2021年10月14日オープン ラーメンながた


2021年10月14日オープン


2021年10月14日オープン ラーメンながた

2021年10月14日オープン ラーメンながた

京都市左京区にラーメン店「ラーメンながた」が新店オープンしたので行ってきました。

場所北白川エリアで、茶山駅から徒歩6分のところ。

オープン日(開業日)は2021年10月14日で、訪問日は2021年10月19日です。フォロワーさん(@m1hLRrrEa9JZ0lI)情報で訪問しました。

今回はこの「ラーメンながた」を実食レビューします。

※店主様にブログ・SNSでの掲載許可をいただいて記事を書いています。

ラーメンながた とは


ラーメンながた(京都市左京区)

ラーメンながた(京都市左京区)

ラーメンながた京都市左京区2021年10月14日に新店オープンしたラーメン店です。

昔なつかしい中華そばと鶏白湯ラーメンのお店で「醤油ラーメン・濃厚白湯ラーメン・かけラーメン・おうちカレー・唐揚げ」などを食べていくことができます。

昔なつかしい味わいの醤油ラーメン

昔なつかしい味わいの醤油ラーメン

醤油ラーメンは昔なつかしい味わいの中華そばで、店主さんが一番好きな味のラーメンを提供

店主さんは若い頃に滋賀県でラーメン店をしていた方ですが、もう一度ラーメン店をしたいと強く思うようになり開業したのだそうです。

実食レビュー


雰囲気も昭和ノスタルジックです

雰囲気も昭和ノスタルジックです

ラーメンながたが開店したのは2021年10月14日。

白川通北大路から西へ、来来亭の西側の道を南に下がって(約280m)4筋目の東入ってスグにお店があります。

お店の雰囲気も昭和ノスタルジックでいい感じです。

カウンター4席、4名テーブル1卓

カウンター4席、4名テーブル1卓

店内はカウンター4席、4名テーブル1卓という構成。

席間隔はゆったりとしていて、透明シールドや検温器もあってコロナ対策も万全です。

かけラーメンがなつかしいです

かけラーメンがなつかしいです

メニューは「醤油ラーメン・濃厚白湯ラーメン・かけラーメン・おうちカレー・唐揚げ」など。

値段は醤油ラーメンは700円となっていました。

かけラーメンがなつかしい感じで、昔は学生さんのためにあったメニューでした。今は高齢者の方でそんなに量が食べられない方向けにメニューで出しているそうです。

醤油ラーメン

醤油ラーメン

今回は醤油ラーメンを注文。

朝引きの雌鶏(京都地鶏)の鶏ガラスープに香ばしい醤油を使ったスープ。

醤油がガツンとしたしっかりスープ

醤油がガツンとしたしっかりスープ

見た目はあっさり系ですが、醤油がガツンとしたしっかりスープ

店主さんは「あっさりしすぎてないですか?」とまだどうしようか悩んでいる節もあったのですが「この味が好きなんで」とおっしゃっていました。

私も店主さんが好きな味のラーメンを提供するのが一番だと思います。

青ネギがたっぷりなのも懐かしいです

青ネギがたっぷりなのも懐かしいです

トッピングもチャーシュー3枚にメンマとたっぷりの青ねぎ。

昔ながらの京都ラーメンは青ネギが多いお店が多いのですが、こういうところも懐かしい雰囲気です。

麺も京都人が好きなコシあるタイプ

麺も京都人が好きなコシあるタイプ

も京都人が好きなコシあるタイプ。

濃厚白湯ラーメン

濃厚白湯ラーメン

こちらは「濃厚白湯ラーメン」です。

こってりまったり味でとても濃厚!

スープに鶏が溶け込んでいました

スープに鶏が溶け込んでいました

白湯スープは鶏が溶け込んだコッテリで、味付けがしっかりしているので最後まで楽しめるスープでした。

醤油ラーメンのほかに濃厚白湯ラーメンもあるのが良いですね。

油そば!シンプルだがかなりお薦め

油そば!シンプルだがかなりお薦め

もうひとつ、個人的に食べていただきたいメニューが「油そば」です。

なんと値段は500円! 太麺にゴマと海苔トッピングだけとシンプルですが、ラー油をたっぷりかけて食べるとやみつきの1杯です。

学生さんが多い街ならではメニューです。

ラーメンながた

ラーメンながた

色々な種類のラーメンがあり、そのどれも店主さんの確かな腕前で作られたラーメンだと思いました。

住宅街の中、静かなところにある町のラーメン店という雰囲気が素敵で味も確かなお店が「ラーメンながた」さんでした。

メニュー


メニュー(ラーメンながた)

メニュー(ラーメンながた)

メニュー一覧や値段など「メニュー情報」です。

※メニューの内容と値段を最新(2022年12月11日)のものに更新してあります。

メニューは「醤油ラーメン・濃厚白湯ラーメン・油そば・かけラーメン・おうちカレー・唐揚げ」という構成。

値段は醤油ラーメンが700円で濃厚鶏白湯が850円です。

お薦めメニュー醤油ラーメン or 濃厚白湯ラーメンで、これは好みで選ぶと良いでしょう。

メニュー リスト(クリックでオープン&クローズ)
【ラーメン】メニュー
醤油かけラーメン 500円
油そば 500円
醤油ラーメン 700円
白湯ラーメン 850円
ハーフ&ハーフラーメン 800円
白湯スペシャル 1050円
油そばスペシャル 800円
もやし(トッピング) +50円
生卵(トッピング) +50円
味付け煮玉子(トッピング) +100円
肉増し(トッピング) +200円
ねぎ増し(トッピング) +100円
メンマ増量(トッピング) +100円
【サイド】メニュー
唐揚げセット(唐揚げ2個+ライス) +300円
ご飯 100円
ねぎご飯
唐揚げ 小(3個) 350円
唐揚げ 大(6個) 550円
キムチ 250円
付き出し肉(3枚) 400円
ビール 中瓶 550円
日本酒 350円
焼酎 350円
角ハイボール 400円
コーラ 150円
値段は税込み価格です。
※メニューと値段は記事掲載時点のものです(サービス内容は変更になる場合もあります)。最新情報は公式情報でご確認ください。

アクセス(場所)

ラーメンながたの「行き方営業時間定休日」などの店舗情報についてです。

営業時間は「11時~14時、17時30分~21時(日曜日は11時~15時)」です。

定休日は「月曜日」となっていました。

※2021年10月は17日・24日・31日(いずれも日曜日)が休みとなっていました。

場所京都府京都市左京区の北白川エリアで茶山駅から徒歩6分のところです。

住所でいえば「〒606-8257 京都府京都市左京区北白川西伊織町13−5」で、大きな地図で見たい場合はこちらをクリックしてください(Google Mapsが開きます)。

駐車場・駐輪場はありませんので近隣のコインパーキングをご利用ください。すぐ東側のコインパーキングを使うと200円分返金があります(地図)。

店舗情報(クリックでオープン&クローズ)
店舗情報
店舗名 ラーメンながた
オープン日 2021年10月14日オープン
ジャンル ラーメン店
食事予算 1000円以内
営業時間 11時~14時、17時30分~21時(日曜日は11時~15時)
定休日 月曜日
駐車場・駐輪場 なし(東側のコインパーキング使用で200円返金あり)
住所 〒606-8257 京都府京都市左京区北白川西伊織町13−5
地図 こちらをクリック(Google Maps)
最寄り駅 茶山駅から徒歩6分(約450m・ルート
最寄りバス停 伊織町バス停から徒歩3分(約220m・ルートバス停情報
テイクアウト 非対応
イートイン 対応
コロナ対策 手指消毒・マスク・透明シールド・検温
公式SNS Twitter・LINE(@890xjjhh)・Instagram
公式サイト なし
電話番号 記載なし
QR決済 ✅ PayPay
※営業時間と定休日は記事掲載時点のものです。最新情報は公式情報でご確認ください。臨時休業の場合もありますのでご注意ください。
飲食店レビューについてのご留意事項

※本ブログは非商業系であるため、お店には客として訪問しています(業者ではありませんので掲載費用の徴収や商品販売の勧誘などは一切していません)。内容も客としての視点でのみ書かれたものです。

※紹介したいお店は「美味しいお店」ではなく「気持ちよく食事ができるお店」です。お客様に対して失礼な対応があるお店は記事掲載後でも削除しています。


京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | ペット同伴OK |

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | おにぎり | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


記事を書いている人
ノーディレイ

記事を書いている人は飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のある「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを経験して退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は2400件以上あります。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。