中国料理 瑞秦 (ずいしん)@京都市山科区にある本格中国料理の名店

京都市山科区(椥辻)にある隠れた名店「中国料理 瑞秦 (ずいしん)」さんで本格中国料理を食べて来ました。ラーメンもあるお店ですが、今回は寒い冬なので「揚げそば」をチョイス。中華料理とまた違う本格中国料理を味わえるお店です。

京都市山科区にある本格中国料理の名店「中国料理 瑞秦 (ずいしん)」


本格中国料理の名店「中国料理 瑞秦 (ずいしん)」の揚げそば

本格中国料理の名店「中国料理 瑞秦 (ずいしん)」の揚げそば

今回の「京都ラーメン速報」は、京都市山科区にある本格中国料理の名店「中国料理 瑞秦 (ずいしん)」さんへ行って来ました。

中華料理ではありません「中国料理」です。

日本人の味に合わせた和風中国料理が「中華料理」ですが、中国料理は中国の味です。

上の写真は「揚げそば」で、淡麗な味わいの美味しい揚げそばです。

メニューにはラーメンもあります

メニューにはラーメンもあります

ラーメンもあって、単品は650円。

ラーメンセットが豊富で、チャーハンセットは1200円になっています。

カレーチャーハンがある!

カレーチャーハンがある!

ラーメンは5種類、チャーハンには「カレーチャーハン」がありました。

これ、京都ではなかなか見かけないんですよねぇ~。

ラーメン 650円
チャーシュー麺 820円
味噌ラーメン 750円
チャンポン麺 750円
野菜ラーメン 750円
中華やきそば 750円
揚げそば 750円
炒飯 650円
海老炒飯 750円
カレー炒飯 750円
中華丼 750円
天津飯 750円
麻婆丼 750円
炒肉飯 800円
スタミナ丼 800円

山科区の「中国料理 瑞秦」で揚げそばを食べてみた


山科区の椥辻、住宅街の奥にあります

山科区の椥辻、住宅街の奥にあります

この「中国料理 瑞秦」さんは山科区にあると書きましたが、分かりやすくいうと「椥辻(なぎつじ)」の住宅街の奥にあります。

地元の方はよく通られる道だと思いますが、かなり細い道の奥で入り組んだところにあるので分かりづらい場所です。

ラーメンは650円、餃子は320円

ラーメンは650円、餃子は320円

店頭には暖簾とメニュー看板があり、赤い目立つ看板もあるので通ればすぐに分かります。

ただ、地元の方以外は間違っても通らない細い道です。

山科区の住宅街の奥にある「中国料理 瑞秦」さん、名店っぽい雰囲気が漂う店内

山科区の住宅街の奥にある「中国料理 瑞秦」さん、名店っぽい雰囲気が漂う店内

入店すると、なにやら名店の雰囲気が漂う店内です。

営業終了間際でしたが、明るく元気なオーナーさんが電気を付けて営業状態にしてくれました。

寒い時期には温まるのが揚げそば

寒い時期には温まるのが揚げそば

ラーメンもあるのですが、寒い時期なので「揚げそば」をチョイス。

中華料理の味ではなく、本格中国料理の味わいで食材の風味を楽しむタイプです。

本格中国料理の味わい

本格中国料理の味わい

麺は平打ちの太麺を揚げたもので香ばしさが引き立ちます。

以前食べた「みその橋サカイ」さんの揚げそばのように甘い味わいではありません。

本格的な八角の香り漂う餃子です

本格的な八角の香り漂う餃子です

横浜中華街なんかに行くとありますが、餃子も八角の香り漂う本格的な餃子でした。

他にも気になるメニュー「中華焼そば」と「カレー炒飯」があったので、また食べに行きたいです。

中国料理 瑞秦 (ずいしん)はどこにある?


隠れた名店と称される「中国料理 瑞秦 (ずいしん)」

隠れた名店と称される「中国料理 瑞秦 (ずいしん)」

では、この隠れた名店と称される「中国料理 瑞秦 (ずいしん)」さんはどこにあるのでしょうか?

前述のように山科区の椥辻にあるのですが、外環自動車道の椥辻駅の北側にある交差点(椥辻)を東へ入って、並河整形外科のところを北へ上がります。

一筋目を左折し、どんつきで北上、さらに一筋目で左折という・・・・

言葉で説明するとわからない場所なので、地図を見て行ってください。

椥辻駅からなら歩いて10分くらいだと思います。

京都府京都市山科区椥辻西浦町38−9
営業時間:11時30分~14時30分、17時~20時50分
定休日:火曜日
広告


今回は、これまで数多く紹介してきたラーメンの中から「至極の一杯」を選びました。珍しくランキング形式を採用、本当にウマい京都のラーメン店を10店舗厳選してあります。2018年の「実食評価」で候補店を選び、その中から「リピートしたい&記憶に残った」店のみという選りすぐりの店ばかりです。



京都はラーメン店が多いと言われ、おいしいお店も多くあります。一乗寺のようなラーメンストリートもメディアで紹介されて有名なのですが、地元民であればネットやメディアで話題のラーメン店よりも「600円以下で食べられるラーメン」のような地元密着型のラーメン店をよく利用していることでしょう。



この記事は京都のラーメン新店調査や実食レビューに定評のある記者「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。関西・京都の知られざるラーメン店を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくし京都観光やグルメの発展を目指すことが目的です。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。