四川亭 @京都・元田中にある担々麺と汁なし担担麺を実食レビュー(ラーメン)

京都・元田中にある「四川亭」さんで「担々麺(担担麺)」と「汁なし担担麺」を食べてきましあので実食レビューします。汁なし担担麺は青ネギが盛られており、ミンチの量も多く満足度が高い混ぜそばです。

四川亭」さんはバイクや自転車を駐輪するスペースがないので電車か車(コインパーキング)を使うことになります。

広告

四川亭 @京都・元田中 実食レビュー


四川亭 担々麺 750円

四川亭 担々麺 750円

今回の「京都ラーメンブログ」では、京都・元田中にある担々麺専門店「四川亭」さんに行ってきました。

出町柳駅から叡山電鉄に乗って「元田中駅」で降りるとすぐの場所にあるお店です。

メニューは「担担麺」と「汁なし担担麺」それに「麻婆豆腐」のみというシンプルなものです。

担担麺 並 750円
担担麺 大 860円
汁なし担担麺 200g 750円
汁なし担担麺 300g 870円
麻婆豆腐らーめん 720円
麻婆飯 650円

中華スープにゴマペーストのタレがかかっている感じです

中華スープにゴマペーストのタレがかかっている感じです

担担麺はよくあるタイプと少し違って、中華スープが下の方に入っていて、上からゴマペーストのタレをかけているタイプのものでした。

食べているうちに混ざるようになっており、濃厚という感じではないのですが、ゴマの風味が感じられる担々麺になっていました。

麺はストレートのものを使っていますが、食べた感じでは製麺所「テイガク」さんのものです。

ここの担担麺は「ミンチ」が結構盛られているのが特徴的で、甘くて美味しいものでした。全体的に、少し汗が出るくらいの辛さなので食べやすい担々麺と言えるでしょう。

汁なし担担麺 @京都・四川亭 実食レビュー


汁なし担担麺 がオススメです

汁なし担担麺 がオススメです

汁なし担担麺 200g 750円」も食べましたのでレビューします。

オススメなのはこの「汁なし担担麺」で、青ネギが山盛りで盛られているのが特徴的です。

ネギの下にはミンチが多く入っており甘さもあるのですが、タレは結構辛めのもので汗がだいぶ噴き出してきます。

タレは結構辛めのものですがおいしいまぜそばでした

タレは結構辛めのものですがおいしいまぜそばでした

麺は特徴が薄いのですが、味付けが濃厚なので、こちらの「汁なし担担麺の方がオススメ」です。

最近はよく「台湾まぜそば」などを食べることが多いのですが、こちらのお店のはリピートありだなと思う美味しさでした。

広告


【メール便】【送料無料】ガツンとした刺激とコク深い旨味がクセになる!≪台湾まぜそばお試し2食セット≫10P27May16

四川亭 @京都・元田中 基本情報


四川亭 @京都・元田中 基本情報

四川亭 @京都・元田中 基本情報

京都の四川亭さんの場所は、左京区元田中という駅の近くです。

叡山電鉄「元田中駅」から徒歩1分くらいのところですが、東大路通の踏切手前くらいにあります。

このあたりは暗く、お店が夜だと目立たないのですが「踏切近く」と覚えておくと良いでしょう。

このエリアは、自家用車・バイク・自転車で行くのは不向きな立地で、出町柳駅から叡山電鉄に乗っていくのが無難です。車ならコインパーキングという手もありますが、バイク・自転車は駐車できるスペースが一切ありません。

京都府京都市左京区田中里ノ内町64
営業時間:11:30~14:30、18時~22時(土曜は21時まで)
定休日:日曜


「有吉ゼミ」で紹介されたお店の場所などを確認しています。地元の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



京都のラーメン新店案内をメインに、関西・京都の知られざるラーメン店を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。