2021年10月4日オープン らーめん いち喜(ICHIKI)


2021年10月4日オープン


2021年10月4日オープン らーめん いち喜

2021年10月4日オープン らーめん いち喜

京都市東山区にラーメン店「らーめん いち喜(ICHIKI)」が新店オープンしたので行ってきました。

場所五条坂エリアで、清水五条駅から徒歩11分のところ。

オープン日(開業日)は2021年10月4日で、訪問日は2021年10月3日のプレ期間中です。

今回はこの「らーめん いち喜」を実食レビューします。

らーめん いち喜 とは


らーめん いち喜(京都市東山区)

らーめん いち喜(京都市東山区)

らーめん いち喜京都府京都市東山区の清水五条駅から近いところで2021年10月4日に新店オープンしたラーメン店です。

観光地・五条坂のたもとにあるジャスが流れるおしゃれなラーメン店で「醤油ラーメン・限定ラーメン」などを食べていくことができます。

ジャスが流れるおしゃれなラーメン店

ジャスが流れるおしゃれなラーメン店

運営会社はレンタル着物を扱う「株式会社OKAMOTO」で、そのレンタル着物店だった場所を改装して開業しました。

ラーメンは鶏・豚の合わせスープにパンチの効いた醤油味で「醤油ラーメンチャーシュー麺限定ラーメン」などが値段は860円からとなっていました。

実食レビュー


2021年10月4日オープンのラーメン店

2021年10月4日オープンのラーメン店

らーめん いち喜の開店日は2021年10月4日。

当初は9月5日に開業予定で訪問していたのですが、新型コロナの影響で緊急事態宣言が出て開業が延期になっていました。

スタイリッシュな空間にジャズが流れる

スタイリッシュな空間にジャズが流れる

店内はスタイリッシュな空間で、BGMにはジャズ調の曲が流れるなど大人の雰囲気があるラーメン店です。

座席はカウンターが6席ほど、4名テーブルが3卓ほどありゆったりとした雰囲気です。

醤油ラーメンと限定ラーメンがあります

醤油ラーメンと限定ラーメンがあります

メニューは醤油ラーメンが基本で、限定ラーメンが当日は2種類(味噌ラーメン・冷し胡麻味噌麺)という構成。

値段は860円~1160円で、トッピングで値段が異なります。

サイドメニューは餃子・唐揚げ・焼豚丼

サイドメニューは餃子・唐揚げ・焼豚丼

サイドメニューは「餃子・唐揚げ・チャーシュー盛り・焼豚丼・ライス」がありました。

セットの値段は1190円~1210円で、世界的な観光地であることを考えれば頑張っている値段だと思います。

いち喜醤油(860円)

いち喜醤油(860円)

今回は「いち喜醤油(860円)」を注文。

醤油を味わうというコンセプトのラーメンで、香ばしさと醤油のピリッとした辛さが表に出たラーメンです。

炙りチャーシュー・メンマ・白髪ねぎ・青ねぎ

炙りチャーシュー・メンマ・白髪ねぎ・青ねぎ

スープは鶏と豚の合わせたもので、それに麺屋棣鄂の中太麺を合わせていました。

トッピングは「炙りチャーシューメンマ白髪ねぎ青ねぎ」と味の変化を楽しむ構成です。

観光地なので少し醤油を強めに使ったラーメンになっていました(京都の味付けだと観光客に薄いといわれることが多いのです)。

レギュラーメニュー

レギュラーメニュー

訪問した日はちょうど緊急事態宣言が明けた土曜日。

昨日まで閑散としていた祇園の街にも賑わいが戻っていました。

早く以前のように外国の方も安心して京都に来られる世の中に戻ってもらいたいものです。

メニュー


このお店のメニューは?

このお店のメニューは?

メニュー一覧や値段など「メニュー情報」です。

メニューは「醤油ラーメン限定ラーメン」という構成。

値段は860円からとなっていました。

メニュー リスト(クリックでオープン&クローズ)
【ラーメン】メニュー
いち喜醤油 860円
味玉らーめん 960円
チャーシュー麺 1060円
特製いち喜醤油 1160円
【セット】メニュー
唐揚げセット 1210円
餃子セット 1210円
ミニチャーシュー丼セット 1090円
【サイド】メニュー
唐揚げ 500円
餃子 300円
チャーシュー盛り 500円
チャーシュー丼 380円
ライス 150円~
値段は税込み価格です。
※メニューと値段は記事掲載時点のものです(サービス内容は変更になる場合もあります)。最新情報は公式ページでご確認ください。

アクセス(場所)

らーめん いち喜の「行き方営業時間定休日」などの店舗情報についてです。

営業時間は「11時~20時(変動あり、L.O.30分前)」です。

定休日は「木曜日」となっていました。

場所京都府京都市東山区の五条坂エリアで清水五条駅から徒歩11分のところです。

住所でいえば「〒605-0864 京都府東山区遊行前町559−8」で、大きな地図で見たい場合はこちらをクリックしてください(Google Mapsが開きます)。

駐車場・駐輪場はありませんので近隣のコインパーキングをご利用ください(地図)。

店舗情報(クリックでオープン&クローズ)
店舗情報
店舗名 らーめん いち喜(ICHIKI)
オープン日 2021年10月4日オープン
ジャンル ラーメン店
食事予算 860円~
営業時間 11時~20時(変動あり、L.O.30分前)
定休日 木曜日
駐車場・駐輪場 なし
住所 〒605-0864 京都府東山区遊行前町559−8
地図 こちらをクリック(Google Maps)
最寄り駅 清水五条駅から徒歩11分(約750m・ルート
最寄りバス停 五条坂バス停から徒歩1分(約42m・ルートバス停情報
テイクアウト 非対応
イートイン 対応
コロナ対策 手指消毒・マスク・透明シールド
公式SNS Twitter・Instagram・Facebook
公式サイト なし
電話番号 記載なし
出前(デリバリー) Uber Eats
出前館
フードパンダ
DiDi Food
デリバリー&テイクアウトアプリ menu
クレジットカード ❌ VISA
❌ MasterCard
❌ JCB
❌ AMEX
❌ Diners
❌ UnionPay(銀聯)
❌ DISCOVER
❌ JCB PREMO
電子マネー ❌ Apple Pay
❌ iD
❌ QUICK PAY
❌ 楽天Edy
❌ WAON
❌ SAPICA
❌ nanaco
交通系ICカード ❌ Kitaca
❌ PASMO
❌ Suica
❌ manaca
❌ TOICA
❌ ICOCA
❌ nimoca
❌ はやかけん
❌ SUGOCA
❌ PiTaPa
QR決済 ❌ PayPay
❌ d払い
❌ 楽天ペイ
❌ LINE Pay
❌ メルペイ
❌ auPAY
❌ J-Coin Pay
❌ Alipay、Alipay HK
❌ 支付宝
❌ pay
❌ 微信支付(WeChatPay)
※営業時間と定休日は記事掲載時点のものです。最新情報は公式ページでご確認ください。臨時休業の場合もありますのでご注意ください。
らーめん いち喜に関するよくある質問(クリックでオープン&クローズ)
このお店の営業時間は? 11時~20時(変動あり、L.O.30分前)
このお店の営業日は? 月曜日・火曜日・水曜日・金曜日・土曜日・日曜日(変更の可能性あり)
このお店への行き方は? 清水五条駅から徒歩11分(約750m・ルート

京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | 

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


京都関連の記事を書いているライター
ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター
まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。