料理屋てら戸「カレーつけ麺」実食レビュー(京都ラーメン、河原町)

京都・河原町に「カレーつけ麺」が食べられる料理割烹があります。お店の名前は「料理屋てら戸」さん、開業は2019年12月でしたがコロナの影響でしばらく臨時休業となっていました。こちらでは和風出汁が効いた出汁が美味しいカレーつけ麺を食べることができるのです。

京都・河原町の料理割烹が提供する「カレーつけ麺」


京都・河原町の料理割烹「料理屋てら戸」

京都・河原町の料理割烹「料理屋てら戸」

京都・河原町、四条通から富小路通を上がってすぐ左に一軒の料理屋さんがあります。

お店の名前は「料理屋てら戸」さんで、大人の雰囲気を感じる和食割烹です。

2019年9月30日に閉店したカレーつけ麺の「麺屋虎杖(イタドリ)」の後に入ったお店で、2019年12月には開業していたのですがコロナ禍により臨時休業となっていました。

料理割烹なのに「カレーつけ麺」

料理割烹なのに「カレーつけ麺」

そんな「料理屋てら戸」さん、夜はもちろんお刺身などをいただきながら日本酒や焼酎を楽しむお店ではあるものの、ランチに「カレーつけ麺」を提供しています。

麺メニューは大きく「カレーつけ麺(880円)」と「冷やし中華(880円)となっており、カレーつけ麺には「鱧(はも)天ぷら」や「豚しゃぶ」をトッピングすることもできるようになっています。

今回はこの「カレーつけ麺」を食べてまいりました。

料理屋てら戸「カレーつけ麺」実食レビュー


料理屋てら戸「カレーつけ麺」880円

料理屋てら戸「カレーつけ麺」880円

ということで、こちらが料理屋てら戸の「カレーつけ麺」です。

夏野菜と鶏肉に半熟卵がトッピングされた太麺

夏野菜と鶏肉に半熟卵がトッピングされた太麺

値段は税込み880円、夏野菜と鶏肉に半熟卵がトッピングされた太麺が200g程度盛られています。

甘味のあるカレー、カレーに負けない和風出汁が美味しい

甘味のあるカレー、カレーに負けない和風出汁が美味しい

特筆すべきは「カレーのつけ汁」です。

あおさのりが散らしてある小麦粉多めの黄色いカレー、ベースはかつお節の効いた和風出汁でカレーに負けない風味を持っていました。

カレーは甘味があり、昔ながらの蕎麦屋で食べる出汁の効いたカレーそばのような「カレーつけ麺」です。

正直、すごく美味しくて、スープだけでご飯もいけちゃいそうなカレーつけ麺でした。

このお店への行き方や営業時間は?


料理屋てら戸の場所は錦通りもしくは四条通から富小路通を入ったところ

料理屋てら戸の場所は錦通りもしくは四条通から富小路通を入ったところ

では、カレーつけ麺がある「料理屋てら戸」さんの営業情報についてです。

カレーつけ麺は昼のランチメニューですが、夜も提供は可能だそうです。

場所は錦通りもしくは四条通から富小路通を入ったところ。

大丸京都店から近いので、バイクや自転車はそちらに駐輪して行くと便利です。

営業時間は「12時~14時」とはなっていますが、最新情報ではラストオーダーは15時までとなっていました。

〒600-8005 京都府京都市下京区立売東町17−3 富小路四条マンション 103(地図
営業時間:12時~14時、17時~22時
定休日:


今回は、これまで数多く紹介してきたラーメンの中から「至極の一杯」を選びました。珍しくランキング形式を採用、本当にウマい京都のラーメン店を10店舗厳選してあります。2018年の「実食評価」で候補店を選び、その中から「リピートしたい&記憶に残った」店のみという選りすぐりの店ばかりです。



京都はラーメン店が多いと言われ、おいしいお店も多くあります。一乗寺のようなラーメンストリートもメディアで紹介されて有名なのですが、地元民であればネットやメディアで話題のラーメン店よりも「600円以下で食べられるラーメン」のような地元密着型のラーメン店をよく利用していることでしょう。



この記事は京都のラーメン新店調査や実食レビューに定評のある記者「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。関西・京都の知られざるラーメン店を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくし京都観光やグルメの発展を目指すことが目的です。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。