京都では唐揚げにレモンをかけずにマヨネーズで食べる?

みなさんは唐揚げにはなにをかけて食べますか? 私は「レモン果汁」をかけて食べることがこれまで多かったのですが、京都に来てからは「マヨネーズ」で食べる機会がとても多いのです。ラーメン店を巡っていると唐揚げをサイドメニューにしているお店がとても多いのですが、多くのお店でマヨネーズが付いてくるのです。

京都では唐揚げにレモンをかけずにマヨネーズで食べる


京都のラーメン店でとてもよく見る組み合わせ「ラーメン+唐揚げ定食」写真はラーメン魁力屋

京都のラーメン店でとてもよく見る組み合わせ「ラーメン+唐揚げ定食」写真はラーメン魁力屋

今回の「京都ラーメン速報」は、店舗の紹介ではなく「京都のラーメン店あるある」です。

以前の記事「京都のラーメン店には餃子はないけど唐揚げはある」の続編で、同じ唐揚げネタをお届けしたいと思います。

その今回の唐揚げネタとは・・・・

京都のラーメン店では唐揚げにレモンをかけずにマヨネーズで食べる

というものです。

上の写真は京都ではとてもポピュラーなラーメンチェーン「ラーメン魁力屋(かいりきや)」さんのラーメン唐揚げ定食です。

唐揚げにマヨネーズ? レモンじゃなくて?

唐揚げにマヨネーズ? レモンじゃなくて?

この唐揚げをよく見ていただきたいのですが、唐揚げに「マヨネーズ」が添えられています。

これラーメン魁力屋さんだけではありません。

京都には唐揚げを主力サイドメニューにしているラーメン屋はとても多いのですが、その多くのラーメン店で「マヨネーズ」が添えられているのです。

唐揚げにマヨネーズは京都のラーメン店では鉄板の組み合わせです(写真はラーメンの坊歩 千中店)

唐揚げにマヨネーズは京都のラーメン店では鉄板の組み合わせです(写真はラーメンの坊歩 千中店)

こちらは「ラーメンの坊歩 千中店」さんのサイドメニュー唐揚げです。

サイドメニューの数は多くありませんが、当然のように唐揚げがメニューにあります。

これにもよく見ると「マヨネーズ」が添えてあります。

あいつのラーメンかざぐるまの唐揚げ(マヨネーズで食べます)

あいつのラーメンかざぐるまの唐揚げ(マヨネーズで食べます)

こちらは「あいつのラーメンかざぐるま」というラーメン店ですが、唐揚げにはマヨネーズが添えられています。

他にも閉店した「麺屋びびび」さんでも唐揚げはマヨネーズ添えでしたし、京都市北区の「ラーメン將陽」さんもそうです。

京都では有名なラーメンチェーン「ラーメン横綱」も唐揚げにはマヨネーズが添えられています。

しかし、すべてのお店で唐揚げはマヨネーズで食べることになっているというわけではありません(ただ一番多いのはこのパターンです)。

添えられているキャベツの千切りもこのマヨネーズで食べることになっていることが多く、キャベツにドレッシングがかかっていないことが多いのも特徴です。

ただ、唐揚げ自体に味が付いている場合はマヨネーズは添えられていませんし、他に「塩コショウカラシ」というラーメン店もあったりします。

京都では唐揚げにレモンをかけずに塩コショウで食べる


天下一品総本店(白川通)の唐揚げ(チューリップ)は塩コショウで食べます

天下一品総本店(白川通)の唐揚げ(チューリップ)は塩コショウで食べます

唐揚げにはマヨネーズ?

でも、実はこの傾向はそんなに前から行われているものではないようです。

というのも、今の40歳以上の方だと・・・・

ラーメンには塩コショウ

という世代がいるからです。

これは「天下一品」世代なんかだとそうなのですが、唐揚げは塩コショウで食べることになっているお店もあります。

その場合、キャベツにはドレッシングがかかっていることがほとんどのようです。

ラーメン天といえば唐揚げです

山科区にあるラーメン天では唐揚げに塩コショウが付きます

山科区にある「ラーメン天」さん、創業から30年以上になるお店ですが、こちらの名物である唐揚げには最初から塩コショウが付いてきます。

もうこれは塩コショウで食べろという店からの指示以外の何物でもありませんが、こちらも唐揚げを塩コショウで食べる一例です。

京都には唐揚げにカラシを付けて食べる派もいる


唐揚げにカラシを付けて食べる人も一部に存在します

唐揚げにカラシを付けて食べる人も一部に存在します

これまで唐揚げには一般的なレモン果汁ではなく「マヨネーズ」と「塩コショウ」をつけて食べる京都のラーメン店を紹介しました。

しかし、まだ「唐揚げにはカラシ派」という一派がいるのです。

例えば、京都市北区の堀川通沿いにある「天龍」さんなんかはそうです。

あと最初に紹介したマヨネーズが添えられている「ラーメン魁力屋(かいりきや)」さんでは2割ほどのお客さんは唐揚げにカラシを求めてくるそうです。

トンカツだってカラシ付けて食べる人多いですから揚げ物には合うのでしょう。

まとめ


ということで、京都のラーメン店では唐揚げにマヨネーズが添えられていることが多いという話でした。

割合は半分とは言わないけど、多くのラーメン店で唐揚げをマヨネーズ添えで出している印象です。

天下一品の場合は「塩コショウ」で食べるのが一般的です。

一部では「カラシ」で食べるお店もあります。

唐揚げといえば「レモン」というイメージが全国的には一般的かと思いますが、京都ではレモンをつけるお店はなかなか見かけません。

例えば餃子の王将では「レモン」が付いてくることがありますが、セット内容やお店によるかもしれません。


今回は、これまで数多く紹介してきたラーメンの中から「至極の一杯」を選びました。珍しくランキング形式を採用、本当にウマい京都のラーメン店を10店舗厳選してあります。2018年の「実食評価」で候補店を選び、その中から「リピートしたい&記憶に残った」店のみという選りすぐりの店ばかりです。



京都はラーメン店が多いと言われ、おいしいお店も多くあります。一乗寺のようなラーメンストリートもメディアで紹介されて有名なのですが、地元民であればネットやメディアで話題のラーメン店よりも「600円以下で食べられるラーメン」のような地元密着型のラーメン店をよく利用していることでしょう。



この記事は京都のラーメン新店調査や実食レビューに定評のある記者「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。関西・京都の知られざるラーメン店を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくし京都観光やグルメの発展を目指すことが目的です。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。