らーめん鶴武者 @京都・西院「自家製麺の豚・鶏・野菜ラーメン」実食レビュー

京都・西院の人気ラーメン店「らーめん鶴武者」へ行って来ました。鶏白湯のラーメンと和風ラーメンがあり、このエリアでは人気のあるお店です。麺は自家製麺、トッピングもひとつひとつにこだわりを感じるお店で根強いファンがいます。今回はこの「らーめん鶴武者」で一番人気の「ちゃーしゅー麺」を食べて来ました。

広告

京都・西院の人気ラーメン店「らーめん鶴武者」へ行って来ました


らーめん鶴武者で一番人気の「ちゃーしゅー麺」

らーめん鶴武者で一番人気の「ちゃーしゅー麺」

今回の「京都ラーメンブログ」は、京都は西院にある人気ラーメン店「鶴武者」さんの紹介です。

こちら、駐車場と駐輪場があるので行きやすいお店で、丁寧な仕事を感じるラーメンを食べることができます。

四条通から春日通り(佐井通)を下がったところにあるラーメン店(鶴武者)

四条通から春日通り(佐井通)を下がったところにあるラーメン店(鶴武者)

北海道小麦と京都小麦をブレンドして自家製麺しています

北海道小麦と京都小麦をブレンドして自家製麺しています

ラーメンは自家製麺で「豚・鶏・野菜出汁」の合わせ出汁。

レアチャーシューは肉の旨味が凝縮されたもので、肩ロースを低温真空調理するというこだわりのものになっています。

今回は、鶴武者さんの一番人気「ちゃーしゅー麺」を食べてきたので実食レビューしたいと思います。

らーめん鶴武者 一番人気の「ちゃーしゅー麺」を実食レビュー


白湯だけどアッサリした見た目、でも風味はよくでています

白湯だけどアッサリした見た目、でも風味はよくでています

ちゃーしゅー麺のスープは「近江の丸鶏に鶏ガラ、さらに豚骨と野菜を炊き上げた鶏白湯」をベースにした基本となるラーメンのものです。

それにレアチャーシューを京都らしく丼の縁に花びらのように並べてあります。

他にも「和風らーめん」があるのですが、そちらは魚介(昆布、貝柱、スルメ、干ししいたけ、鰹節、さば節、メジカ節、ウルメイワシ節)をベースに鶏白湯を加えたスープです。

いわゆる「複雑系スープ」で風味が高まるのが特徴です。

ラーメンダレはアッサリとした塩ダレです

ラーメンダレはアッサリとした塩ダレです

ラーメンがアッサリに見えるのは塩ダレを使っているからです。

乾物の「あさり、かき」などで出汁をとり、それに「赤穂の塩伯方の塩モンゴル岩塩」を加えています。

そのためキリッとした塩辛さをスープから感じました。

京都産小麦と北海道産小麦のブレンド、伸びのあるコシがあります

京都産小麦と北海道産小麦のブレンド、伸びのあるコシがあります

麺は自家製麺で、京都産小麦と北海道産小麦のブレンド、伸びのあるコシがあり、それを茹でる前に手もみしてあります。

個性がありすぎるのでスープより主張が強くなっていました。

脂身の少ない肩ロースでハムのような旨味

脂身の少ない肩ロースでハムのような旨味

レアチャーシューは低温調理されたもので、脂身の少ない真空調理をしたものです。

一般的なチャーシューのように味付けがされた感じではなく、ハムのような味わいです。

メンマも筋が切ってあり、ものすごく柔らかく調理されているなど、トッピングも麺もそれぞれに個性があるのが「鶴武者」の特徴と言えます。

らーめん 800円
和風らーめん 800円
つけ麺 900円
ちゃーしゅー麺 1050円
和風ちゃーしゅー麺 1050円
ちゃーしゅー麺 1150円

らーめん鶴武者 営業時間や定休日


らーめん鶴武者(外観)

らーめん鶴武者(外観)

それでは、この西院にある個性的なラーメンを提供する「らーめん鶴武者」さんの営業時間やアクセス方法についてです。

営業時間は「11時30分~14時、18時~21時」で、金曜日が定休日です。

西院駅から春日通りを南へ、徒歩5分ほど歩くと左手にお店があります。

駐車場2台分、自転車がバイクを駐輪するスペースもあり、きちんと駐車場を確保して偉いなと思いました。

京都府京都市右京区西院矢掛町28−2
営業時間:11時30分~14時、18時~21時
定休日:金曜日
公式サイト:http://tsurumusya.com/


今回は、これまで数多く紹介してきたラーメンの中から「至極の一杯」を選びました。珍しくランキング形式を採用、本当にウマい京都のラーメン店を10店舗厳選してあります。2018年の「実食評価」で候補店を選び、その中から「リピートしたい&記憶に残った」店のみという選りすぐりの店ばかりです。



京都はラーメン店が多いと言われ、おいしいお店も多くあります。一乗寺のようなラーメンストリートもメディアで紹介されて有名なのですが、地元民であればネットやメディアで話題のラーメン店よりも「600円以下で食べられるラーメン」のような地元密着型のラーメン店をよく利用していることでしょう。



この記事は京都のラーメン新店調査や実食レビューに定評のある記者「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。関西・京都の知られざるラーメン店を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくし京都観光やグルメの発展を目指すことが目的です。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。