中華そば 萬福 下鳥羽(本店)@京都がリニューアルオープン

今回の「京都ラーメン速報」は、京都市伏見区の下鳥羽にある昔ながらの豚骨醤油の京都ラーメンが食べられる「中華そば 萬福 下鳥羽(本店)」さんへ行って来ました。実はこちら最近リニューアルして店舗が新しくなっています。

中華そば 萬福 下鳥羽(本店)がリニューアルオープン


中華そば 萬福 下鳥羽(本店)がリニューアルオープン

中華そば 萬福 下鳥羽(本店)がリニューアルオープン

京都の下鳥羽にある昔ながらの京都ラーメンのお店「中華そば 萬福 下鳥羽(本店)」さんがリニューアルオープンしていたので行って来ました。

訪問日は2019年10月29日で、その前の数カ月間は工事のためにしばらくお休みをしていました。

四条室町にも同名のお店がありますが、それとは違います。

JR京都駅前とこの下鳥羽に2軒ある京都のラーメン店です。

店内はピカピカで明るくなりました(中華そば 萬福 下鳥羽)

店内はピカピカで明るくなりました(中華そば 萬福 下鳥羽)

リニューアルで店内はピカピカで明るくなりました。

上の写真はカウンター席です。

テーブル席は白木の壁でカジュアルに

テーブル席は白木の壁でカジュアルに

テーブル席は白木の壁でカジュアルに変わっています。

高原にあるオシャレカフェみたいな雰囲気ですね。

メニューに変更はありません

メニューに変更はありません

お店は新しくなってますが、メニューは今までどおりです。

ラーメンは昔ながらの京都ラーメンで、京都人なら食べ慣れた豚骨醤油になります。

ということで、久しぶりに食べてみたいと思います。

中華そば 萬福 下鳥羽(本店)のラーメン


中華そば 萬福 下鳥羽(本店)のラーメン

中華そば 萬福 下鳥羽(本店)のラーメン

こちらが「中華そば 萬福 下鳥羽(本店)のラーメン」です。

1980年から続くいかにも「京都ラーメン」というビジュアルのラーメンです。

もちろん特徴は味わいのある濃いめの出汁、それに合わす香ばしさを感じる醤油(伏見醤油)は京都ラーメンらしく醤油辛さを感じない味わい。

スープは豚骨醤油で京都らしく醤油辛さは控えめ

スープは豚骨醤油で京都らしく醤油辛さは控えめ

京都産の青ねぎ、赤身のチャーシューを使ったラーメンです。

麺は低加水の中太ストレート

麺は低加水の中太ストレート

京都ラーメンなので、麺は定番の「低加水の中太ストレート」を固めに茹でてあります。

コシがありスープをよく吸うので、スープを味わう京都ラーメンによくあう麺です。

焼き飯は平日のみ+270円でセット可能

焼き飯は平日のみ+270円でセット可能

平日(火曜日~土曜日)限定ですが、+270円でセットメニューにすることもできます。

今回は「焼めし」をチョイス。

チャーハンではなく「焼きめし」で、京都ではラーメンに定番の組み合わせです。

ネギとチャーシューが入った焼き飯は具材の味とシッカリと味付けされた焼き飯でなかなかの美味しさです。

京都の焼き飯って、美味しいお店は少ないのですが、ここのは好みでした。

中華そば 萬福 下鳥羽(本店)営業情報


中華そば 萬福 下鳥羽(本店)

中華そば 萬福 下鳥羽(本店)

では「中華そば 萬福 下鳥羽(本店)」さんはどこにあって、いつ営業しているのでしょうか?

場所は京都市伏見区の下鳥羽、第二京阪道路から丹波橋通を西へ入ったところにお店があります。

営業時間は夕方に中休みがあり「11時~16時、17時30分~21時30分」まで。

ただし、日曜と祝日のみ夜は21時で営業終了です。

駐車場と駐輪場があるので立ち寄りやすいのが便利ですね。

京都府京都市伏見区下鳥羽北ノ口町88
営業時間:11時~16時、17時30分~21時30分(日祝は21時まで)
定休日:月曜日
公式サイト:https://www.man-puku.com/


今回は、これまで数多く紹介してきたラーメンの中から「至極の一杯」を選びました。珍しくランキング形式を採用、本当にウマい京都のラーメン店を10店舗厳選してあります。2018年の「実食評価」で候補店を選び、その中から「リピートしたい&記憶に残った」店のみという選りすぐりの店ばかりです。



京都はラーメン店が多いと言われ、おいしいお店も多くあります。一乗寺のようなラーメンストリートもメディアで紹介されて有名なのですが、地元民であればネットやメディアで話題のラーメン店よりも「600円以下で食べられるラーメン」のような地元密着型のラーメン店をよく利用していることでしょう。



この記事は京都のラーメン新店調査や実食レビューに定評のある記者「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。関西・京都の知られざるラーメン店を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくし京都観光やグルメの発展を目指すことが目的です。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。