2020年9月18日オープン 五十碗 四川刀削麺

京都の元田中駅の踏切の南西側に刀削麺の中華料理店「五十碗 四川刀削麺」が2020年9月18日に新店オープンしました。パンダロボットが作る刀削麺のお店というのがキャッチコピー。元は御前通花屋町にあった「四川料理 四季蜀宴 (しきしょくえん)」が移転リニューアルしたお店です。

2020年9月18日オープン 五十碗 四川刀削麺


2020年9月18日オープン 五十碗 四川刀削麺

2020年9月18日オープン 五十碗 四川刀削麺

京都の叡電「元田中駅」の南西側に新しく四川刀削麺の中華料理店「五十碗 四川刀削麺」が2020年9月18日に新店オープンしました。

お店は東大路通沿い、元は「すてーき丼屋」があったテナントです。

四川刀削麺をメインに水餃子やチャーハンに麻婆豆腐などもある中華料理店です。

パンダロボットが作る刀削麺のお店

パンダロボットが作る刀削麺のお店

厨房にパンダをイメージした麺を切り出す機械があるのですが、それが名物みたいでキャッチコピーに「パンダロボットが作る刀削麺のお店」と書かれていました。

ランチにはお得なセットもあり、刀削麺はなかなかの美味しさです。

刀削麺を作るパンダロボット

刀削麺を作るパンダロボット

実はこちら、2018年末頃に開業した御前通花屋町にあった「四川料理 四季蜀宴 (しきしょくえん)」の移転リニューアル店です。

その時から「重慶刀削麺」があったのですが、火鍋メインの高級中華料理店というイメージのお店でした。

それが元田中に移転してきて、リーズナブルな雰囲気のお店に変更されていました。

店内の様子は?(新型コロナ対策など)


厨房前と店内右側にカウンター10席、4名テーブル2卓の構成

厨房前と店内右側にカウンター10席、4名テーブル2卓の構成

ということで、早速入店。

店内すぐ左に手指消毒液がありますが、客席間隔は普通でした。

座席構成は厨房前と店内右側にカウンター10席、4名テーブル2卓の構成です。

11時開店なのでその前に到着、入ってすぐくらいから後客が続いてしばらくしたらほぼ満席に近くなっていましたね。

お客さんは若い学生(京大生?)が多いのですが、留学生なのか中国語を話していました。

コミック調のストーリーがある絵が壁に描かれています

コミック調のストーリーがある絵が壁に描かれています

壁にはコミック調のストーリーがある絵が描かれていました。

四季蜀宴の頃も似たようなタッチの絵(白黒)が描かれていましたが、今のほうが大衆食堂っぽい雰囲気があって良い感じがしました。

さて、今回は気になる「刀削麺」を食べてみたいと思います。

このお店のメニューは?


海鮮刀削麺(880円)

海鮮刀削麺(880円)

四川刀削麺は7種類ありました。

種類は「重慶麻辣刀削麺(780円)、四川香辣刀削麺(780円)、泡椒牛肉刀削麺(780円)、煮込み牛肉刀削麺(780円)、番茄牛肉刀削麺(780円)、金胡麻担担刀削麺(880円)、海鮮刀削麺(880円)」です。

多くは「激辛」と書かれており、中辛は1種類、3種類は普通の辛さのようですが、先に言っておくとどれもかなり辛いです。

他には「水餃子チャーハン麻婆豆腐」などがあり、各種料理はセットにできます。

セット「ライス、唐揚げ、中華サラダ」が+100円でこれは麺類と水餃子に合わせる感じです。他は「スープ、唐揚げ、中華サラダ」の+100円セットがありますが、これはチャーハンに合わせるものですね。

また「日替わりミニ丼、唐揚げ、中華サラダ」のセットが+300円であるのですが、これも麺類とか水餃子で結構食べる人用でしょう。

ちなみに夜はセットの値段が+100円ほど高くなりますが、料理の値段は同じでした。

海鮮刀削麺(880円)


海鮮刀削麺も結構な辛さがありました

海鮮刀削麺も結構な辛さがありました

前店の時から激辛な料理で知られていたのですが、刀削麺で普通の辛さだと思われた海鮮刀削麺も結構な辛さがありました。

ラー油がとても辛いので、量少なめでも汗が出てきます。

トッピングは「きくらげ、イカ、インゲン、青ねぎ、たけのこ、海老、ニンジン、しじみ」と豊富です。

麺もスープもよく出来ていて美味しいと思いました

麺もスープもよく出来ていて美味しいと思いました

今まで食べた刀削麺の中ではたぶん一番美味しかったと思います。

スープはクリーミーで旨味あふれる味わい、ラー油でだいぶ辛くなってしまっていますが、美味しいなと思いつつ何度もすすりました。

麺も味がよく、食感もなかなかのもの。

食べ飽きず最後まで美味しく食べられました。

揚州炒飯(680円)


揚州炒飯(680円)

揚州炒飯(680円)

揚州炒飯も食べたのですが、こちらも具材が海鮮になっていました。

具材は「ハム、玉子、にんじん、青ねぎ、イカ、海老」などで、ほんのりとニンジンの甘味を感じます。

そんなに中華っぽい味わいではなく塩やきそばみたいな味付けです。

個人的にはもっと中華っぽい味わいがしても良いかなと思いましたが、これも美味しいチャーハンでした。

メニューと値段


四川刀削麺は7種類、他には「水餃子、チャーハン、麻婆豆腐」など

四川刀削麺は7種類、他には「水餃子、チャーハン、麻婆豆腐」など

ランチとディナーの値段の違いはセットの価格だけです(単品は同じ)

ランチとディナーの値段の違いはセットの価格だけです(単品は同じ)

このお店への行き方や営業時間は?


五十碗 四川刀削麺(店舗外観写真)

五十碗 四川刀削麺(店舗外観写真)

では「五十碗 四川刀削麺」の場所と営業情報についてです。

場所は元田中駅の踏切の南西(東大路通沿い)で、駅から徒歩2分ほどです。

お向かいは「四川亭」です。

営業時間は「11時~15時、17時~21時」で、セットにするなら昼間に行った方が良いでしょう。

なお、日曜日は定休日です。

〒606-8212 京都府京都市左京区 田中里の内町18ラコンテ東大路1F(地図
営業時間:11時~15時、17時~21時
定休日:日曜日


今回は、これまで数多く紹介してきたラーメンの中から「至極の一杯」を選びました。珍しくランキング形式を採用、本当にウマい京都のラーメン店を10店舗厳選してあります。2018年の「実食評価」で候補店を選び、その中から「リピートしたい&記憶に残った」店のみという選りすぐりの店ばかりです。



京都はラーメン店が多いと言われ、おいしいお店も多くあります。一乗寺のようなラーメンストリートもメディアで紹介されて有名なのですが、地元民であればネットやメディアで話題のラーメン店よりも「600円以下で食べられるラーメン」のような地元密着型のラーメン店をよく利用していることでしょう。



この記事は京都のラーメン新店調査や実食レビューに定評のある記者「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。関西・京都の知られざるラーメン店を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくし京都観光やグルメの発展を目指すことが目的です。



主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。