2019年9月14日オープン DETAIL RAMEN (ディテール・ラーメン、京都・東山、新店)

京都の東山駅近くにラーメン新店「DETAIL RAMENディテール・ラーメン)」さんが2019年9月14日に新店オープンしています。ラーメンは鶏ベース、濃厚スープに「背脂醤油、塩、ハーフ&ハーフ、ゆずこしょう」の4つのラーメンが楽しめるラーメン店です。

広告

2019年9月14日オープン DETAIL RAMEN (ディテール・ラーメン)


2019年9月14日オープン DETAIL RAMEN (ディテール・ラーメン)

2019年9月14日オープン DETAIL RAMEN (ディテール・ラーメン)

京都の東山駅から徒歩数分の場所に、なんとラーメン新店が開業しています。

お店の名前は「DETAIL RAMEN (ディテール・ラーメン)」さん、開店日は2019年9月14日オープンとホヤホヤの新店です。

ラーメンは鶏ベース「背脂醤油、塩、ゆずこしょう」の3種類

ラーメンは鶏ベース「背脂醤油、塩、ゆずこしょう」の3種類

ラーメンは鶏ベースのものが3種類。

種類は「背脂醤油(RED)、(WHITE)、ゆずこしょう」があって、背脂醤油と塩の両方を楽しめる「RED&WHITE」というラーメンも提供されています。

見た感じ、濃厚系のスープでかなり期待大なラーメンだと思われました。

麺は背脂醤油(RED)が「ストレート細麺」で、塩(WHITE)が「ストレート中太麺」とスープによって使い分けられているところも良さげです。

DETAIL RAMEN (ディテール・ラーメン)は東山駅と蹴上駅の間、三条通沿いにあります

DETAIL RAMEN (ディテール・ラーメン)は東山駅と蹴上駅の間、三条通沿いにあります

お店は東山駅と蹴上駅の間、三条通沿いで東山駅から徒歩5分かからない場所です。

少し前に「HOTEL MATERIAL」というホテルが開業していて、その一階になります。

カフェみたいな内装です

カフェみたいな内装です

一階は当初はカフェ・レストランだったのですが、2019年9月14日にラーメンに業態変更されたのだそうです。

席はカウンター8席ほど、コーヒーもあるのでオシャレな「ラーメンカフェ」と言えるかもしれません。

DETAIL RAMEN 実食レビュー


RED&WHITE 1200円(背脂醤油+塩)

RED&WHITE 1200円(背脂醤油+塩)

今回は「RED&WHITE 1200円」を食べてみることにしました。

こちらは「背脂醤油(半玉)+塩(半玉)」を一度に楽しめるラーメンで、レビューにはもってこいのやつです。

左が「背脂醤油(鶏清湯)」で右が「塩(鶏白湯)」です

左が「背脂醤油(鶏清湯)」で右が「塩(鶏白湯)」です

左が「背脂醤油」で鶏ガラ出汁に背脂と一味を浮かべた京都ラーメンらしい一杯。

右は「」で、こちらは濃厚なややゼラチンっぽさも感じるスープで白湯になっています。

どちらも京都ではとてもメジャーなラーメンで、京都らしいラーメンを食べたい観光客の方に向いています。

背脂醤油


背脂醤油は一味ほんのり辛さ控えめのもの

背脂醤油は一味ほんのり辛さ控えめのもの

背脂醤油は一味がほんのり効いた味わいで、醤油辛さは京都らしく控えめにしたスープです。

鶏出汁はよく出ていて、いわゆる京都の「コッサリ」と言われる系のラーメン。

どこかで食べたことのある味わいです。

ストレート細麺

ストレート細麺

背脂醤油ではストレート細麺を使用。

こちらも京都では定番の麺ですね。


鶏白湯はコッテリとしたタイプ

鶏白湯はコッテリとしたタイプ

鶏白湯はゼラチンも少し感じるコッテリ味です。

よく出来たスープですが、どちらのスープもどこかで食べた味わいです。

麺は京都では多く見かけるストレート中太麺

麺は京都では多く見かけるストレート中太麺

麺は京都では多く見かけるストレート中太麺です。

厨房を見てすぐに気が付きましたが、麺もスープも「宝産業」さんのラーメンに似ていましたね。

DETAIL RAMEN (ディテール・ラーメン)メニューと値段


DETAIL RAMEN (ディテール・ラーメン)メニューと値段

DETAIL RAMEN (ディテール・ラーメン)メニューと値段

では、DETAIL RAMEN (ディテール・ラーメン)さんのメニューと値段についてです。

サイズが3種類「レギュラー、ラージ、スモール」あり、それぞれで値段が少し異なります。

以下にレギュラーサイズの税込み価格を表記しておきます。

なお「RED&WHITE」は半玉+半玉で1玉のみのサイズだけになります。

背脂醤油(RED) 780円
塩(WHITE) 850円
ゆずこしょう 780円
RED&WHITE 1200円

DETAIL RAMEN (ディテール・ラーメン)営業情報


DETAIL RAMEN (ディテール・ラーメン)店舗外観写真

DETAIL RAMEN (ディテール・ラーメン)店舗外観写真

それでは「DETAIL RAMEN (ディテール・ラーメン)」さんの場所や営業時間についてです。

住所は「京都府京都市東山区中之町210−4」で、三条通を蹴上駅方面に歩いていくと岡崎通に接続する手前に外観の黒い「MATERIAL HOTEL」というのが見えますので、その一階です。

営業時間は「11時30分~15時30分」で、定休日は「不定休」となっています。

運営は「株式会社ゴールドラッシュ」さんでした。

京都府京都市東山区中之町210−4
営業時間:11時30分~15時30分
定休日:不定休


今回は、これまで数多く紹介してきたラーメンの中から「至極の一杯」を選びました。珍しくランキング形式を採用、本当にウマい京都のラーメン店を10店舗厳選してあります。2018年の「実食評価」で候補店を選び、その中から「リピートしたい&記憶に残った」店のみという選りすぐりの店ばかりです。



京都はラーメン店が多いと言われ、おいしいお店も多くあります。一乗寺のようなラーメンストリートもメディアで紹介されて有名なのですが、地元民であればネットやメディアで話題のラーメン店よりも「600円以下で食べられるラーメン」のような地元密着型のラーメン店をよく利用していることでしょう。



この記事は京都のラーメン新店調査や実食レビューに定評のある記者「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。関西・京都の知られざるラーメン店を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくし京都観光やグルメの発展を目指すことが目的です。



主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。