とうひち 新春限定ラーメン @京都「鴨と豚の醤油らぁ麺」実食レビュー

2018年1月6日は京都市北区のラーメン店「らぁ麺とうひち(藤七)」の初営業日で、50食限定の新春限定ラーメンが販売されていました。を使った濃い味わいのラーメン「鴨と豚の醤油らぁ麺」です。値段は1000円で、この日だけの限定販売になります。

なお「らぁ麺とうひち」では2018年1月6日から価格改定があり、通常メニューの値段も50円~100円アップしています。

とうひち 新春限定ラーメン「鴨と豚の醤油らぁ麺」


とうひち 新春限定ラーメン「鴨と豚の醤油らぁ麺」

とうひち 新春限定ラーメン「鴨と豚の醤油らぁ麺」

2018年1月6日に京都市北区のラーメン店「らぁ麺とうひち(藤七)」で年始初営業が行われ、新春限定ラーメン「鴨と豚の醤油らぁ麺」が限定50食で販売されました。

2018年の年始は「」になるはずだと予測していたのですが、やはり2018年の「らぁ麺とうひち」のキーワードは「鴨」でした。

これについては、そのうちに書くと思いますが、これは「らぁ麺とうひち」にとって大きな意味があります。(この大きな意味とは? → 「らぁ麺すぐる @京都・修学院「とうひち セカンドブランド」新店」)

・2018年の「らぁ麺とうひち」のキーワードは「鴨」
・限定50食
・ベースは「鴨ガラ、丸鴨」
・豚げん骨、背骨の合わせ出汁
・麺は新麦「春よ恋」

らぁ麺とうひち(藤七)2018年1月6日初営業 混雑状況


らぁ麺とうひち 混雑状況(2018年1月6日11時10分)

らぁ麺とうひち 混雑状況(2018年1月6日11時10分)

らぁ麺とうひち営業時間は11時~ですが、2018年の初営業は土曜日ということもあって、11時過ぎに訪問したところ、すでに行列が出来ていました。

毎週土日は、いつもこれくらい並んでいて、行列人数が20名ほどは当たり前の光景です。

店内には5名ほどさらに待っているので、並んだ時点での待ち客は23人でした。

この人数だと入店まで約50分程度になります。

・2018年1月6日初営業 11時
・待ち客23名
・入店まで50分
・土日の行列は常にこれくらい

らぁ麺とうひち 値上げ


らぁ麺とうひち メニューに価格改定あり

らぁ麺とうひち メニューに価格改定あり

らぁ麺とうひち」さんですが、2018年1月6日から「価格改定」が入っています。

原材料の値上げに伴い、ラーメンが50円~100円の値上げになっており、唐揚げもセットの場合は50円アップとなっていました。

今回の新春限定ラーメン「鴨と豚の醤油らぁ麺」は値段が1000円になっていました。

・鴨と豚の醤油らぁ麺 1000円(新春限定50食)
・鶏醤油らぁ麺 850円 (100円UP
・鶏醤油つけそば 900円 (100円UP
・鶏油まぜそば 750円 (50円UP
・鶏白湯らぁ麺 (50円UP
・煮干魚介らぁ麺 800円(昼・夜各15食限定、50円UP
・お子様らぁ麺(鶏醤油)450円 (50円UP
・唐揚げ定食 350円(唐揚げ2個+ライス、50円UP
・唐揚げ4個 500円
・鶏飯 300円
・豚肉飯 300円
・名古屋コーチンの卵ご飯 300円
・ご飯 150円
・自家製ワンタン 200円
・味玉 100円
・メンマ増 150円
・チャーシュー増 200円
・全部増 450円

新春限定ラーメン「鴨と豚の醤油らぁ麺」


2018年の新春限定ラーメン「鴨と豚の醤油らぁ麺」1000円

2018年の新春限定ラーメン「鴨と豚の醤油らぁ麺」1000円

2018年の新春限定ラーメンは「鴨と豚の醤油らぁ麺」でした。

値段は1000円で、丸鴨と鴨ガラをベースにしたスープは、鴨の強い味わいがよく出ています。

鴨と書かれている場合は「合鴨」のことを言います。たまに、味わいをよくするために「アヒル」を使うこともあるのですが、合鴨は「アヒルと鴨のあいの子」です。

チェリバレー種の合鴨は弾力が強い肉質です

チェリバレー種の合鴨は弾力が強い肉質です

鴨だけだとどうしても味という点では落ちるので、とうひちの「鴨と豚の醤油らぁ麺」も「チェリバレー種」という北京種をイギリスで改良した合鴨が使われていました。

肉質に弾力があり、よく伸びる健康な肉に少し炙りを入れて香ばしくしてありました。

新麦「春よ恋」に同じく「春よ恋」の全粒粉を合わせた自家製麺

新麦「春よ恋」に同じく「春よ恋」の全粒粉を合わせた自家製麺

は、新麦「春よ恋」をベースに、「春よ恋」の全粒粉を合わせた自家製麺になっていました。

中に微かな全粒粉が見える麺で、小麦の香りが良く出ているのが「とうひち」らしい麺で、最後まで飽きずに食べることができました。

「とうひち」は麺も俊逸なのでオススメです。

・合鴨「チェリバレー種」の丸鴨と鴨ガラを使用
・三元豚「下田さん家の豚」のげん骨と背骨のスープを合わせてある
・新麦「春よ恋」に同じく「春よ恋」の全粒粉を合わせた自家製麺

らぁ麺とうひち アクセス方法


らぁ麺とうひち への行き方

らぁ麺とうひち への行き方

「らぁ麺とうひち」の場所は京都市北区でも「西賀茂」エリアなので行くのは少々大変です。

電車だと地下鉄烏丸線「北大路駅」から市バスを利用しなければなりません。バスの場合は、北大路バスターミナルから「市バス1系統北1系統」に乗車して、バス停「玄琢下」で下車が一番近いバス停です。

駐車場は徒歩1分くらいの場所に7台分用意されています。「南箱ノ井ガレージ(地図)」という駐車場です。

現在は「ブーブーパーク」という時間貸し駐車場になっていますが、ここに7台分の契約駐車場がありますので、こちらを利用してください。

南箱ノ井ガレージ

南箱ノ井ガレージ

京都府京都市北区大宮北箱ノ井町33−6
営業時間:11時~14:30、18時~21:30
定休日:火曜日
Twitter:https://twitter.com/touhichi_ramen


関西・京都の知られざるラーメン店を毎日探してどこよりも速く実食レビューを掲載しています。



京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | 

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


京都関連の記事を書いているライター
ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター
まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。