抹茶ラーメンと抹茶餃子 京都・宇治市「田中九商店」で食べてきた

Sponsored Link

京都府宇治市の平等院鳳凰堂の参道で「抹茶ラーメン」と「宇治抹茶餃子」というあまり他では見ないものを食べてきました。抹茶といえば「茶そば」が有名ですが、ラーメンというとほぼ見かけません。

この「抹茶ラーメン」と「宇治抹茶餃子」とは、どのような商品なのでしょうか?

実際に食べてきたのでレビューします。

京都の抹茶ラーメンと抹茶餃子


抹茶が氾濫する町「京都・宇治」

抹茶が氾濫する町「京都・宇治」

京都といえば「抹茶」ですが、今の世の中は抹茶に頼りすぎた商品が氾濫しています。

京都・宇治市は宇治抹茶の町ですが、平等院の参道などには「茶そば」のお店が乱立し、抹茶カルボナーラなどもあったりします。

しかし、あまり見ないのが「抹茶ラーメン」です。

抹茶ラーメンは存在しないのでしょうか?

いえ、実はあるのです・・・・

え?抹茶餃子がある?

え?抹茶餃子がある?

京都・宇治市「田中九商店」で食べてきました


京都・宇治市「田中九商店」

京都・宇治市「田中九商店」

というわけで、我々は「抹茶ラーメン」というものを食べに、京都府宇治市の平等院鳳凰堂の参道まで行ってきました。

京都からは、かなり遠く、自動車でも小一時間はかかる距離です。

宇治市の平等院鳳凰堂の参道

宇治市の平等院鳳凰堂の参道

抹茶ラーメンがあるのは平等院鳳凰堂の参道に店を構える「田中九商店」さんというお店です。

当日はお日柄も良く、参道には中国人がたくさんおりました。

午後からゲリラ豪雨になるだなんて、誰も思わない快晴です。

メニュー

メニュー

さっそく入店して、抹茶ラーメンと抹茶餃子を食べることにしました。

「抹茶ラーメン」というメニューは存在しないのですが、各種ラーメンに80円プラスすると「抹茶麺」になるというシステムです。

宇治抹茶餃子 350円

宇治抹茶餃子 350円

「宇治抹茶餃子 350円」もあり、これは抹茶塩で食べる餃子になっていました。

関西にしてはお高い餃子ですが、ここは観光地の宇治です。東京の餃子の値段からすれば安い価格帯でしょう。

さっそく、この抹茶ラーメンと抹茶餃子を注文してみました。

抹茶ラーメン


魚介ベースの黄金ラーメンを抹茶麺にしたラーメン

魚介ベースの黄金ラーメンを抹茶麺にしたラーメン

魚介ベースの黄金ラーメンを抹茶麺に変更して注文しました。

これで「黄金ラーメン 860円+80円」です。

スープは魚介ベースの濃厚スープでした

スープは魚介ベースの濃厚スープでした

スープは魚介ベースの濃厚スープで、ラーメンとしてはおいしい部類に入ると思います。

「人参・ネギ・ごま・シナチク・チャーシュー」なども入っており、十分通用するラーメンです。

では、注目の「抹茶麺」はどんなものでしょうか?

注目の「抹茶麺」

注目の「抹茶麺」

これが「抹茶麺」です。

そばで「茶そば」は結構お店があるのですが、抹茶をラーメンに練り込むお店は数が少ないです。

見た目は角麺で、食感はどことなく「蕎麦」に近いものがありました。

茶ラーメン、抹茶の味も香りもしません

茶ラーメン、抹茶の味も香りもしません

ただ、抹茶が練り込んであるはずですが、ラーメンにすると味も香りも分からなくなっているようでした。

食べている感じでは、カンスイの多いラーメンかなぁという感じでした。

宇治抹茶餃子


宇治抹茶餃子 6個入 350円

宇治抹茶餃子 6個入 350円

こちらは「宇治抹茶餃子 6個入 350円」です。

なかなか緑色が鮮やかな餃子になっていました。

餃子の皮に抹茶が練り込んであるようです。

抹茶パウダー(塩)で食べると抹茶の香りがします

抹茶パウダー(塩)で食べると抹茶の香りがします

この抹茶餃子ですが、単体では普通の餃子です。

ただ、付属の抹茶塩をつけて食べると抹茶の香りが大変よくします。

色鮮やかで訴求力はあるかも?

色鮮やかで訴求力はあるかも?

色鮮やかな餃子で、お客さんの大半がこの「抹茶餃子」を食べていました。

見た目もキレイだし、結構訴求力はありそうです。

他ではあまり見ないのが不思議です。

田中九商店 基本情報


田中九商店  外観

田中九商店 外観

さて、宇治市の「田中九商店」さんですが、地図で検索しても全然違う場所が表示されます。

ストリートビューは2014年のものですが、今はだいぶ観光地っぽくなっており、風景も全然違うのですが、お店は平等院鳳凰堂の参道沿いにあります。

実は、この宇治抹茶餃子ですが通販も可能となっています。

Sponsored Link

京都府宇治市宇治蓮華9-1
営業時間:
定休日:
URL:http://item.rakuten.co.jp/tanakaku/10000000/#10000000


京都のラーメン新店案内をメインに、関西・京都の知られざるラーメン店を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。京都の起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。