京都の老舗ラーメン店「第一旭」の違いがよく分かる写真 まとめ

今回の「京都ラーメンブログ」は、京都で一番の有名ラーメン店「第一旭」について、あまり知られていないことをまとめました。以前も「第一旭」については詳細記事を書いていますが、今回はもっと分かりやすくした「第一旭まとめ」になります。

実は「第一旭は9系統ある」という事実はまだあまり知られていません。

広告

京都の老舗ラーメン店「第一旭」


京都の老舗ラーメン店「第一旭」

京都の老舗ラーメン店「第一旭」

今回は京都の老舗ラーメン店第一旭」を簡単に短くわかりやすくまとめたいと思います

京都では「アキラ系」と呼ばれ、京都市内にチェーン店がたくさんあった「第一旭」のことです。

そして、一般的に「第一旭」と言われるラーメンは9系統あることはあまり知られていません。

京都の老舗ラーメン店「第一旭」のラーメンとは


「本家 第一旭たかばし」のラーメンは豚骨ベース

「本家 第一旭たかばし」のラーメンは豚骨ベース

さて、京都の老舗ラーメン店「第一旭」のラーメンとはどのようなものなのでしょうか。

簡単に言うと「豚骨ベースの醤油ラーメン」です。

ちなみに同じく京都の老舗ラーメン店「ますたに」のラーメンは「鶏ガラベース」です。

第一旭(豚骨ベースの醤油ラーメン)
ますたに(鶏ガラベースの醤油背脂チャチャ系)

京都ラーメンはこってりか?


「京都ラーメン」はコッテリとは違います

「京都ラーメン」はコッテリとは違います

よく言われるのが「京都ラーメンはコッテリ」という話ですが、実際には京都ラーメンは「コッテリ」ではありません。

これは20年ほど前に東京にいち早く進出した「天下一品」さんが京都ラーメンの代名詞みたいになってしまっているからだと推測されます。

実際の京都ラーメンは「豚骨・鶏ガラ」のベースの味が濃厚に出た「あまり醤油辛くない」醤油ラーメンという方が分かりやすいと思います。(関西は出汁文化なのです)

第一旭は京都の老舗ラーメン店のひとつなのか?


京都の第一旭は老舗なのか?

京都の第一旭は老舗なのか?

さて、ここから本題になってくるのですが、第一旭は京都の老舗ラーメン店のひとつなのでしょうか。

・中華のサカイ(1939年)
・新福菜館(1938年に屋台、1945年に店舗)
・初代 珍遊(1940年代)
・ますたに(1949年)
・京都たかばし本家 第一旭(1947年 旭食堂、1956年 第一旭、1977年に現在名)
特製ラーメン 第一旭(1986年)比較的最近です

老舗の京都ラーメン店を並べると最古の京都ラーメンは「中華のサカイ」で1939年創業です。

ただし、屋台として始まったのは「新福菜館」が先で1938年です。

今回紹介している「アキラ系」と言われる特製ラーメン 第一旭は1986年と比較的最近です。

さて、1号店は現在の「本家 第一旭たかばし 寺田店」と呼ばれる店舗なのですが、1947年に「旭食堂」としてオープンした「京都たかばし本家 第一旭」との違いも意外と知られていません。

「第一旭」と言われるラーメンは9系統ある


京都の地元で親しみのあるのは黄色い看板の「特製ラーメン 第一旭」(第一旭 栄店)

京都の地元で親しみのあるのは黄色い看板の「特製ラーメン 第一旭」(第一旭 栄店)

実は「第一旭」というラーメン店は大まかに分けて9系統もあるのです。

これについては屋号をめぐる係争の資料を元に分類したのですが、本家は京都駅近く「高倉塩小路」にある「京都たかばし本家 第一旭」で間違いありません。

・京都たかばし本家 第一旭(本家)
・本家 第一旭たかばし 寺田店(特製ラーメン 第一旭チェーン1号店)
・特製ラーメン 第一旭(チェーンからの独立残存店)
・京都ラーメン豚骨たかばし醤油
・総本家広瀬家 特製ラーメン 第一旭
・神戸ラーメン第一旭
・極上ラーメン第一旭(第一旭 六角店)
・元祖 第一旭(鳥取、現在の「大ちゃんラーメン」)
・本店 第一旭(愛知)

京都でよく見るアキラ系のお店は「特製ラーメン 第一旭」ですが、1997年(平成9年)に倒産しており、現在ではチェーンの残存店は独立採算店舗もしくは別チェーンとして営業しています。

1号店は現在の「本家 第一旭たかばし 寺田店」で、他には「特製ラーメン 第一旭」の看板のまま独立採算店になっている事例がほとんどです。

別チェーンになっている店舗は屋号を「京都ラーメン豚骨たかばし醤油」や「総本家広瀬家 特製ラーメン 第一旭」に変更して生き残っています。

また「神戸ラーメン第一旭」とほぼ似たロゴマークの「極上ラーメン第一旭(第一旭 六角店)」という店舗もあります。

さらに鳥取と愛知に「第一旭」という店舗もあります。

これらのお店はどれをとっても同じ「第一旭」ではないのです。

京都たかばし本家 第一旭(本家)

京都に居たりする なんか並んでるからとりあえず並んでみる。 #京都 #京都ラーメン #第一旭

Kato Takanobvさん(@tknv_kato)がシェアした投稿 –

京都ラーメンの雑誌などでよく紹介されているのが「京都たかばし本家 第一旭(本家)」です。

京都駅近く「高倉塩小路」にある朝から行列のできるお店のことです。

「第一旭」創業者である田口有司氏が1947年(昭和22年)に「大衆食堂 旭食堂」を開業したのがコノ場所で、1956年(昭和31年)に「第一旭」に屋号を変更しています。

1947年(昭和22年)旭食堂として開業
1956年(昭和31年)に屋号を「第一旭」に変更
1977年(昭和52年)経営者が元従業員であった佃栄子氏(株式会社たかばし)に変更

経営者は変わっていますが、土地と建物は田口有司氏の妻・松本春枝氏と息子・松本昭氏に平成元年に引き継がれています。

本家 第一旭たかばし(チェーン1号「特製ラーメン 第一旭 寺田店」)


1号店の「本家 第一旭たかばし 寺田店」

1号店の「本家 第一旭たかばし 寺田店」

京都にはかつて「特製ラーメン 第一旭」と書かれた看板のラーメン店がたくさんありました。

いわゆるチェーン店としての「第一旭」のことで、いわゆる「アキラ系」のお店です。

先ほどの「京都たかばし本家 第一旭(本家)」の経営を引き継いだという元従業員「佃栄子氏」の実弟である「佃功氏」が、1986年(昭和61年)に「株式会社第一旭」を設立してチェーン展開を行ったのが始まりです。

会社名はその後「株式会社第二旭」に変更されていますが、1997年(平成9年)5月30日に倒産しました。

その1号店(寺田店)が現在の「本家 第一旭たかばし」で、今は独立採算店となっています。

特製ラーメン 第一旭(チェーンからの独立店)


第一旭 熊野店

第一旭 熊野店

チェーン展開していた「特製ラーメン 第一旭」の多くは、今は独立採算店として経営を続けている所もあります。

看板や屋号などは変更しないで、そのまま営業されているため、今でも「第一旭」と呼ばれて親しまれています。

・第一旭 熊野店
・第一旭 桂店
・第一旭 久御山店
・第一旭 栄店
・第一旭 龍谷大横店
・第一旭 槙島店

ただし、一部では先ほどの元チェーン1号店「本家 第一旭たかばし」の暖簾やロゴを使っている店舗もあります。

・第一旭 大久保店
・第一旭 羽束師店

実質的に、京都の方が考える「特製ラーメン 第一旭」というのは、今でも当時の雰囲気を残している上記の店舗ということになります。

京都ラーメン豚骨たかばし醤油


京都ラーメン豚骨たかばし醤油

京都ラーメン豚骨たかばし醤油

黒い看板に「たかばし」と書いてあるチェーン店もあります。

これは「のれん分け」された店舗で、ロードサイドやテナントビルに入っているのをよく見かけると思います。

「第一旭」とは名乗っていませんが「たかばし」を屋号に含んでいます。

ちなみに「たかばし」というのは「京都たかばし本家 第一旭(本家)」があった付近の通称のことです。

・京都ラーメン豚骨たかばし醤油 南インター店
・京都ラーメン豚骨たかばし醤油 BiVi二条店
・京都ラーメン豚骨たかばし醤油 横大路店
・京都ラーメン豚骨たかばし醤油 イオンモール久御山店
・京都ラーメン豚骨たかばし醤油 亀岡店

総本家広瀬家 特製ラーメン 第一旭


ロゴはチェーンとほぼ同じ「総本家広瀬家 特製ラーメン 第一旭 福知山店」

ロゴはチェーンとほぼ同じ「総本家広瀬家 特製ラーメン 第一旭 福知山店」

チェーン店の「特製ラーメン 第一旭」に所属していた京都府北部の3店舗と兵庫県丹波市の1店舗は「総本家広瀬家 特製ラーメン 第一旭」という屋号で今でも経営しています。

ロゴや看板にキャラクターはチェーン店とまったく同じままです。

総本家広瀬家 特製ラーメン 第一旭(公式サイトより)

総本家広瀬家 特製ラーメン 第一旭(公式サイトより)

・総本家広瀬家 特製ラーメン 第一旭 西舞鶴店
・総本家広瀬家 特製ラーメン 第一旭 福知山店
・総本家広瀬家 特製ラーメン 第一旭 綾部店
・総本家広瀬家 特製ラーメン 第一旭 柏原店(兵庫県丹波市)

神戸ラーメン第一旭と鳥取と愛知の第一旭

歯医者で元町まで来たので10数年ぶりの着地🍜 #神戸ラーメン第一旭 #神戸ラーメン第一旭元町本店

🍔shigebon🍔さん(@_shigebon_)がシェアした投稿 –

さて、先ほどの「京都たかばし本家 第一旭」の創業者である田口有司氏には息子さんがいました。

実は、田口有司氏は1969年(昭和44年)に松本春枝氏と結婚(婿入り)して改姓し松本有司氏となっているのですが、旧姓(田口)の時から息子さんがいて「田口隆弘氏」という方が、1971年(昭和46年)に「神戸ラーメン第一旭」を開業しています。

実は3人兄弟で、それぞれ苗字が異なるのですが、それぞれが「第一旭」を名乗るラーメン店をオープンしています。

元祖 第一旭(大ちゃんラーメン)(鳥取県米子市)※大森高男氏(長男)
本店 第一旭(愛知県一宮市)※高山安弘氏(次男)
神戸ラーメン第一旭 ※田口隆弘氏(三男)

神戸ラーメン第一旭(公式サイトより)

神戸ラーメン第一旭(公式サイトより)

三男である田口隆弘氏が始めた「神戸ラーメン第一旭」のロゴは独特なものになっており「丸い枠に旭」というマークになっているのが特徴です。

・神戸ラーメン第一旭 三宮本店
・神戸ラーメン第一旭 三宮西店
・神戸ラーメン第一旭 元町本店
・神戸ラーメン第一旭 神戸本店
・神戸ラーメン第一旭 水道筋店
・神戸ラーメン第一旭 新長田店

なお、今回の分類には含めませんでしたが大阪に「神戸ラーメン第一旭」から独立した店舗「第一旭 関目店」というのもあります。

極上ラーメン第一旭(第一旭 六角店)


極上ラーメン 第一旭(六角店)

極上ラーメン 第一旭(六角店)

地図で検索すると「第一旭 六角店」というのがヒットします。

京都ロフトの近くにあるお店なので、京都市の方なら一度くらいはお店を見ていると思います。

実はこれ「極上ラーメン第一旭」というのが正確な屋号で、ロゴ自体は「神戸ラーメン第一旭」とほぼ同じものです。

よって、このお店は「元祖 第一旭の流れをくむ店舗」ではなく、「神戸ラーメン第一旭」の流れをくむ店舗であるのは一目瞭然です。

しかし、現在の「神戸ラーメン第一旭」の公式サイトには掲載されていないため、独立採算店になっていると思われます。

京都の老舗ラーメン店「第一旭」の違いがよく分かる写真 まとめ


その「第一旭」はどんな「第一旭」ですか?を考えながら食べるのもよいものです

その「第一旭」はどんな「第一旭」ですか?を考えながら食べるのもよいものです

今回の「京都ラーメンブログ」は、京都でも一番有名なラーメン店「第一旭」についてまとめてみました。

実は、これらのことは過去2回の記事で詳細に書いているのですが、詳細すぎて分かりづらいというご意見もあったため、今回は分かりやすくまとめてみました。

もっと詳細に書かれた記事は以下になります。


もう昨日の話ですが、2016年12月31日の大晦日に京都ラーメンの食べ納めに行ってきました。最後の日に選んだ京都ラーメンの一杯は「本家 第一旭たかばし 寺田店」さんのラーメンです。「第一旭」は9系統ほどあるのでややこしいですが、ここがチェーンの総本山になります。


「京都ラーメン」について詳細にまとめた記事は以下にあります。


京都ラーメンというとひとつのブランドです。しかし、ネットでよく見かける京都ラーメンの情報は「食べる側から見た」まとめばかりで突っ込んだ記事は少ないのが実情です。そこで今回は京都でラーメン店をオープンするならという「出店者(オーナー)視点」で考えてみたいと思い、これまでメモしてきたことを公開することにしました。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。