らーめん梅家 @京都府綾部市 実食レビュー

今回の「京都ラーメンブログ」は雨だったので電車で綾部市まで行って来ました。綾部を10kmほど周回したのですがはラーメン専門店は周囲に3店舗ほどというエリアです。今回は綾部駅前にある「らーめん梅家」さんへラーメンを食べに行って来ました。ちなみに、家系ラーメンではありません。

広告

京都・綾部駅前にある2軒のラーメン専門店


らーめん梅家(京都府綾部市)

らーめん梅家(京都府綾部市)

京都の綾部駅前にはラーメン店が2軒あります。

ひとつが「らーめんはうす盾」さん、そしてもうひとつが「らーめん梅家」さんというお店です。

厳密にいえば、駅前にはもう一軒あって麺類一式の「三谷屋」さんがあり、さらに駅の北側にあるバザールタウンのフードコート「京都なお道 綾部店」さんでもお好み焼きと一緒にラーメンが食べられるようにはなっています。

そして、少し離れた場所には「第一旭綾部店」もあります。

もう一軒あるラーメン専門店「らーめんはうす盾」

もう一軒あるラーメン専門店「らーめんはうす盾」

しかし、駅前のラーメン専門店というと2軒に限定されてしまいます。

どっちに入店するか迷ったあげく、今回は小さいほうで看板もない「らーめん梅家」さんへ入ってみることにしました。

店内はカウンター数席とテーブル

店内はカウンター数席とテーブル

らーめん梅家 ラーメン実食レビュー


メニューはシンプルに4種類

メニューはシンプルに4種類

こちらでは「鶏醤油とんこつ味噌豚醤油」の4種類のベースでラーメンを提供していました。

なんとなく思うのが、京都市を外に出ると、こういったベースの種類が多いラーメン店が多いように思えます。

鶏醤油(700円)あっさり甘味を少し感じる中華そばでした

鶏醤油(700円)あっさり甘味を少し感じる中華そばでした

麺はやや柔めかな

麺はやや柔めかな

鶏醤油 700円
とんこつ 800円
味噌 750円
豚醤油 800円

麺はやや柔め、鶏ガラの出汁はほんのり甘味もありました。

一般的な中華そばという味わいで、ガッツリ行きたいなら「豚醤油」とかのほうが良かったかもしれません。

炒飯は玉子の味が強めのシットリなもの

炒飯は玉子の味が強めのシットリなもの

今回はランチセット(850円)を注文したので、チャーハンが付いてきました。

玉子の味強めのシットリなチャーハンです。

ごちそうさまでした。

らーめん梅家 営業情時間とアクセス方法


営業情時間は「11時~14時、17時~25時」

営業情時間は「11時~14時、17時~25時」

さて、こちらの「らーめん梅家」さんですが、JR綾部駅の南口を出てまっすぐ徒歩2分ほどの場所にあります。

駅前ですが飲食店は少なく、少し離れた西町商店街の方が賑やかという立地です。

行く途中には「らーめんはうす盾」さんもあって、こちらも種類豊富なラーメン屋さんでした。

京都府綾部市駅前通9−1
営業情時間:11時~14時、17時~25時
定休日:日曜日、祝日


今回は、これまで数多く紹介してきたラーメンの中から「至極の一杯」を選びました。珍しくランキング形式を採用、本当にウマい京都のラーメン店を10店舗厳選してあります。2018年の「実食評価」で候補店を選び、その中から「リピートしたい&記憶に残った」店のみという選りすぐりの店ばかりです。



京都はラーメン店が多いと言われ、おいしいお店も多くあります。一乗寺のようなラーメンストリートもメディアで紹介されて有名なのですが、地元民であればネットやメディアで話題のラーメン店よりも「600円以下で食べられるラーメン」のような地元密着型のラーメン店をよく利用していることでしょう。



この記事は京都のラーメン新店調査や実食レビューに定評のある記者「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。関西・京都の知られざるラーメン店を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくし京都観光やグルメの発展を目指すことが目的です。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。