繁ちゃんラーメン @京都・久御山「20年ぶりに復活の中華そば」実食レビュー

京都の久御山町に新しいラーメン店「繁ちゃんラーメン」が、2018年1月28日に新店オープンしました。早速食べてきましたので実食レビューしたいと思います。値段はラーメン600円からで、鶏ガラのスープは臭みがなくキレイですが、うま味が濃厚に出ている絶品スープでした。

この「繁ちゃんラーメン」ですが、店主の方が「枚方にあった同名店(屋台)を20年ぶりに復活させた」とおっしゃっていました。

繁ちゃんラーメン 京都府久世郡久御山町で新店オープン


京都府久世郡久御山町の「繁ちゃんラーメン」

京都府久世郡久御山町の「繁ちゃんラーメン」

2018年1月28日に新店オープンしたばかりの「繁ちゃんラーメン」を食べに行ってきましたので実食レビューしたいと思います。

お店は、京都府久世郡久御山町の国道24号(大久保バイパス)「栄 交差点」の東側にあり、元は「第一旭 久御山店」があった場所です。

今の店主のお祖父さんが大阪府枚方市で20年前まで営業していた「繁ちゃんラーメン」という同じ名前のお店(屋台)があったそうで、そのお店を20年ぶりに復活させたのが京都・久御山の「繁ちゃんラーメン」だと教えてもらいました(検索すると数年前に同名店は存在したようですが)。

一見すると普通の中華そばなのですが、これがまた「かなり美味いラーメン」でビックリしました。

店内の様子


広いお店なので家族連れでも大丈夫です

広いお店なので家族連れでも大丈夫です

店内は白と黒木を基調にしたモノトーンカラーで統一感がありました。

テーブルは6人席が2卓、4人席が1卓あって結構広い店内で、さらにカウンターが5席ほどあるので、近隣の家族をターゲット層にしていると思われました。

この辺りは、近くに団地があって、アパート・マンションも多いエリアです。

メニューと値段


ラーメンは600円とリーズナブルです

ラーメンは600円とリーズナブルです

ラーメンは600円からで、普通に食べるとかなりリーズナブルな価格設定です。

ただし、チャーシューまたはワンタンがトッピングされると800円で、値段は税別なので全体的な価格設定は普通もしくは若干高めかもしれません。

大盛は800円と+200円になっていますが、普通盛りで大盛くらいの分量がありましたので、普通盛りでお腹いっぱいになります。

ラーメン 600円
チャーシューメン 800円
ワンタンメン 800円
大盛ラーメン 800円
大盛チャーシューメン 1000円
大盛ワンタンメン 1000円
大盛チャーシューワンタンメン 1200円

※学割(100円引き)があります
※ランチ時間帯(11:30~13時)はライスと漬物付き

ラーメン 実食レビュー


鶏ガラのスープはほんのり甘くコクが強めです

鶏ガラのスープはほんのり甘くコクが強めです

こちらが「ラーメン 600円」です。

トッピングに「メンマチャーシュー細もやし青ねぎ」と京都ではよくある組み合わせのラーメンです。

しかし、これがまたなぜか強烈に美味しいのです。

ベースは鶏ガラを使っており、それに辛くない醤油ダレでアッサリめに味付けがされているのですが、臭みなどは全くなく出汁からは鶏の旨味がよく感じられるラーメンになっていました。

スープは透き通った清湯スープです

スープは透き通った清湯スープです

パッと見でスープは普通の清湯だと思ってしまうのですが、飲んでみると鶏の旨味成分がよく感じられる味わいになっています。

「甘みのあるアッサリスープ」と紹介されてる人もいますが、甘くはありません(笑)

無加調ではないと思いますが、それでもここまで味わい深いスープは他ではあまり見ることがありません。

思わず最後まで汁をすすってしまいました。

麺は中細ストレート麺でやわめ

麺は中細ストレート麺でやわめ

麺はテイガクの中細ストレート麺で、やわらかく茹でられていました。

茹で時間は短めで、オーダーからさほど時間がかからずに着丼しています。

麺自体は主張が少ないものなので、ぞんぶんにスープを味わうことができました。

もし「薄いな」と思ったら、卓上の「ラーメンのたれ」や「コショウ」を使えば良いでしょう。でも、そんなものはいらないレベルの味わいでした。

繁ちゃんラーメン への行き方(アクセス方法)


繁ちゃんラーメン

繁ちゃんラーメン

さて「繁ちゃんラーメン」への行き方ですが、久御山といっても近鉄奈良線「大久保駅」の方です。

京都市内からだと「京阪国道(国道1号線)」を南に下り、「らーめん双龍製麺」の少し南側にある「ハイブリッジファースト」の赤いプレハブハウスを東へ細い道を真っすぐ行くと分かりやすいかと思います。

一般的なのは国道24号線で行く方法ですが、日中は渋滞するので注意してください。

駐車場は西側に2台分(夜は向いの喫茶ローレルに駐車可能)、バイク・自転車(駐輪場)などは建物の裏手に停めると良さそうでした。

〒613-0032 京都府久世郡久御山町栄2丁目1−146(地図
営業時間:11時~15時、17時~22時(土日祝は11時~22時)緊急事態宣言発令の場合は閉店時間は20時
定休日:水曜日、第三木曜日
Facebookページ
公式Twitter:https://twitter.com/shigechanramen_


今回は、これまで数多く紹介してきたラーメンの中から「至極の一杯」を選びました。珍しくランキング形式を採用、本当にウマい京都のラーメン店を10店舗厳選してあります。2018年の「実食評価」で候補店を選び、その中から「リピートしたい&記憶に残った」店のみという選りすぐりの店ばかりです。



京都はラーメン店が多いと言われ、おいしいお店も多くあります。一乗寺のようなラーメンストリートもメディアで紹介されて有名なのですが、地元民であればネットやメディアで話題のラーメン店よりも「600円以下で食べられるラーメン」のような地元密着型のラーメン店をよく利用していることでしょう。



京都ラーメン

関西・京都の知られざるラーメン店を毎日探してどこよりも速く実食レビューを掲載しています。



ニューオープン

主に関西の新規・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | 

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


京都関連の記事を書いているライター
ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター
まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。