麺屋 龍仙@京都・長岡京市ラーメンがリニューアルしてたので食べてきた

京都・長岡京市の「麺屋 龍仙」さんというラーメン店が今年4月にリニューアルしていたのですが、ようやく行くことができました。あまりこの界隈には行かないのですが、とある長岡京の噂を調べに行った帰りに立ち寄ってみました。背脂の浮いた京都ラーメンです。

お店は前と違って、かなりオシャレになってました。

麺屋 龍仙 京都ラーメン店


麺屋 龍仙、2016年4月5日にリーニューアル

麺屋 龍仙、2016年4月5日にリーニューアル

京都の長岡京市にとある取材に行った日に、今年4月にリニューアルしていた「麺屋 龍仙」さんに立ち寄ってみました。

元々は「龍龍軒」という店名だったのですが、そこが閉店して今年の4月1日にリニューアルオープン・・・・洒落たお店に様変わったのです。お店は今は有名な音楽グループ「GReeeN」で初代ヴォーカリストをしていた方です。

黒を基調におちついた外観にリニューアル

黒を基調におちついた外観にリニューアル

以前は、赤色のいかにも中華とかラーメンショップ的なお店でしたが、ずいぶんとおしゃれな感じに様変わりしていました。

近くには「ミスターラーメン」と「天天有 長岡京店」もあるし、駅からだいぶ離れているし、こうやってリニューアルも考えていかないといけないのでしょう。

サイズが細かくわかれています。

サイズが細かくわかれています。

いかにも京都ラーメンですが、サイズが細かくわかれています。

小~大まで4段階で、洒落た内装や外観に、小さいサイズもあるのは女性客を意識したお店かもしれません。

龍仙(こってり) 750円
龍麺(あっさり) 750円
龍希(とろとろ) 800円
龍辛(選べる辛さ4段階) 750円
龍匠(濃厚魚介豚骨) 800円
名物 豚皿 500円
チャーシュー丼 600円
チャーハン 500円

龍仙(こってり)を実食レビュー


龍仙(こってり) 750円

龍仙(こってり) 750円

今回は代表的なメニューの「龍仙(こってり) 750円」を食べてきました。

背脂の浮かんだいかにも京都白川系ラーメンですが、他のお店と比べると少しあっさりしています。

ネギが多いので、ネギ好きにはうれしかったですが、来来亭とソックリのネギでした。このタイプのネギって、どこか業者から買っているのでしょうか。いつも気になります。

麺は中太麺で量が多いです

麺は中太麺で量が多いです

麺は中太麺です。

特筆すべき点は、これ並なのですが、普通のお店の大サイズと同じ麺量です。

注文を間違えたわけではなく、お店の方に確認したところ「多くなっています」とのことでした。

そんなに辛くないので食べやすいです

そんなに辛くないので食べやすいです

京都ラーメンにありがちな醤油辛いラーメンではなく、来来亭や魁力屋(かいりきや)よりはアッサリした感じです。

ガーリックフライは結構においますので入れる際はご注意を

ガーリックフライは結構においますので入れる際はご注意を

麺屋龍仙 基本情報


麺屋龍仙 外観

麺屋龍仙 外観

駐車場はお店の北方に6台分あります。

駐車場の「2・3・5・6・7・8」が利用可能です。ちゃんと駐車場を借りて用意しているのは良いですね。

追記:このお店のWEB限定メニューを食べに行ったレビューもあります

京都府長岡京市今里2丁目19−2
営業時間:11時~21時(日祝は11:30~21時)※15時まで禁煙
定休日:月曜(祝日の場合は翌日休み)
URL:http://www.ryu2.co.jp/


京都ラーメン

京都のラーメン新店案内をメインに、関西・京都の知られざるラーメン店を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。京都の起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



京都・お墨付き

京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。京都の起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | ペット同伴OK |

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


京都関連の記事を書いているライター
ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター
まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。