ラーメンスンドゥブ を食べに洛北阪急スクエアへ行って来た

皆さんは「ラーメンスンドゥブ」って知っていますか? 私は食べたことがなかったのですが、気軽に京都でラーメンスンドゥブが食べられるお店があるというので行って来ました。お店の名前は「韓国料理 bibim’」さん。2019年12月6日に新店オープンしたフードコートにある韓国料理のお店です。

広告

ラーメンスンドゥブ を食べに洛北阪急スクエアへ行って来た


洛北阪急スクエアに「ラーメンスンドゥブ」がある

洛北阪急スクエアに「ラーメンスンドゥブ」がある

今回の「京都ラーメン速報」は、京都で食べられる「ラーメンスンドゥブ」の実食レビューです。

あまり聞き慣れない言葉ですが、スンドゥブは「豆腐」のこと

上の写真のように鍋で具材の「豆腐野菜やお肉」を煮込んだもので、韓国の定番料理のひとつです。

洛北阪急スクエアにラーメンスンドゥブのお店があります

洛北阪急スクエアにラーメンスンドゥブのお店があります

そのラーメンスンドゥブを食べられるのが2019年12月6日に新店オープンした「洛北阪急スクエア」です。

フードコートに「韓国料理 bibim’ 洛北阪急スクエア店」というお店があって、そこのメニューにラーメンスンドゥブがあります。

スンドゥブに中華麺が入ったものがラーメンスンドゥブ

スンドゥブに中華麺が入ったものがラーメンスンドゥブ

メニューには確かに「ラーメンスンドゥブ」と書かれています。

平たくいえば、スンドゥブに中華麺を入れて食べる料理ですね。

今回は上の写真にある「豚キムチ ラーメンスンドゥブ」というのを注文してみましょう。

ラーメンスンドゥブ 実食レビュー


ラーメンスンドゥブ

ラーメンスンドゥブ

ということで、こちらが「ラーメンスンドゥブ」です。

メニュー写真と大きく違う感じもしますが(よくあることなので)気にしないことにします。

具材は「卵・豆腐・玉ねぎ・ネギ、しいたけ、豚キムチ

具材は「卵・豆腐・玉ねぎ・ネギ、しいたけ、豚キムチ

具材は「豆腐玉ねぎネギしいたけ豚キムチ」と結構盛りだくさんです。

そのスンドゥブに中華麺が入ったものが「ラーメンスンドゥブ」です。

スンドゥブに中華麺が入っています

スンドゥブに中華麺が入っています

ベースがあさりで優しい味わいのスープ。

今回は辛さ調整で「辛さ全くなし」を選んだので、さらにアッサリという感じがしました。

普通に美味しいかなという感じでしたが、ラーメンスンドゥブを食べることができたので満足でした。

なお、値段はこれで1000円。

ちょっと内容と値段が合わないかもしれませんね。

韓国料理 bibim’ 洛北阪急スクエア店


韓国料理 bibim' 洛北阪急スクエア店

韓国料理 bibim’ 洛北阪急スクエア店

ということで、この「ラーメンスンドゥブ」を食べてみたい方は、洛北阪急スクエア2階のフードコートにある「韓国料理 bibim’」さんへ行けば食べることができます。

2019年12月6日に新店オープンしたばかりで、地元の方には「カナート洛北」として親しまれてきたショッピングモールです。

リニューアルして名称が「洛北阪急スクエア」と変わっています。

駐車場や駐輪場が完備なので便利。

中にはスターバックスやスーパーに各種テナントも入っているので色々と見て回ると楽しいと思います。

京都府京都市左京区高野西開町36
営業時間:10時~20時
定休日:なし
公式サイト:https://hankyu-square.jp/


今回は、これまで数多く紹介してきたラーメンの中から「至極の一杯」を選びました。珍しくランキング形式を採用、本当にウマい京都のラーメン店を10店舗厳選してあります。2018年の「実食評価」で候補店を選び、その中から「リピートしたい&記憶に残った」店のみという選りすぐりの店ばかりです。



京都はラーメン店が多いと言われ、おいしいお店も多くあります。一乗寺のようなラーメンストリートもメディアで紹介されて有名なのですが、地元民であればネットやメディアで話題のラーメン店よりも「600円以下で食べられるラーメン」のような地元密着型のラーメン店をよく利用していることでしょう。



この記事は京都のラーメン新店調査や実食レビューに定評のある記者「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。関西・京都の知られざるラーメン店を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくし京都観光やグルメの発展を目指すことが目的です。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。