2019年8月5日オープン タンメンと餃子KIBARU (キバル)

京都の四条烏丸にタンメンと餃子の店「タンメンと餃子KIBARU(キバル)」が2019年8月5日に開業しました。「タンメン」は関東ではよく見るけど京都ではほぼ見かけないタイプのラーメンです。ただし「京都タンメン」という新ジャンルで醤油味のタンメンになっています。

広告

2019年8月5日新店オープン タンメンと餃子KIBARU


2019年8月5日新店オープン タンメンと餃子KIBAR

2019年8月5日新店オープン タンメンと餃子KIBAR

2019年8月5日京都にタンメンのお店が新店オープンです。

お店の名前は「タンメンと餃子KIBARU」さん、関東ではよく見かけるタンメンをアレンジしたラーメンのお店です。

実は京都というか関西にはタンメンがメニューにないんです。

そのため、京都の方に「タンメン」と言っても分からないと思いますので簡単に説明すると・・・・

鶏ガラ+野菜スープの風味よく感じられる塩ラーメンで、炒めた野菜がトッピングされたラーメンです。

・野菜やキクラゲが入っている鶏ガラ+野菜スープのラーメン
・うずらの卵などもよく入っている
・関東ではメジャーだけど京都でほぼ見かけない
・関西では「ちゃんぽん」がよく似ているが味は異なる
・餃子の王将に「味噌タンメン」というのはある

京都タンメンはタンメンにあらず


これが「京都タンメン」

これが「京都タンメン」

では、2019年8月5日に新店オープンした「タンメンと餃子KIBARU(キバル)」のタンメンはどのようなものなのでしょうか。

東京在住時には、中華料理屋さんで食べるものといえばタンメンだったので、タンメンは大好物です。

しかし、出てきたタンメン(上の写真)を見る感じでは・・・・

タンメンではありませんでした。

↓↓ 京都で本格的なタンメンを食べたいなら以下の記事をご覧ください! ↓↓


関西では珍しいタンメン(湯麺)が2019年12月10日放送の『マツコの知らない世界』で紹介されるそうです。京都でもほぼ見かけないタンメン、関東ではとてもメジャーなラーメンのひとつです。関西ではチャンポンが似たラーメンのひとつですが、実は京都でも本格的なタンメン(湯麺)が珉珉(みんみん)四条店にあるのです。


スープは醤油味、この時点でタンメンではありません

スープは醤油味、この時点でタンメンではありません

スープは鶏ガラ。

本来のタンメンは塩味ですが、なぜか醤油味になっています。

タンメンの特徴である「スープ本来の味を楽しむ」という最大の見せ場が醤油で覆い隠されていました。

さらに、とても醤油辛く仕上げてあって「辛いな」と思いながら食べました。

なぜか細めの平打麺、タンメンらしさがありません

なぜか細めの平打麺、タンメンらしさがありません

そして、驚いたのは麺が細い平打ち麺(カップヌードルの麺みたいなやつ)だったことです。

タンメンは太い丸麺で食べるから美味しいのであって、細麺を合わせた意味がまったく分かりません。

タンメンの野菜はシャキシャキしてなくてはいけません

タンメンの野菜はシャキシャキしてなくてはいけません

さて、タンメンは野菜が盛ってあるのですが、最大の特徴は野菜がシャキシャキしていることです。

今回食べた「タンメンと餃子KIBARU」さんのタンメンは煮込みすぎというか焼き過ぎというかシャキシャキ感がありません。

本来のタンメンは「白菜、人参、もやし、玉ねぎ、ニラ、きくらげ」が中華味で下味をつけて、とても風味が良くシャキシャキしたものなのですが、まったく別物の味がしました。

さらに、なぜ辛味噌をのせたのか?

タンメンには不必要なものです。

タンメンではなく京都タンメンだそうです

タンメンではなく京都タンメンだそうです

ということで「タンメンと餃子KIBARU」さんのタンメンはタンメンに非ずです。

ちなみに、お店ではタンメンではなく「京都タンメン」だと説明書きがありました。

しかし、タンメン的な要素は感じられず、タンメンを名乗る必要があるのかといえば大いに疑問が残るラーメンでした。

タンメンと餃子KIBARU メニューと値段


タンメンは650円から

タンメンは650円から

では、タンメンと餃子KIBARU さんのメニューと値段についてです。

タンメンは650円から、他には冷やし中華もあります。

サイドメニューは餃子や唐揚げなど、おつまみなどもあるので夜には飲み屋としても使えそうです。

今回はタンメン(並)+餃子セットを注文

今回はタンメン(並)+餃子セットを注文

タンメン(並)650円
タンメン(大)750円
冷やし中華 750円
餃子 7個 320円(セットなら+250円でライスと餃子5個)
唐揚げ 450円

タンメンと餃子KIBARU 営業時間とアクセス方法


タンメンと餃子KIBARU 四条烏丸から西へ数分のところです

タンメンと餃子KIBARU 四条烏丸から西へ数分のところです

では、この「タンメンと餃子KIBARU」さんはどこにあるのでしょうか。

場所は四条烏丸で「やよい軒 四条烏丸店」の近くです。

営業時間は「11時~23時」まで、ビジネスホテルも多いエリアなので遅くまで営業するようでした。

京都府京都市下京区郭巨山町30
営業時間:11時~23時
定休日:不定休
公式Instagram:https://www.instagram.com/kibaru_kyoto/


今回は、これまで数多く紹介してきたラーメンの中から「至極の一杯」を選びました。珍しくランキング形式を採用、本当にウマい京都のラーメン店を10店舗厳選してあります。2018年の「実食評価」で候補店を選び、その中から「リピートしたい&記憶に残った」店のみという選りすぐりの店ばかりです。



京都はラーメン店が多いと言われ、おいしいお店も多くあります。一乗寺のようなラーメンストリートもメディアで紹介されて有名なのですが、地元民であればネットやメディアで話題のラーメン店よりも「600円以下で食べられるラーメン」のような地元密着型のラーメン店をよく利用していることでしょう。



この記事は京都のラーメン新店調査や実食レビューに定評のある記者「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。関西・京都の知られざるラーメン店を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくし京都観光やグルメの発展を目指すことが目的です。



主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。