慈永 じえい 元田中 2/4 新規オープン 京都ラーメン

Sponsored Link

慈永(じえい)さんというラーメン屋さんが京都・元田中新店オープンしました。ラーメンは京都ラーメン(ますたに系)で、味がしっかりしたスープでした。元田中はラーメン店の比較的多い一乗寺エリアのやや南にある町です。京大が近いのでラーメン店も多いです。

公式サイトがないので、店主の方にネット掲載の許可をいただき撮影もしてきました。

場所は元田中なのですが、たぶん地元の方でも行きづらい場所にあります。そこで行き方も詳細に書いておきます。

慈永 じえい 元田中 2/4 新規オープン

京都・元田中に、ますたに系の京都ラーメンを出す「慈永」(じえい)さんが新規オープンしました。

オープンは、2/4(木)と、つい先日のことです。

2016-02-07_155158

2016-02-07_154748

2016-02-07_154804

場所は、元田中の「キッチン ゴリラ」さんのすぐ近く(南側)で、元々居酒屋「粋人」があった場所です(その前はキッチン ゴリラさんが入っていたそうです)。「御蔭通」から行くのですが、地元の方でもわかりづらいエリアです。

京都府京都市左京区田中樋ノ口町
営業時間:11:30~14:30、17:30~22時
定休日:記載なし
備考:お店に駐車場や駐輪場はありません。隣にコインパーキングがあります。

店主の方はインターネットとかやったことがないので分からないとおっしゃっていました。そのため、こちらでGoogleマップに追加しておきました。

ラーメンは京都ラーメン(ますたに系)


2016-02-07_182708

店内はカウンター6席に、こたつのあるお座敷席がひとつと、だいぶ狭いお店です。でも、窮屈感はなく、お座敷席にはテレビもあって、地元の家族連れでも大丈夫です。(お座敷はひとつだけですが)

2016-02-07_155310

2016-02-07_155421

店主は愛嬌のある方で、そんなにおしゃべりという感じでもないのですが、話しかけると愛嬌よく接してくれます。

2016-02-07_155345

ラーメン(並) 650円
ラーメン(大) 750円
チャーシューメン(並) 850円
チャーシューメン(大) 950円
ごはん 150円
卵かけごはん 250円
ビール 350円

メニューには「今なら全部50円引き」とありました。ビールもですかね?

店主に「いつまでか」を確認したところ、気の向くまでみたいな感じでした。

今回は「ラーメン(大) 750円」を発注。

2016-02-07_155455

ラーメンは、近くにある北白川の「ますたに」に似ていると言えるもので、スープはシッカリとした味わいがします。まさに、京都ラーメンという感じ。

2016-02-07_155558

麺は中太麺(関東でいう細麺)で、今回は大盛りを頼みましたが、食べやすいのでパクパク食べることができました。シナチクも甘くて良い味加減でした。

背脂の濃厚系に思われるかもしれませんが、意外にアッサリなのがこの系統です。

ちなみに、京都ラーメンというのは独特のクセのある味わいのラーメンです。北白川の「ますたに」というお店のラーメンが京都ラーメンの代表といっても良いかなと思います。

慈永 元田中 行き方

元田中の「御蔭通」の少し奥側なのですが、京大のある東大路通から御蔭通に入ると良いでしょう。

東大路通のローソンの交差点を東に入ります。そこが御蔭通です。

御蔭通に「上海料理 和盛楼」というレンガの建物があるので、そこの道を脇に入ります。

2016-02-07_160032

北上するとコインパーキングが左にあるので、車の方はそこに駐車してください。お店に駐車場や駐輪場は一切ありません。

お店はその隣にあります。

他にもたくさん「京都ラーメン店情報」がありますのでご覧ください。

他にもたくさん「新店オープン情報」がありますのでご覧ください。

Twitterの口コミや感想

Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。