月彩ラーメン @京都・木屋町「京丹後地鶏と甘鯛の割烹ラーメン」実食レビュー

今回の「京都ラーメンブログ」は二毛作ラーメンのひとつ、割烹が作る「月彩ラーメン(かっさいラーメン)」を食べて来ました。河原町には特にこの「二毛作ラーメン」は多く、まだ紹介していないお店がいくつかあるのを把握しています。今回はそのひとつで京丹後地鶏と甘鯛の月彩ラーメンを紹介します。

広告

京丹後地鶏と甘鯛のラーメン「月彩ラーメン」


割烹に「麺」と書かれたノボリが!ソーメン?いえ、ラーメンです!

割烹に「麺」と書かれたノボリが!ソーメン?いえ、ラーメンです!

京都の木屋町、高瀬川沿いを歩いていたところ、見たことがないラーメンがありました。

名前は「月彩ラーメン」で、これで「かっさいらーめん」と読むそうです。

こちら、普段は割烹なのですが、1年半ほど前からランチにだけラーメンを提供されているとのこと。こういった二毛作ラーメンのお店、実は四条・河原町にいくつもあって、まだまだ紹介していないラーメンがあります。

今回は、そんな隠れたラーメン「月彩ラーメン(かっさいラーメン)」を食べて来ましたので実食レビューしたいと思います。

きちんと説明されているので分かりやすいです(月彩ラーメン)

きちんと説明されているので分かりやすいです(月彩ラーメン)

ちなみに、元は月彩鍋という山原島豚のしゃぶしゃぶに入れていた〆のラーメンがあったそうですが、それが好評でラーメンをランチ販売されるようになったとか。

ランチ(11時30分~14時)だけの時間限定で、スープは前述の豚ではなく「京丹波地鶏+甘鯛」の和風スープです。

京都らしく「山椒」をふりかけて食べるラーメンで、京都らしい一杯と言えます。

月彩ラーメン(かっさいラーメン)実食レビュー


お店は鴨川と高瀬川の間にあり、川床(かわゆか)もある店内(月彩)

お店は鴨川と高瀬川の間にあり、川床(かわゆか)もある店内(月彩)

お店の名前はラーメン名にもなっている「月彩(かっさい)」さんというお店です。

鴨川と高瀬川の間にあり、川床(かわゆか)もある店内ですが、基本はカウンターでいただく割烹スタイルです。

月彩ラーメンは920円から、もちろん観光地価格ではありますが、食材も当然良いものでしょうし、これくらいはするはずです。

月彩ラーメン(920円)、甘鯛の風味が強い和風ラーメン

月彩ラーメン(920円)、甘鯛の風味が強い和風ラーメン

ということで、こちらが「月彩ラーメン(920円)」です。

和風ラーメンで、甘鯛の風味が強めのスープの中に京丹波地鶏の旨味を感じる一杯になっていました。

トッピングは「白ねぎチャーシュー煮玉子ちりめん山椒」と、ちりめん山椒を使っているのが特徴的でした。

ちなみに、ちりめん山椒は有名な「はれま」さんのもの。

京都のちりめん山椒って大まかに2種類あって、はれまさんのような「しっとりタイプ」と三宝庵さんのような乾燥タイプのものがあります(詳しくはこちらの記事に記載)。

スープは塩でスッキリしてますが甘鯛が濃いめです

スープは塩でスッキリしてますが甘鯛が濃いめです

スープは塩ダレ、味付けはやや強めですが、甘鯛の風味が強いのでさほど気になりませんでした。

このスープなら醤油ダレで香ばしさをプラスしてもスープを損ねないレベルの濃さがありました。

麺はカタメ、30秒ほど茹でが足りない感じがします

麺はカタメ、30秒ほど茹でが足りない感じがします

麺は棣鄂(ていがく)、それをかなりカタメに茹でてありました。

関西人に合わせたカタメだとは思うのですが、もう少しだけ茹でたほうが良さそうな感じです。

特に、このエリアが観光地ということを考慮すれば、麺の固さは指摘されそうな気がしました。

月彩ラーメン メニューと値段


メニューと値段(月彩ラーメン

メニューと値段(月彩ラーメン

前述のように、月彩ラーメンの値段は920円です。

京丹波地鶏と甘鯛なので、一般的な京都ラーメンよりも少し高めの設定ですが、場所が場所だけに普通の値段かなと思います。

そもそも、飲食の場合は「高い、安い」は安易に言えるものではありません。

他のレビューなんか見てると簡単に「高い」とか書いてありますが、食材の質、場所の値段、回転率、薄利多売なのかそうではないのかなどは店によって様々です。

ここのラーメンをラーメン二郎のコスパと比較して「高い」とか言うのは愚の骨頂というのはわかりますよね?

月彩ラーメン 920円
半玉・月彩ラーメン 650円
大盛・月彩ラーメン 1080円
おつまみ皿 540円
チャーシュー皿 540円
ごはん 160円
味玉子 100円
ちりめん山椒追加 130円

月彩ラーメン 営業時間とアクセス方法


月彩ラーメン、四条大橋西詰の高瀬川を南へ下ったところです

月彩ラーメン、四条大橋西詰の高瀬川を南へ下ったところです

では「月彩ラーメン」の営業時間とアクセス方法についてです。

お店は割烹「月彩」なので夜営業もありますが、ラーメンは昼営業のみなので営業時間は「11時30分~14時」となっています。

定休日は「日曜日」なので、食べに行きやすいのは土曜日ですね。

場所はマルイと四条大橋西詰の間にある高瀬川沿いの道を南へ下がったところです。

団栗橋を越えて少し南側にお店があります。

京都府京都市下京区天王町144
営業時間:11時30分~14時
定休日:日曜日
公式サイト:http://www.kyoto-kassai.com/
広告


今回は、これまで数多く紹介してきたラーメンの中から「至極の一杯」を選びました。珍しくランキング形式を採用、本当にウマい京都のラーメン店を10店舗厳選してあります。2018年の「実食評価」で候補店を選び、その中から「リピートしたい&記憶に残った」店のみという選りすぐりの店ばかりです。



京都はラーメン店が多いと言われ、おいしいお店も多くあります。一乗寺のようなラーメンストリートもメディアで紹介されて有名なのですが、地元民であればネットやメディアで話題のラーメン店よりも「600円以下で食べられるラーメン」のような地元密着型のラーメン店をよく利用していることでしょう。



この記事は京都のラーメン新店調査や実食レビューに定評のある記者「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。関西・京都の知られざるラーメン店を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくし京都観光やグルメの発展を目指すことが目的です。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。