飲食求道 一作 梅ぇ~中華そば @京都・出町柳「完全無化調無添加ラーメン」実食レビュー

今回の「京都ラーメン速報」は、出町柳で食べることができるラーメン「梅ぇ~中華そば」を紹介します。その名のとおり「梅」を使ったラーメンなのですが、完全なる「無化調・無添加ラーメン」で食材と伝統にこだわり過ぎたラーメンなのです。

お店の名前は「飲食求道 一作(いっさく)」さん、かなりマニアックな場所にあります。

広告

京都の出町柳で「無化調・無添加ラーメン」を発見


無化調・無添加ラーメン「梅ぇ~中華そば」

無化調・無添加ラーメン「梅ぇ~中華そば」

この中華そば(ラーメン)、見た目は一見すると普通の中華そばではあるのですが、実は食材と作り方にこだわったラーメンです。

無化調・無添加ラーメンで「梅ぇ~中華そば」と名付けられているとおり、梅を使ったラーメンなのです。

上の写真の赤黒い練りもの、それが自家製の梅

和食では梅を隠し味にすることはよくあることですが、こちらでは自家製の梅(紫蘇は大原産)から漬け込んでつくるというこだわりです。

梅ぇ~中華そば 実食レビュー


和風出汁(昆布と鰹節)の中華そば「梅ぇ~中華そば」

和風出汁(昆布と鰹節)の中華そば「梅ぇ~中華そば」

このこだわりのラーメン「梅ぇ~中華そば」、トッピングは「鶏肉青ねぎ梅干し」という構成。

スープは「昆布鰹節」で、これはうどん・蕎麦と同じスープで優しい味わいが特徴的で美味しいスープです(動物性食材は不使用です)。

は京都市北区「富田屋製麺所」さんの中華麺で、同じ麺を使うラーメン店は前に紹介した「麺屋とも」さんなどがあります。

ともの麺とはまた別の麺のようで、小麦感やかん水などは控えめの麺になっていました。

梅干しは女将さん自家製のもので上質な梅干しです

梅干しは女将さん自家製のもので上質な梅干しです

梅干しは前述のように女将さん自家製のものです。

毎年、梅と大原産の紫蘇を自分で漬け込んでつくる梅干しが絶品で、酸っぱさも適度で紫蘇の香りが引き立っていました。

完全な「無化調・無添加」なので優しい味わいですが、梅を混ぜるとスープ全体に風味が行き届きました。

この梅干し、ご飯と食べると合いそうですが、この「飲食求道 一作」さんでは米もこだわっており、綾部の契約農家さんから収穫時期に玄米を一括購入して、それを毎日精米しているというのです(糠はぬか漬けになるそうです)。

実は先代が米屋さんだったそうで、精米機があるのだとか。

精米したての米は抜群に美味しいので、今度は飯もぜひ食べたいですね。

・無化調、無添加にこだわる
・梅干しは自家製
・毎日精米した米を使っている
・米は綾部から仕入れる
・野菜は上賀茂の農家から仕入れている
実は餃子も激うまです

実は餃子も激うまです

この「梅ぇ~中華そば」と一緒に、ぜひ「餃子」も食べてみてください。

実は餃子が激ウマだったのです。

白菜・キャベツ・ニラ(にんにく不使用)で甘さと香りがよく、特製の甘めのタレで食べるとご飯がススムはずです。

飲食求道 一作 メニューと値段


和食処なので麺類以外もあります(飲食求道 一作)

和食処なので麺類以外もあります(飲食求道 一作)

さて、この「飲食求道 一作」さんは和食処なので麺類以外にもメニューがたくさんあります。

お好み焼き、焼きそば、一作焼、カレーやかき氷(手作りシロップ使用)などが名物だそうですが、麺類に丼物にご飯物などもあります。

お好み焼きがメニューで目立つのですが、元々は「お好み焼き屋」さんだったそうです。

今回は中華そばと餃子の値段のみ掲載します。

・中華そば 630円
・カレー中華そば 780円
・梅ぇ~中華そば 880円
・餃子 400円
・ごはん大 200円
・ごはん小 160円

飲食求道 一作 営業時間と定休日


飲食求道 一作 営業時間は「11時30分~14時、17時30分~21時」

飲食求道 一作 営業時間は「11時30分~14時、17時30分~21時」

では、こちらの「飲食求道 一作」さんの営業時間と定休日についてです。

営業時間は「11時30分~14時、17時30分~21時」で、土日は「11時30分~15時、17時~21時」となっています。

定休日は「水曜日」です。

京都府京都市上京区不動前町3(MAP
営業時間:11時30分~14時、17時30分~21時(土日は昼15時まで、夜は17時~開店)
定休日:水曜日

飲食求道 一作 への行き方(アクセス方法)

最後に「飲食求道 一作」への行き方(アクセス方法)も書いておきます。

お店は出町柳駅から徒歩10分くらい、寺町通を北上すると左手にお店が見えます。

駐車場は裏手にあり(3台分ほど)、自転車やバイクも裏手に駐輪可能です。

行きやすいのでツーリングなんかで使うと良いかもしれませんね。


今回は、これまで数多く紹介してきたラーメンの中から「至極の一杯」を選びました。珍しくランキング形式を採用、本当にウマい京都のラーメン店を10店舗厳選してあります。2018年の「実食評価」で候補店を選び、その中から「リピートしたい&記憶に残った」店のみという選りすぐりの店ばかりです。



京都はラーメン店が多いと言われ、おいしいお店も多くあります。一乗寺のようなラーメンストリートもメディアで紹介されて有名なのですが、地元民であればネットやメディアで話題のラーメン店よりも「600円以下で食べられるラーメン」のような地元密着型のラーメン店をよく利用していることでしょう。



この記事は京都のラーメン新店調査や実食レビューに定評のある記者「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。関西・京都の知られざるラーメン店を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくし京都観光やグルメの発展を目指すことが目的です。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。