京都の天下一品であえて「あっさりラーメン」を食べる

こってりラーメンで有名な京都発祥のラーメン店「天下一品」で、あえて「あっさりラーメン」を食べて来ました。京都でも「天下一品であっさり食べてるやつ・・・・」と後ろ指さされそうな行いですが、こってり一筋のラーメン店に「あっさり」があるのがいけないのです(笑)

京都の天下一品であえて「あっさりラーメン」を食べる


京都の天下一品 今出川店

京都の天下一品 今出川店

京都のラーメン店「天下一品」は昭和46年創業で京都では人気のあるお店です。

20年ほど前から東京にも進出しており、全国でも食べられるようになりました。

もちろん、京都にもたくさんの天下一品があるわけですが、私がいつも天下一品を食べるのは「天下一品 今出川店」です。

京都では同じ天下一品でも味が違うと言われており、お店によって(直営なのかFCなのか等)変わるようです。

その中でも「天下一品 今出川店」は直営店で味が良いと思っているので、いつもこちらに行くのです。

話題になった天下一品の味噌ラーメンもありました(今出川店)

話題になった天下一品の味噌ラーメンもありました(今出川店)

この「天下一品 今出川店」には話題になった天下一品の味噌ラーメンもあります。

まだ全店舗で提供されていないみたいですが、この今出川店では食べられるようになっていました。

今回の目的はこの味噌ラーメン?

ではなく、あえて「あっさりラーメン」を食べてみたいと思います!

天下一品 あっさりラーメン


天下一品のスープは基本3種類あります

天下一品のスープは基本3種類あります

天下一品のスープは基本3種類あります。

スープは「こってりあっさり屋台の味」で構成されており、定番で人気があるのは「こってり」です。

こってり味というのは鶏ガラをじっくりと十種類の野菜と炊いたスープでドロッとした濃厚スープです。

屋台の味というのは昭和48年の屋台時代に作られていた元祖の味わいです。

さて「あっさり」ですが、これも鶏ガラと野菜を煮込んでつくりますが清湯です。

しかし、これも濃厚でコクのあるスープなのです。

あっさりラーメン(770円)


あっさりラーメン(770円)

あっさりラーメン(770円)

こちらが「あっさりラーメン(770円)」です。

見た目は普通に中華そばで、トッピングも「チャーシュー青ねぎメンマ」とシンプルです。

この「あっさり」だけ京都ラーメンらしく「一味薬味」が浮かんでいるのが特徴です。

スープの味


スープは鶏ガラと野菜、一味とニンニク薬味が入っています

スープは鶏ガラと野菜、一味とニンニク薬味が入っています

「こってり、あっさり、屋台の味」の3つのスープの中で「一味薬味」が入っているのは「あっさり」のみです。

それに「にんにく薬味」も入っているので、にんにくの香りに一味の辛味が合わさった味わいのラーメンになっていました。

ベースのスープは全部「鶏ガラ」です。

それに野菜も一緒に炊いてありコクと旨味があるスープになっていました。

醤油は辛いほどではないのですが、少しだけ濃口の味付けになっているのでライスに合うと思いました。

なお、天下一品の店員さんはTシャツに「こってり一筋」と書いてあり、お店としても「こってり味」を探求してきたラーメン店です。

そのため、あっさり味もコク・旨味を探求しているようです。


パツンとしたストレート麺

パツンとしたストレート麺

麺は同じパツンとしたストレート麺で、京都ではよくあるタイプです。

あっさりスープに、もちろんよく合っていました。

ちなみに、あっさりを注文する場合は「にんにく薬味」を必ず入れてください。それ入れないと食べる意味がありませんので。

【まとめ】天下一品のアッサリ味は侮れない


天下一品で「あっさり」を注文するのは変だという人もいますが・・・・

天下一品で「あっさり」を注文するのは変だという人もいますが・・・・

ということで、今回は京都ラーメンを「こってり」だと全国に広めた天下一品であえて「あっさり」を食べてみました。

天下一品は「こってり」というイメージが強いので、京都でも「天下一品であっさり注文するのは変」と言う人はいると思います。

でも、食べてみると濃厚で味わい深いラーメンでした。

まぁ、いつもは「こってり」を食べているんですが、気になった方はたまには「あっさり」で食べてみてください。

このお店の口コミは?


今回は、これまで数多く紹介してきたラーメンの中から「至極の一杯」を選びました。珍しくランキング形式を採用、本当にウマい京都のラーメン店を10店舗厳選してあります。2018年の「実食評価」で候補店を選び、その中から「リピートしたい&記憶に残った」店のみという選りすぐりの店ばかりです。



京都はラーメン店が多いと言われ、おいしいお店も多くあります。一乗寺のようなラーメンストリートもメディアで紹介されて有名なのですが、地元民であればネットやメディアで話題のラーメン店よりも「600円以下で食べられるラーメン」のような地元密着型のラーメン店をよく利用していることでしょう。



この記事は京都のラーメン新店調査や実食レビューに定評のある記者「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。関西・京都の知られざるラーメン店を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくし京都観光やグルメの発展を目指すことが目的です。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。