京都ラーメン よくある間違い まとめ

ネットで流れている「京都ラーメンの定説」には首をかしげるものがいくつかあります。「京都ラーメンは豚骨醤油」とか「京都ラーメンは存在しない」とか何を言っているのかと思うものから、「一乗寺はラーメン激戦区」と間違いではないけど「京都ラーメン最大の激戦区・河原町忘れてません?」というものまであります。

今回はそんな「京都ラーメンの疑問」をまとめてみました。

広告

京都ラーメン よくある間違い


昔からよくある京都ラーメン

昔からよくある京都ラーメン

ネットなどを見ていると、よく「京都ラーメン」について語っているものがあります。

しかし、それらを見ていると「妙な定説」が見られるのです。

完全な間違いだというのも可哀そうなのですが、ネットで流れている「京都ラーメンの定説」には首をかしげるものがいくつかあります

「京都ラーメンは存在しない」という間違い


なにが「京都ラーメン」かわからないという方もいます

なにが「京都ラーメン」かわからないという方もいます

京都ラーメンは存在しない

これは、京都には色々なラーメンがあるということを考慮して、厳密に「京都ラーメンとはなにか」と言われると難しいということを言っていると思われます。

しかし、京都ラーメンの王道といえば「背脂醤油」で「背脂チャッチャ系」と呼ばれることもあります。

インスタントラーメンでも「京都ラーメン」として販売されているものは「背脂醤油」です。

ますたに第一旭珍遊」など有名どころは「背脂醤油」で、他にも同様の京都ラーメンを提供するお店はたくさんあります。

ちなみに「背油」ではなく「背脂」です。これ、油と脂の区別がついていないラーメンブロガーもいたりするのですが「油・脂」は料理では使い分けるべきでしょう。

「京都ラーメンは豚骨醤油」という間違い


豚骨醤油を京都ラーメンの王道というのは無理があります

豚骨醤油を京都ラーメンの王道というのは無理があります

京都ラーメンの王道は豚骨醤油ラーメン

これは、かなり恥ずかしい間違いですが、京都にあるラーメン店の多くは「鶏ガラ・丸鶏」を使った鶏ベースの出汁を使っているお店です。

実際に京都でラーメン店を食べ歩いていても「鶏ベース」が多く、老舗や有名店だけで見ても、やっぱり「鶏ベース」です。

ますたに
ほそかわ(ますたに系)
珍遊
天下一品
魁力屋
来来亭
天天有

第一旭
ラーメン藤
ラーメン横綱
高安

新福菜館
宝屋

「京都ラーメンはコッテリ」という間違い


コッテリって何?

コッテリって何?

京都ラーメンはコッテリ

これはとてもよく言われていることです。

理由は「アッサリ=清湯」とし「コッテリ=背脂 or 白湯」という定義になっているからです。

清湯と白湯は、この分け方でも良いのですが、背脂を「コッテリ」というのは京都ラーメンを食べていると違和感があります。

背脂の量はお店によってマチマチで、清湯が見えないほど背脂が入っていれば「こってり」とも言えますが、軽く浮かんでいる場合もあるからです。

また、京都の背脂は油分が抜けた出がらしのようなものを使っていることが多く、およそ「コッテリ」と言えるのかという疑問があります。

実は「京都ラーメン」は、油がほとんど浮かんでおらず「背脂」が浮かんでいる点が、関東などのラーメンとの大きな違いなのです。

こういうことを考慮すると「背脂=コッテリ」と言い切れるものではないと考えています。

見た目はコッテリ、食べるとアッサリ

これもよく言われることですが、こちらの方が的を得ていると思います。

「京都ラーメンは濃い」という間違い


京都の鞍馬山ラーメン 650円

京都の鞍馬山ラーメン 650円

京都ラーメンは濃い

京都ラーメンは強い醤油味

というのも、よく言われているのを見聞きします。

これもかなり恥ずかしい間違いです。

関西はダシ文化

これは有名な話ですが、関西圏というのは出汁(だし)にこだわった和食文化というのが根付いており、特に京都では出汁が「コンブ、カツオ」でないと嫌だという風潮があって、本来はアゴダシの讃岐うどん店も「コンブ、カツオ」を使わざるをえなくてスープだけは変えているところがいくつもあります。

また、関西では味付けとなるカエシに薄口醤油を使うことが多く、辛さという点では関東よりも控えめになっているのです。

京都ラーメンというのはベース(出汁)の味を大事にするラーメンだと言えるでしょう。

「京都ラーメンは細麺」という間違い


京都ラーメンは細麺?いえいえ中太ストレート麺です

京都ラーメンは細麺?いえいえ中太ストレート麺です

京都ラーメンは細麺

これはもう京都ラーメンを語る資格もない間違いです。

京都ラーメンは細麺ではありません。

中太麺という、太麺と細麺の中間くらいの麺なのです。

こういった間違いを恥ずかしげもなく書いている知識のないラーメンブロガーがいます。

「京都ラーメンと京風ラーメンは別物」という間違い


「京風ラーメン」というジャンアルがあると思ってます?ありませんよ!

「京風ラーメン」というジャンアルがあると思ってます?ありませんよ!

京都ラーメンと京風ラーメンは違う

ラーメンを食べ歩いてもいないラーメンブロガーがよく言う思い込みの激しい間違いのひとつです。

京風ラーメンを「和風っぽく見せたラーメン」だという根拠のない前提(ジャンル化)をした上で「京都ラーメンと京風ラーメンは違う」という主張をしているのですが、実は「京風ラーメン」を名乗って「京都ラーメン」にかなり近いものを提供しているお店もあるのです。

例えば、京都ではない「草津パーキングエリア(下り線)」に「京風ラーメン」があるのですが、背脂の浮いた低加水の中太ストレート麺を使っており、見た目は京都ラーメンと違いはありません。

逆のパターンもあります。

京都市内であっても、八ツ橋の元祖とも言える「西尾八ツ橋」さんでは「京風ラーメン」というメニューを出しており、京都ラーメンの特徴もなにもないラーメンを提供しています。

京都以外では、どこのラーメンなのか全く分からない「京風らーめん あかさたな」とか「京らーめん 糸ぐるま」というお店もありますが、京風を名乗る全部が国籍不明のラーメンというわけでもないのです。

「京風ラーメン」というのは、そういうジャンルがあるわけではなく、提供する側が付けたラーメンの名前でしかありません。

だから、「京風ラーメン」と名乗っていても「京都ラーメン」に近いものもあるという事実がある以上は「京都ラーメンと京風ラーメンは違う」という主張は成立しないわけです。

「天下一品のこってり(ドロドロ)スープが京都ラーメンの典型」という間違い


天下一品のラーメン(こってり)

天下一品のラーメン(こってり)

天下一品のこってり(ドロドロ)スープが京都ラーメンの典型

これ、たまに見かけるのですが、天下一品のこってり(ドロドロ)スープは京都の中でも異質の存在です。

他に、ここまでコッテリなのは最近のラーメン店でいくつか見られるだけです。

また「天下一品」は、1971年創業です。それ以前の1940年代に「ますたに」や「第一旭」という第一世代のお店が京都ラーメンの主流となっているのですから「天下一品が京都ラーメンの典型」というのはおかしいと言えます。

「京都ラーメンは九条ネギが必須」という間違い


京都といえば「九条ねぎ」

京都といえば「九条ねぎ」

京都ラーメンは九条ネギが必須

テレビなどでも紹介される京都名物の「九条ネギ」は、京都ラーメンでもよく使われています。

しかし、京都ラーメンに「九条ネギが必須」というのも妙な表現なのです。

九条ネギ」というのは、そういった品種があるわけではありません。京都で育ったネギを「九条ネギ」というのです。

確かに、京都では普通にスーパーで売っているのも「九条ネギ」です。

しかし、モノとしては普通のネギです。つまり「ラーメンでネギは必須」というのと意味は変わらないのです。

なお「九条ネギは太い」とよく言われますが、これも間違いです。細いのと太いのと両方あるんですよ。

「京都最古のラーメン店は新福菜館」という間違い


新福菜館系のラーメン(こんな黒いラーメンは京都では他で見ません)

新福菜館系のラーメン(こんな黒いラーメンは京都では他で見ません)

京都最古のラーメン店は新福菜館

これもよく言われていますが、中国人の徐永俤が1938年(戦前)に京都駅でラーメン屋台を出したというのを「京都最古」とし、その屋台が1945年(1944年説もある)に店舗「新福菜館」を出店したことから「最古のラーメン店は新福菜館」と言われています。

しかし「新福菜館」が1938年から存在していたわけではなく「新福菜館」という名前は建物が出来た1945年から使っている屋号です。

では、1939年に店舗として創業した「中華のサカイ」は最古のラーメン店とは言えないのでしょうか?

中華料理店だからノーカウントということなのか不明ですが、「中華のサカイ」が京都最古のラーメン店とは言われていません。

・中華のサカイ(1939年に新大宮商店街にて創業)
・新福菜館(1938年に屋台、1945年に店舗)
・京都たかばし本家 第一旭(1947年 旭食堂、1956年「第一旭」に屋号変更、1977年から現・経営会社)
・ますたに(1949年)※屋台は1947年から
・初代 珍遊(1940年代)

なお、こういうこともあってか京都駅近く「たかばし」にある「新福菜館」には毎日多くの観光客が訪れています。逆に地元の方で「新福菜館」に好んで行くというのは珍しいです。

「一乗寺が京都最大のラーメン激戦区」という間違い


京都のラーメン激戦区のひとつ「一乗寺エリア」

京都のラーメン激戦区のひとつ「一乗寺エリア」

一乗寺が京都最大のラーメン激戦区

西日本最大のラーメン激戦区 一乗寺

これは、あまりにも恥ずかしい間違いです。

京都の「一乗寺」といえば「ラーメンストリート」と呼ばれるほどラーメン店が集まっているエリアです。

京都の有名ラーメン店チェーンはまず出店していますし、有名無名かかわらずラーメン店が多くあります。

しかし、京都で一番ラーメン店が多いのは「一乗寺」ではないのです。

(左)一乗寺、(右)河原町 圧倒的に河原町が多い

(左)一乗寺、(右)河原町 圧倒的に河原町が多い

分布図を精査すると、明らかに「河原町」界隈の方がラーメン店が多いのです。

ちなみに「新横浜ラーメン博物館」の「京都ラーメン」の項では「一条寺」と誤植のままずっと放置されています。

「中華そばとラーメンは違うもの」という間違い


中華そばとラーメンは違うもの?いいえ、同じものです。

中華そばとラーメンは違うもの?いいえ、同じものです。

京都ラーメンとはすこし話は変わりますが・・・・

たまに「中華そばとラーメンは違う」という方がいます。

これも、かなり恥ずかしい間違いなのですが、よくよく話を聞いてみるとニュアンスは「中国と日本のものは違う」という妙な方向性の考え方が根底にあるようです。

しかし、実際には「中華そば」というものが日本にあって、それを別名で「ラーメン」と表記しただけのものです。

よって「中華そばとラーメンは同じもの」というのが正しい認識なのです。

京都ラーメン まとめ


老舗の京都ラーメンは皿にのっていることがあります

老舗の京都ラーメンは皿にのっていることがあります

では「京都ラーメン」というのは、どのようなものなのでしょうか。

簡単にまとめると以下のような特徴が言えると思います。

・ベースの味が強め
・カエシは薄口醤油でベースの味を損なわない味付け
・ベースの味は「鶏ガラ」が王道
・第一旭のように「豚骨」ベースもある
・鶏ガラと豚骨を合わせたラーメン店もある
・脂は入っているが油は関東より少なめ
・背脂は油分が抜けきったものであるのが特徴
・そのため「こってりだけどアッサリ」という場合もある
・清湯が多い
・白湯もあり「天下一品」とか「天天有」などコッテリも知られている
・トッピングは「細もやし・青ネギ・薄いチャーシュー」が定番
・トッピングやスープは多く、麺が見えない店が多い
・麺は「中太ストレート麺」が多い
・丼の下にスープがこぼれないように皿があるのがかつての特徴だった
・一味でアクセントを付けているお店が昭和後期のお店に見られる
・明治大正からある中華そばには最初からコショウがかかっている


京都のラーメン新店案内をメインに、関西・京都の知られざるラーメン店を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。