笑福屋 @西京極にある「づけ丼」のおいしい京都ラーメンのお店 実食レビュー

京都の西京極京都ラーメンのお店「笑福屋」(しょうふくや)さんというお店があります。そこの「づけ丼セット」が美味しいと評判の声を聞いたので、さっそく食べに行ってきました。ラーメンは煮干しの香るコクのあるスープで、づけ丼はお寿司屋さんレベルの「ハマチのづけ丼」となかなかおススメのセットです。

今回も実際に食べに行った実食レビューです。

広告

西京極にある「づけ丼」のおいしい京都ラーメンのお店


らーめん笑福屋

らーめん笑福屋

今回の「京都ラーメンブログ」は、京都の西京極にあるづけ丼のおいしいラーメン店」です。

お店の名前は「らーめん笑福屋」さんといい、梅津と西京極の間を南北に通る道「葛野西通(かどのにしどおり)」沿いにあります。

通り名は、葛(くず)と書いて「かど」と読みます。

ラーメン700円から

ラーメン700円から

オススメは「づけ丼セット 1000円」です

オススメは「づけ丼セット 1000円」です

ラーメンの種類は1種類で、トッピングによって「チャーシューめん・特製らーめん」があります。

終日あるセットメニューもあり、ラーメン屋ではありますが「お造り用の魚を使ったづけ丼」をセットで食べることもできます。

今回は「づけ丼+ラーメン」のセットを食べてきましたので実食レビューします。

ラーメンとづけ丼セット 実食レビュー


ラーメンは豚骨ベースに、おかっけで煮干しを使っています

ラーメンは豚骨ベースに、おかっけで煮干しを使っています

こちらが「ラーメン」です。

スープは豚骨と思われますが、おっかけで使っている煮干しダシの香りが最初に香るスープになっています。

食べ始めはアッサリですが、薄くなくクドくなく、飲んでいるうちにコクがあるのを感じるスープになっていました。

麺は中太麺(いわゆる細麺)

麺は中太麺(いわゆる細麺)

麺は京都ではよくある中太ストレートです。関東の人からすれば細麺と思う細さですが、関西ではこれでも太い方です。

トッピングは「ネギチャーシューメンマ海苔」とシンプルなもので、メンマは歯ごたえのある昔懐かしい感じの味わいのするものでした。

チャーシューはシッカリした味と歯ごたえで存在感があります

チャーシューはシッカリした味と歯ごたえで存在感があります

チャーシューはシッカリした歯ごたえですが、よく煮込んであり味付けも濃いめでよくほぐれやすいタイプのものです。

京都ラーメンでは、あまり見ないタイプの仕上がりになっていると言えます。

づけ丼もラーメン店とは思えない仕上がりです

づけ丼もラーメン店とは思えない仕上がりです

づけ丼も、ラーメン店のものだとあなどるなかれで、お寿司屋さんのランチでもあるようなレベルのものでした。

酢飯に「海苔わさびハマチ(ブリ)の漬け」がのっている丼で、これはこれでもっと食べたくなる味わいでした。

ハマチの漬けがおいしいお店

ハマチの漬けがおいしいお店

見た目では「ぶりはまち」の区別は難しいですが、漬けにしてるし、色目でも使っているのは「はまち」です。

ちなみに「ぶり=はまち」です(成長魚)。

らーめん笑福屋 基本情報


笑福屋 への行き方は?

笑福屋 への行き方は?

ということで、京都ラーメン「らーめん笑福屋」さんの実食レビューでした。

ラーメンは、東京時代に下町で食べた感じのするラーメンで、私の舌には合う味わいでした。

チャーシューも固めのシッカリした味わいですが、煮込んであるもので好みのタイプです。

駅から歩いてというのはちょっと不便な場所にありますので、車かバイクなどで行く必要はありそうです。

駐車場は北側に月ぎめ駐車場があって、そこに3台分の駐車が可能です。

京都府京都市右京区西京極午塚町26
営業時間:11時~15時、17時~22時
定休日:木曜


京都のラーメン新店案内をメインに、関西・京都の知られざるラーメン店を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。