2020年10月28日オープン 中華そば専門店 ふくなが

京都市南区、東土川の交差点を東へ入ったところにラーメン屋「中華そば専門店 ふくなが」が2020年10月28日に新店オープンです。濃厚醤油豚骨ラーメンのお店で新福菜館出身店主の独立店舗になります。

2020年10月28日オープン 中華そば専門店 ふくなが


2020年10月28日オープン 中華そば専門店 ふくなが

2020年10月28日オープン 中華そば専門店 ふくなが

京都市南区、国道171号の東土川の交差点を東へ曲がり、ドラッグストアのところを南に入ったところにラーメン屋「中華そば専門店 ふくなが」が2020年10月28日に新店オープンです。

新福菜館出身店主の独立店舗で、ラーメンも濃厚醤油豚骨ラーメンで新福菜館と同じです。

焼きめしも新福菜館の味でした。

元々は「新福菜館 東土川店」があった場所。そこが2018年に閉店して、2019年11月25日に「ラーメン八起」が開業しましたが2020年4月30日に閉店していたところです。

ラーメン八起はラーメン藤系のお店だったので「新福菜館 → ラーメン藤 → 新福菜館」と元に戻ったことになりますね。

店内の様子は?(新型コロナ対策など)


前の時より少し狭くなっています

前の時より少し狭くなっています

2020年10月25日10時過ぎに訪問。

先客がたくさんいらしたので写真はありませんが、お店はコロナ対策などは特になく普通にラーメン店です。

以前のお店の時と変わったのは右1/3ほどが壁で仕切られ倉庫になっていたことです。

その分、前より少し狭くなっていましたが、テーブルやカウンターは効率的に配置されており、収容人数は変わっていないようです。

このお店のメニューは?


濃厚醤油豚骨ラーメンのお店です

濃厚醤油豚骨ラーメンのお店です

ラーメンは濃厚醤油豚骨ラーメンです。

ラーメンは特製ふくながそば(1200円)、中華そば(780円)の2種類があり、特製のは「麺大、肉増、生卵」と特盛サイズです。

ヤサイ(もやし)多めとネギ多めは無料になっています。

あとは焼飯(600円)餃子(280円)がありました。

特製ふくながそば(1200円)


特製ふくながそば(1200円)

特製ふくながそば(1200円)

今回は「特製ふくながそば(1200円)」を注文。

実は25日と26日はプレオープンで11時から開業していたのですが、メニューは半額になっていたからです(つまり600円)。

麺大盛、ヤサイ(もやし)は普通、メンマもネギも普通の分量かと思いますが、肉増しになっているのでチャーシューが大量に入っていました。

トッピングに生卵が入っているのも特徴です。

新福菜館と同じブラックラーメン

新福菜館と同じブラックラーメン

新福菜館と同じなので、いわゆるブラックラーメンです。

といっても醤油辛くないのが京都ラーメンの特徴で、豚骨の深みのある味わいに醤油の香りが良いスープです。

麺は太めのストレートです

麺は太めのストレートです

麺は太めのストレートです。

パツンとした京都らしい麺でとても食べやすいです。

製麺所は新福菜館でおなじみの「近藤製麺」かなと思ったのですが「中金製麺」のトレイが厨房にありました。

なので、どっちを使っているかは不明です。

焼飯(600円)


焼飯(600円)

焼飯(600円)

焼飯(600円)は新福菜館と同じで醤油ダレで焼いた少しオコゲの風味があるものでした。

苦めの味付けでしたがよく食べるあの味です。

量は並でも少な目なんでラーメンとセットで食べるとちょうど良いと思います。

メニュー


特製ふくながそな(1200円)、中華そば780円

特製ふくながそな(1200円)、中華そば780円

焼飯(600円)、餃子(280円)

焼飯(600円)、餃子(280円)

このお店への行き方や営業時間は?


中華そば専門店 ふくなが(店舗外観写真)

中華そば専門店 ふくなが(店舗外観写真)

では「中華そば専門店 ふくなが」の場所や営業時間についてです。

場所は国道171号の東土川交差点を東へ、すぐ左側にお弁当屋とドラッグストアがあるのですが、そのお向かいの道を右(南)に曲がった所です。

駐車場と駐輪場はありませんでした。

営業時間は「10時~20時」で、定休日は「不定休」のようでした。

〒601-8204 京都府京都市南区久世東土川町291−1(地図
営業時間:10時~20時(日曜日は10時~15時)
定休日:月曜日
公式Instagram:https://www.instagram.com/tyukasoba_fukunaga/

このお店の口コミは?


今回は、これまで数多く紹介してきたラーメンの中から「至極の一杯」を選びました。珍しくランキング形式を採用、本当にウマい京都のラーメン店を10店舗厳選してあります。2018年の「実食評価」で候補店を選び、その中から「リピートしたい&記憶に残った」店のみという選りすぐりの店ばかりです。



京都はラーメン店が多いと言われ、おいしいお店も多くあります。一乗寺のようなラーメンストリートもメディアで紹介されて有名なのですが、地元民であればネットやメディアで話題のラーメン店よりも「600円以下で食べられるラーメン」のような地元密着型のラーメン店をよく利用していることでしょう。



この記事は京都のラーメン新店調査や実食レビューに定評のある記者「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。関西・京都の知られざるラーメン店を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくし京都観光やグルメの発展を目指すことが目的です。



主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。