2019年5月1日新店オープン 祇園白川ラーメン (京都・古川町商店街)

2019年5月1日に新店オープンする「祇園白川ラーメン」さんへ行って来ました。こちらでは「味噌ラーメン」と「醤油ラーメン」を食べることができ、味噌は札幌味噌ラーメンを京都人向けにした味付け、醤油は魚介+鶏ベースの醤油の風味豊かなラーメンになっていました。オープンまではプレ営業されており、ネット最速で「祇園白川ラーメン」さんのラーメンを実食レビューしたいと思います。

広告

古川町商店街に「祇園白川ラーメン」が2019年5月1日新店オープン


祇園白川ラーメン、古川町商店街で2019年5月1日新店オープン

祇園白川ラーメン、古川町商店街で2019年5月1日新店オープン

京都に新しいラーメン店が新店オープンです。

お店の名前は「祇園白川ラーメン」で、その名の通り「祇園白川」のすぐ近くに開業しました。

オープン日は2019年5月1日で、場所は昔ながらの商店街「古川町商店街」を南から入ったすぐ左側になります。

祇園白川ラーメンは祇園白川のすぐ近くにあるラーメン店です

祇園白川ラーメンは祇園白川のすぐ近くにあるラーメン店です

札幌すすきのでラーメン修行されて京都でラーメン店を開業(祇園白川ラーメン)

札幌すすきのでラーメン修行されて京都でラーメン店を開業(祇園白川ラーメン)

こちらでは札幌すすきのにある「らーめん札幌 直伝屋」でラーメン修行された方が作った味噌ラーメンと醤油ラーメンを食べることができるんです。

地元の京都の方には辛い味噌ラーメンは苦手という方は多いと思いますが、ご安心ください。

祇園白川ラーメンでは京都人の味覚に合うように調合された味噌を使っており、とても食べやすい味噌ラーメンになっているからです。

祇園白川ラーメン のラーメンについて


祇園白川ラーメン メニューと値段

祇園白川ラーメン メニューと値段

祇園白川ラーメンでは「味噌ラーメン」と「醤油ラーメン」が基本メニューになっています。

味噌は普通のものと辛味噌の2種類あり、豚骨ベースに味噌をオリジナルブレンドしたものです。

醤油は鶏と魚介ベースのラーメンで深みのある醤油ながら出汁の風味を感じられる京都人好みのラーメンになっていました。

値段は700円~800円、サイドメニューに唐揚げやチャーシュー丼をセットにすることもできます。

味噌ラーメン 800円
醤油ラーメン 700円
辛味噌ラーメン 900円
チャーシュー丼 500円
唐揚げ(5個)400円
ライス 200円

味噌ラーメン


味噌ラーメン(800円)

味噌ラーメン(800円)

味噌ラーメン(800円)は豚骨ベースに、数種類の味噌をブレンドしたふんわり優しい味わいの味噌ラーメンです。

札幌の味噌ラーメンがベースですが、そのままの味だと関西人には辛すぎるので、辛くならないように味噌が調合されています。

数種類の味噌をブレンドしたふんわり優しい味わいの味噌ラーメン

数種類の味噌をブレンドしたふんわり優しい味わいの味噌ラーメン

トッピングは「水菜メンマチャーシュー生姜」とオリジナリティあふれる内容です。

シャキシャキとした水菜や生姜を使っているところが京都らしいですね。

麺は中太麺で関西の製麺所のものを採用

麺は中太麺で関西の製麺所のものを採用

札幌ラーメンというよりも創作味噌ラーメンになっており、出汁も関西人の好みにあうようになっています。

スープの美味しい味噌ラーメンになっていましたよ。

醤油ラーメン


醤油ラーメン(700円)

醤油ラーメン(700円)

もうひとつがこちらの「醤油ラーメン(700円)」です。

先ほどの味噌ラーメンとは異なり、濃いめの醤油ダレで合わせた魚介+鶏ベースのスープになっていました。

濃いめの醤油ダレで合わせた魚介+鶏ベースのスープ

濃いめの醤油ダレで合わせた魚介+鶏ベースのスープ

濃いめといっても関西人好みの出汁の風味を感じられるスープで醤油ダレはまろやかな味わいです。

麺は京都らしいパツパツの中細麺、トッピングは「青ねぎメンマチャーシュー」となっていました。

京都らしいパツパツの中細麺

京都らしいパツパツの中細麺

こちらもなかなか美味しいラーメンになっていました。

チャーシューがよく出来ており、スープの中にあるほんのりとした甘みとよく合う美味しいチャーシューでした。

祇園白川ラーメン 営業時間と定休日


祇園白川ラーメン、店内は4人テーブルひとつ、カウンター10席

祇園白川ラーメン、店内は4人テーブルひとつ、カウンター10席

さて、2019年5月1日に新店オープンする「祇園白川ラーメン」さん、4月28日の12時からプレオープンされており、12時の開店と同時に訪問してきました。

2019年5月1日からの営業時間は「10時~23時(L.O.22時)」となっています。

プレ期間は100円引きになっていますので、ぜひ食べに行ってみてください。

京都府京都市東山区稲荷町北組567−26
営業時間:10時~23時(L.O.22時)
定休日:不定休

祇園白川ラーメン アクセス方法

では「祇園白川ラーメン」さんへの行き方(アクセス方法)についてです。

前述のように祇園白川沿いにある「古川町商店街」にあるラーメン店で、住所は「京都府京都市東山区稲荷町北組567−26」となっています。

観光名所「白川一本橋」から左へ入ると古川町商店街で、商店街入って10メートルほど先の左側にお店があります。

八坂神社からも徒歩5分かからない場所です。


今回は、これまで数多く紹介してきたラーメンの中から「至極の一杯」を選びました。珍しくランキング形式を採用、本当にウマい京都のラーメン店を10店舗厳選してあります。2018年の「実食評価」で候補店を選び、その中から「リピートしたい&記憶に残った」店のみという選りすぐりの店ばかりです。



京都はラーメン店が多いと言われ、おいしいお店も多くあります。一乗寺のようなラーメンストリートもメディアで紹介されて有名なのですが、地元民であればネットやメディアで話題のラーメン店よりも「600円以下で食べられるラーメン」のような地元密着型のラーメン店をよく利用していることでしょう。



この記事は京都のラーメン新店調査や実食レビューに定評のある記者「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。関西・京都の知られざるラーメン店を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくし京都観光やグルメの発展を目指すことが目的です。



主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。