漫天兄弟 @京都「本場の味がする家系ラーメン」実食レビュー

今回の「京都ラーメンブログ」は西九条にある「漫天兄弟」さんの家系ラーメンを実食レビューします。京都はまだまだ家系ラーメンが少ないとはいえここ数年で新店もオープンしてきました。しかし、最近の京都の家系ラーメンはなにかが違うのです。そんな時に「漫天兄弟」さんの家系ラーメンを思い出すのですが、こちらは「本場の味がする家系ラーメン」なんです。

漫天兄弟さんのアクセス方法メニュー値段など詳細にレビューします。

漫天兄弟 京都で本格的な家系ラーメンが食べたいならココ


京都で本格的な家系ラーメンが食べたいなら漫天兄弟

京都で本格的な家系ラーメンが食べたいなら漫天兄弟

今回の「京都ラーメンブログ」は、まだ京都に家系ラーメンが少ない頃によく食べていた「漫天兄弟」さんの実食レビューです。

何年も前に、京都で家系ラーメンを探してたどり着いたお店だったのですが、関東で食べていた「家系」に近い家系ラーメンを出すお店で、頻繁に通っていました。

最近の京都で家系ラーメンといえば「紫蔵、あくた川」などが人気のある店ですが、味は関東で食べていたのとは少し違って京都人の好みに合わせたものになっています。

これ、かなり大きな違いがあるのですが、後述で「要点」を書きだしてあるので納得できると思います。

漫天兄弟は本場の味がする家系ラーメン


漫天兄弟の家系ラーメン

漫天兄弟の家系ラーメン

これが「漫天兄弟の家系ラーメン」です。

発注時に「白ねぎ入り」、油多め」で注文する必要がありますが、白ねぎも鶏油もタップリと入っています。

家系はこれが美味いんです!

京都の他の家系では鶏油多めで注文してもほとんど入っていません。

太麺でやや平たい家系らしい麺

太麺でやや平たい家系らしい麺

麺は太麺で注文してありますので「家系らしい少し平たい太麺」で出てきます。

この麺もなかなか良い味で、スープとよくあっていると思いました。

家系だったら、やっぱり太麺でなければ「家系」とは呼べません。

家系ラーメンは鶏油が多くて当たり前

家系ラーメンは鶏油が多くて当たり前

この写真だとわかりづらいかと思いますが、スープの表面には油膜がはっています。

これが「鶏油」で独特の香りがし、家系ラーメンの最大の特徴と言えます。

鶏油を鍋で煮込んだものですが、この香りが強烈に匂ってくるほど家系ラーメンらしさが引き立ってくると思います。

このように「漫天兄弟」さんの家系ラーメンは、京都では一番「本場の味がする家系ラーメン」と言えます。味に好みはあるとは思いますが、東京で食べていた家系ラーメンを食べたいと思ったら、この「漫天兄弟」さんへ行くようにしています。

実食レビュー


醤油の味はそれほど濃くなく出汁の旨味が記憶に残る(漫天兄弟)

醤油の味はそれほど濃くなく出汁の旨味が記憶に残る(漫天兄弟)

漫天兄弟の家系ラーメンは京都人向けで醤油辛さは控えめ。

それでいて出汁の濃厚な旨味が口の中に広がり記憶に残る一杯です。

やはり、京都の家系ラーメンでは一番おいしいお店だと思います。

食べ方の推奨は「麺かため・味濃いめ・油多め」で「白ねぎ」を入れるように注文

食べ方の推奨は「麺かため・味濃いめ・油多め」で「白ねぎ」を入れるように注文

注文は必ず「こってりラーメン(750円)」でオーダーしてください。それが家系ラーメンです。

食べ方の推奨は「麺かため・味濃いめ・油多め」で「白ねぎ」を入れるように注文。

ライスも一緒に注文して「にんにくください」でオーダーです。

家系ラーメンではライスを注文するのが鉄則


お墨付き!考案の「にんにく海苔巻きライス」

お墨付き!考案の「にんにく海苔巻きライス」

私は昔から家系ラーメンではライスを必ず注文して、スープに浸した海苔ににんにくを乗せて巻いて食べるようにしてきました(にんにく海苔巻きライス)。

もう何十年もこの食べ方をしていますが、これが本当に美味しいのです。

この食べ方を紹介した頃はまだ知られていなかった食べ方ですが、ここ3年ほど前から家系ラーメンでこの「にんにく海苔巻きライス」を推奨するお店が増えてきました。

漫天兄弟ではニンニクは店員さんに頼めば出してくれますよ。

なお、この食べ方を初めて記事にしたのは「osumituki.com」です。

ご飯が少なくなってきたら、スープにつけたチャーシューをほぐしてからのせて食べると、これまた格別です。

ぜひ、試してみてください。

関東と京都の家系ラーメンの違い


家系ラーメンって「うずら卵」と「白ねぎ」は使うんです

家系ラーメンって「うずら卵」と「白ねぎ」は使うんです

・関東は醤油辛い、関西は醤油は控えめ
・関東は鶏油(チーユ)が濃厚、関西は控えめ
・関東は白ねぎが入っている、関西では入ってすらいない
・関東はうずら卵が入っているのが当たり前

関東ではとにかく鶏油(チーユ)が濃厚で、これが家系ラーメンの特色と言えます。

さらに、関東では白ねぎが入っているのですが、これは京都の家系ラーメン店ではネギほぼ入っていません。家系ラーメン発祥の店である「吉村家」さんでは白ねぎはさほど入っていませんが、関東の家系ラーメン店の多くで「白ねぎは常識」と考えていたのに入ってなかった時の衝撃はかなり大きいものでした。

では、なぜ京都の家系ラーメンに「白ねぎ」が入っていないのでしょうか?

実は、京都って「白ねぎ」を食べる文化がないからです。(青ねぎ=葉ねぎを食べます)

メニューと価格


家系ラーメンのお店ですがメニューはいろいろあります

家系ラーメンのお店ですがメニューはいろいろあります

漫天兄弟さんは「家系ラーメンのお店」です。

でも、メニューは家系ラーメン以外のものもあって、この中で家系ラーメンなのは「こってりラーメン(太麺)750円」です。

・こってりラーメン(太麺)750円
・漫天ラーメン(細麺)800円
・鶏こってりラーメン(細麺)800円
・中華そば(細麺)700円
・担々麺(細麺)900円
・つけ麺(太麺)900円
・あっさり(太麺)700円
・野菜ラーメン(太麺)800円
・鶏あっさり(細麺)750円

毎月「10日、20日、30日」に1杯150円引きのチケットをもらえます。(お得です)

漫天兄弟への行き方(アクセス方法)


漫天兄弟は西九条(京都駅の真南)にあります

漫天兄弟は西九条(京都駅の真南)にあります

漫天兄弟さんはJR京都駅からさほど遠くない「西九条」という所にある家系ラーメンのお店です。

京都駅八条口(南口)の「イオンモールKYOTO」の脇を通る「西洞院通」を南に下った所にありますが、一方通行なので南側からしか行くことができません(車の場合)。

駐車場は店頭に2台ほどあるのですが、ランチ時には駐車は難しいでしょう。バイク・原付も昼にここに停めると車が強引に停めて出られなくなることがあります。

京都駅からさほど距離はないので、駅に用事がある時にぶらぶらと散歩がてら寄るのが良いと思います。

ジャンル「ラーメン店」
住所「京都府京都市南区東九条西山町25−4」
営業時間「11時30分~15時、17時~21時(当面はラストオーダー20時で20時30分に閉店)」
定休日「土曜日・日曜日・祝日」
電子決済「あり(Paypay)」
Facebook
Twitter:https://twitter.com/mantenkyoudai
広告


関東では有名な「横浜家系ラーメン」ですが、京都ではあまり見かけません。大阪では、最近やっとチェーン店がやってきて家系ラーメンも増加中ですが、京都で家系ラーメンが新店オープンするのは非常に珍しいことです。しかし、探せば数軒あったりします。今回はそれらを周ってレポートしたいと思います。



京都はラーメン店が多いと言われ、おいしいお店も多くあります。一乗寺のようなラーメンストリートもメディアで紹介されて有名なのですが、地元民であればネットやメディアで話題のラーメン店よりも「600円以下で食べられるラーメン」のような地元密着型のラーメン店をよく利用していることでしょう。



京都ラーメン

関西・京都の知られざるラーメン店を毎日探してどこよりも速く実食レビューを掲載しています。



京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | 

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


京都関連の記事を書いているライター
ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター
まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。