京都「こってりラーメン」 の定番「天下一品 今出川店」実食レビュー

今回の「京都ラーメンブログ」は、京都発祥のラーメン店で、屋台の味とも言える「天下一品」さんで「こってりラーメン 700円」を食べてきました。東京にも支店が多いので、全国的な知名度は高いラーメン店です。

今回は直営店の「天下一品 今出川店」へ行ってきました。

広告

京都は「こってりラーメン」なの?


天下一品のラーメン(こってり)は東京でも食べられます

天下一品のラーメン(こってり)は東京でも食べられます

よく「京都ラーメンはコッテリ」と言われることがあります。

京都に住んでいると「京都ラーメンはコッテリとは思わない」もので、京都ラーメンといえば「ますたに」さんとか「第一旭」の「背脂醤油ラーメン」が思い浮かぶはずです。

これが昔からある京都ラーメン

これが昔からある京都ラーメン

・ますたに(鶏ガラ、背脂醤油)
第一旭(豚骨、背脂醤油)

それもコッテリと言えるかもしれませんが、一般的に「京都ラーメンはコッテリ」という方は「天下一品」をイメージされているようです。

なぜかというと、東京には20年ほど前から「天下一品」が進出していて、支店がたくさんあるからです。

京都の天下一品で「こってりラーメン」実食レビュー


今回は「天下一品 今出川店」(直営店)へ行きました

今回は「天下一品 今出川店」(直営店)へ行きました

ということで、今回の「京都ラーメンブログ」は、京都ラーメンの知名度が高い「天下一品」さんへ行ってきました。

地元・京都では「天下一品は店によって味が全然違う」と言われるのですが、「餃子の王将」と「天下一品」のようにフランチャイズと直営店がある場合は、直営店ではない場合は本来の味とは異なる場合もあります。ぶっちゃけいうと直営店でも「なんか違う」と思うこともあるので、料理人しだいなのかもしれません。

今回は「天下一品 今出川店」へ行ってきました。

こちらは直営店で、味も良いと思っているからです。

こってり(並)700円

こってり(並)700円

こちらが「こってり 700円」です。

スープは「鶏ガラ野菜」で、ポタージュのようなやや繊維質というか、舌触りに粉っぽさを感じるスープになっています。

こういった「こってりスープ」の場合は、辛めに味つけをするので、カエシはやや味付けが濃いめになっています。

ドロッとしたコクのあるスープです

ドロッとしたコクのあるスープです

コッテリしたスープですが、麺は苦労なく食べることができます。

あまり濃厚だと、細麺にスープが大量に絡むので重くて食べづらいのですが、天下一品のラーメンはバランスがよくできていました。

京都ラーメンは、ドンぶりの下に皿がついてくるのも特徴的ですよね。

天下一品 今出川店


京都・今出川駅近く「天下一品 今出川店」外観

京都・今出川駅近く「天下一品 今出川店」外観

今回訪問した「天下一品 今出川店」は地下鉄烏丸線「今出川駅」徒歩1分ほどのところにあります。

同志社大学のあるエリアで、こういった場所にはラーメン店が集中するので、近隣には数多くのラーメン店があるのがこのエリアです。

駐車場はなく、近隣にもコインパーキングは少ないので、電車で行く方が便利です。

自転車・バイク駐輪場は「ニッポンレンタカー烏丸今出川営業所」さんの南側(地図)にあります。

営業時間:11時~深夜3時
定休日:日曜
URL:http://www.tenkaippin.co.jp/shop/detail.php?id=72


京都のラーメン新店案内をメインに、関西・京都の知られざるラーメン店を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。