした。

(1)京都・鞍馬寺の前にある「岸本柳蔵老舗」さんのラーメン
(2)お値段は650円
(3)中華そばに山椒がふりかけてある
(4)山椒の実も入っている
(5)スープは甘めも山椒はピリリと辛い


京都ラーメン

京都のラーメン新店案内をメインに、関西・京都の知られざるラーメン店を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。京都の起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



うどん

関西・京都の知られざるうどん&蕎麦店を毎日探してどこよりも速く実食レビューを掲載しています。


飲食店レビューについてのご留意事項

※本ブログは非商業系であるため、お店には客として訪問しています(業者ではありませんので掲載費用の徴収や商品販売の勧誘などは一切していません)。内容も客としての視点でのみ書かれたものです。

※紹介したいお店は「美味しいお店」ではなく「気持ちよく食事ができるお店」です。お客様に対して失礼な対応があるお店は記事掲載後でも削除しています。


京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | ペット同伴OK |

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


京都関連の記事を書いているライター
ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター
まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。