からいもんや(横大路)麻婆豆腐ラーメン 実食レビュー

京都市伏見区横大路の麻婆豆腐専門店「からいもんや」実食レビューです。2021年1月18日に開業したばかりの麻婆ラーメン・麻婆つけ麺もあるお店でテイクアウトにも対応しています。

最新情報:2021年11月18日に京都府八幡市で2号店が新店オープンしました。

麻婆豆腐専門店「からいもんや」が2021年1月18日に開業


2021年1月18日オープン 麻婆豆腐専門店「からいもんや」

2021年1月18日オープン 麻婆豆腐専門店「からいもんや」

京都市伏見区横大路の麻婆豆腐丼や麻婆麺のお店「からいもんや」実食レビューです。

2021年1月18日に新店オープン、麻婆豆腐の「ラーメンつけ麺」を食べることができます。

イートインのほかテイクアウトにも対応しており、値段は950円均一のお店です。

寒い冬に身体が温まるマーボー豆腐になっています

寒い冬に身体が温まるマーボー豆腐になっています

麻婆豆腐は中国人コックが調理する麻婆豆腐で大人の味わい

今回はそれを「つけ麺」で食べてきました。

寒い冬に身体が温まる麻婆豆腐でそんなに辛くないので食べやすい味わいです。

今回はこの「からいもんや」の雰囲気やどんなメニューがあるのかを実食レビューします。

店内の雰囲気は?(コロナ対策など)


からいもんや(店内写真)

からいもんや(店内写真)

店内は厨房を囲むようにカウンターが並び、客席間はシールドで保護してあります。

厨房の中は座ると見えないようになっており、新型コロナ対策をした店内デザインになっていました。

カウンター数は8席ほど、席ごとにアルコール消毒液が設置されています。

ラーメン店の雰囲気なのでひとりでも入りやすいお店です。

このお店のランチメニューは?


食べ方は「丼・ラーメン・つけ麺」です

食べ方は「丼・ラーメン・つけ麺」です

メニューは大きく分けると「麻婆+ライス麻婆丼麻婆ラーメン麻婆つけ麺」です。

分かりやすくいえば、ごはん・麺を麻婆豆腐にかけて提供するか別皿で提供するかを選べるようになっています。

注文時に辛さも選べ、卓上にも山椒や辛味があるのでそれで調整もできます。

ライス・麺を別盛りにするかしないかでチョイス

ライス・麺を別盛りにするかしないかでチョイス

値段は950円でどれも同じ値段、オプションで「大盛(250円)・ライス大盛(50円)・麺大盛(50円)・麺かえ玉(100円)」があります。

ライスも別途注文でき、麺で注文してライスも食べたいということもできますね。

今回は麻婆豆腐を麺で別皿で注文して「麻婆つけ麺」として食べてみたいと思います。

実食レビュー


麻婆つけ麺(950円)

麻婆つけ麺(950円)

今回は「麻婆つけ麺」で食べてみました。

麺は太麺、水で冷ましてあります。

それに多めの麻婆豆腐が丼ぶりで提供されます。

身体が温まる麻婆豆腐です(からいもんや)

身体が温まる麻婆豆腐です(からいもんや)

麻婆は辛さノーマルで注文したのでそんなに辛くはありませんが、身体がホットになるようにつくられていました。

香りも適度な大人の味わいな麻婆豆腐でコクがあります。

よくある中華料理店などで食べる麻婆豆腐とはひと味違いました。

麺はそのまま食べても美味しいやつ(からいもんや)

麺はそのまま食べても美味しいやつ(からいもんや)

麺はそのまま食べても美味しいやつで、麻婆によく合っていました。

麻婆はライスよりも、この麺で食べるのが一番おいしいように作ってあるように思えますね。

豆腐も多めでボリュームがあります(からいもんや)

豆腐も多めでボリュームがあります(からいもんや)

豆腐も多めでボリュームも十分です。

つけ麺スタイルでいただきます(からいもんや)

つけ麺スタイルでいただきます(からいもんや)

麻婆豆腐専門店「からいもんや」さんは専門店だけあって、麻婆をいろいろなスタイルで食べられるお店でした。

味も良いと思いますし、お近くの方は食べてみてください。

このお店への行き方は?(駐車場の有無など)


からいもんやの場所は国道1号の横大路を西に少し進んだところ

からいもんやの場所は国道1号の横大路を西に少し進んだところ

からいもんやの場所は国道1号の横大路を西に入ったところで、ロイヤルプロ京都横大路店の隣です。

近くには「たかばしラーメン横大路店」もある外環道沿いのお店になります。

住所でいえば「〒612-8294 京都府京都市伏見区横大路天王前6−23」で、地図で見たい場合はこちらをクリックしてください(Google Mapsが開きます)。

ロードサイドですが駐車場・駐輪場はありません。ただ、駐輪はお店近くに少し停められるスペースがありました。

コインパーキングは西の外環横大路交差点にありました。

このお店の営業時間は?


からいもんや(店舗外観写真)

からいもんや(店舗外観写真)

今回紹介した「麻婆豆腐専門店 からいもんや」さんは本格的な麻婆豆腐専門店ですが、ひとりでも入りやすいお店です。

立地的にはそんなに混雑しないと思いますがランチ時間帯は近隣の方がテイクアウトなどをしにきたりもしていました。

営業時間は「11時~22時」で、定休日は不定休のようです。

ジャンル「麻婆豆腐専門店」
食事予算「950円~」
ランチ営業「あり」
ディナー営業「あり」時短要請期間は21時で閉店の可能性あり
営業時間「811時~22時」
定休日「不定休」
駐車場・駐輪場「なし」
住所「〒612-8294 京都府京都市伏見区横大路天王前6−23」
地図こちらをクリック(Google Maps)」
テイクアウト「対応」
出前「なし」
電子決済「なし」
コロナ対策「手指消毒・マスク・シールド」


この記事を書いた人

この記事は飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のある記者「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。



京都ラーメン

関西・京都の知られざるラーメン店を毎日探してどこよりも速く実食レビューを掲載しています。



ニューオープン

主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


飲食店レビューについてのご留意事項

※本ブログは非商業系であるため、お店には客として訪問しています(業者ではありませんので掲載費用の徴収や商品販売の勧誘などは一切していません)。内容も客としての視点でのみ書かれたものです。

※紹介したいお店は「美味しいお店」ではなく「気持ちよく食事ができるお店」です。お客様に対して失礼な対応があるお店は記事掲載後でも削除しています。


京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | ペット同伴OK |

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


京都関連の記事を書いているライター
ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター
まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。