2020年1月18日オープン 𠮷文 (お好み焼き新店、京都市山科区)

元・日本ハムファイターズと東北楽天ゴールデンイーグルスに在籍していた吉崎勝投手のご実家で京都市山科区でかつて営業していたお好み焼き店「𠮷文」さんが、2020年1月18日にリニューアルして再開しています(4年ぶりくらい)。ラーメンもメニューにあるので食べに行って来ました。

2020年1月18日オープン 𠮷文 (お好み焼き新店)


2020年1月18日オープン 𠮷文 (お好み焼き新店)

2020年1月18日オープン 𠮷文 (お好み焼き新店)

2020年1月18日に新店オープンした京都市山科区のお好み焼き新店「𠮷文」さんへ行って来ました。

日本ハムファイターズと東北楽天ゴールデンイーグルスに在籍していた吉崎勝投手のご実家で、上の写真奥に写っているのがご本人です。

この山科区には他にも元巨人軍の川中基嗣選手も住んでいたりと、なにげに野球が盛んなエリアでもあります。

お好み焼き屋さんではありますが「うどん、ラーメン」もあります

お好み焼き屋さんではありますが「うどん、ラーメン」もあります

実はこちらのお店、お好み焼き屋さんではありますが「うどん、ラーメン」もあります

メニューは「お好み焼き焼きそば鉄板焼うどんラーメン一品ものおでん」とバラエティー豊か。

一品ものには餃子なんかもあったりします。

ということで、今回は「お好み焼き、ラーメン」をいただいてきました。

𠮷文 実食レビュー


お好み焼き(豚肉)

お好み焼き(豚肉)

こちらが𠮷文さんの「お好み焼き(豚肉、550円)」です。

カリカリとした揚げ玉の食感が良く、野菜と豚肉もこんがりとよく焼いていて香ばしいお好み焼きです。

最初からカットしてあるので食べやすく、なかなか美味しいお好み焼きです。

ラーメン(600円)

ラーメン(600円)

ラーメン(600円)は具だくさん。

これはお好み焼きで使っているものだと思いますが、内容は「豚肉もやし青ネギ」がザックリと入っていました。

スープは塩ベースでホッとする味わい、ネギはもう少し細かくカットして、もやしは茹でてあるともっと良いかなと思いました。

ボリュームもあったので、お好み焼きとラーメンを食べたらお腹いっぱいになりました。

麺は多加水でよくあるやつです

麺は多加水でよくあるやつです

店内には野球ボールとかも飾られていて、元野球選手のご実家というのがなんとなく分かるようになっていました。

野球が好きな方なら、吉崎勝投手といろいろとお話してみると良いですね。

𠮷文 はどこにある?


𠮷文 は渋谷街道の六兵ェ池を北に上がったところ

𠮷文 は渋谷街道の六兵ェ池を北に上がったところ

では「𠮷文」さんは山科区のどこにあるお店なのでしょうか?

場所は渋谷街道の六兵ェ池を北に上がったところなので、ご飯屋さんの多い通りから少し離れたところにあります。

三条通からなら「御陵(みささぎ)」の駅のところを南にまっすぐですが、一方通行で自家用車は南下できません(二輪はOK)。

なので、山科駅方面から外環経由で渋谷街道を通った方がわかりやすいです。

バイクや自転車は2台ほど駐輪できるスペースはありますが、駐車場はないので近くのコインパーキングなどを使ってください。

〒607-8351 京都府京都市山科区西野八幡田町5−13
営業時間:12時~14時30分、18時~22時30分
定休日:月曜日、木曜日


今回は、これまで数多く紹介してきたラーメンの中から「至極の一杯」を選びました。珍しくランキング形式を採用、本当にウマい京都のラーメン店を10店舗厳選してあります。2018年の「実食評価」で候補店を選び、その中から「リピートしたい&記憶に残った」店のみという選りすぐりの店ばかりです。



京都はラーメン店が多いと言われ、おいしいお店も多くあります。一乗寺のようなラーメンストリートもメディアで紹介されて有名なのですが、地元民であればネットやメディアで話題のラーメン店よりも「600円以下で食べられるラーメン」のような地元密着型のラーメン店をよく利用していることでしょう。



この記事は京都のラーメン新店調査や実食レビューに定評のある記者「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。関西・京都の知られざるラーメン店を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくし京都観光やグルメの発展を目指すことが目的です。



主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。