ラーメンの坊歩(ぼんぼ)@京都・川端七条 2019年1月11日新店オープン

京都・川端七条に「ラーメンの坊歩(ぼんぼ)」さんが2019年1月11日に新店オープンです。若いお二人が始められた古風なラーメン店で七条大橋のところ(京阪 七条駅真上)という便利な場所にあります。

では、このちょっと気になる「ラーメンの坊歩(ぼんぼ)」さん、どんなラーメン店なのでしょうか。

広告

ラーメンの坊歩(ぼんぼ)が2019年1月11日新店オープン


川端七条で開店したラーメン店「ラーメンの坊歩(ぼんぼ)」

川端七条で開店したラーメン店「ラーメンの坊歩(ぼんぼ)」

2019年1月11日に新店オープンするラーメン店「ラーメンの坊歩(ぼんぼ)」さんへ行って来ました。

若いお二人が始められた古風なラーメン店で、川端七条の「七条駅」の北東(七条通沿)にあります。

2019年1月4日からプレオープン中、毎日違うラーメンを試作中(勉強中)で納得行ったラーメンをグランドオープン日から提供するそうです。

・若い二人の男性によるラーメン店
・川端七条の北東角で開業
・ラーメンは古風だが基本がシッカリしている
・場所は七条通沿い「弘文堂書店」跡地

ラーメンの坊歩 店内の様子


ラーメンの坊歩 店内の様子(撮影許可済)

ラーメンの坊歩 店内の様子(撮影許可済)

ラーメンの坊歩さんの店内はカウンターバーのような雰囲気です。

外観はなにやら昭和の時代のラーメン店っぽいので、そのギャップも面白いデザインとなっています。

店内は4人テーブルが2卓、カウンターが5席程度となっていました。

この周辺は宿が多いので、たぶん夜にビールなどを提供しつつ、〆のラーメンが食べられるというコンセプトだと思われました。

ラーメンの坊歩 のラーメンとは


ラーメンの坊歩 のラーメン

ラーメンの坊歩 のラーメン

ということで、こちらが「ラーメンの坊歩 のラーメン」です。

鶏ガラベースの白湯で、白濁したコッテリさは「豚足」によるものです。

アッサリしながらほんのり甘みもある風味の良いラーメンとなっていました。

スープについて


見た目コッテリだけどアッサリタイプ

見た目コッテリだけどアッサリタイプ

前述しましたが、この界隈は宿が多いので、たぶん夜の〆に食べるようなラーメンをイメージしていると思いました。

見た目コッテリだけどアッサリタイプで、薄いわけではなく、ほんのり甘みのある鶏白湯です。

豚足が入っており脂の浮かんだラーメンになっていました。

なんとなく「屋台ラーメン」っぽい雰囲気で、風味が良いので美味しいラーメンだなと思いました。

麺について


麺は左京区の「夷川田ごと」さんのもの

麺は左京区の「夷川田ごと」さんのもの

麺は左京区の「夷川田ごと」さんのものです。

京ブランドに認定されたウドンなどの製麺業者さんで、そこの中細麺を使っています。

いかにも京都の麺という感じですが、スープとよく絡む昔から食べ慣れた麺でした。

ラーメンの坊歩(ぼんぼ)メニューと値段


ラーメンの坊歩(ぼんぼ)メニューと値段

ラーメンの坊歩(ぼんぼ)メニューと値段

今回紹介した「ラーメンの坊歩(ぼんぼ)」さん、全体的な味は良い(ベースがシッカリしている)と思うのですが、〆のラーメンっぽくパンチとか口の中に残る(記憶に残る)ものが足りない感じもしました。

この味わいなら「スパイス」を効かせれば良い味わいになるかもしれませんが、まだまだ勉強中とのことで、今後の展開に期待です。

なお、ラーメンはまだ毎日違うものを試作しているということで、このラーメンが提供されるかはわかりませんが、以下にメニューと値段を書いておきます。

ラーメン 650円
大盛り 750円
ライス 150円
唐揚げ 350円~500円
付き出し焼豚 500円
ボンボ丼 350円
ドリンク ALL 500円
ラーメン 650円
ライス 150円
謹製唐揚げ 350円~500円

ラーメンの坊歩(ぼんぼ)営業時間と定休日


新しいけど懐かしい感じのお店「ラーメンの坊歩(ぼんぼ)」

新しいけど懐かしい感じのお店「ラーメンの坊歩(ぼんぼ)」

では、この新しいけど懐かしい感じのラーメン店「ラーメンの坊歩(ぼんぼ)」さんの営業時間と定休日についてです。

営業時間は「11時~15時、17時~23時」で、定休日は決まっていない(不定休)ようでした。

昼時は人通りもある通りなので、平日12時過ぎの訪問ですぐに満席となっていましたよ。

京都府京都市東山区下堀詰町234(MAP
営業時間:11時~15時、17時~23時
定休日:不定休

ラーメンの坊歩(ぼんぼ)アクセス方法

ラーメンの坊歩(ぼんぼ)さんの場所ですが、七条大橋の交差点の北東角です。

京阪「七条駅」の地上出口4番を出てすぐのところです。

自転車やバイクは鴨川沿いのところに有料駐輪場があって、そこなら1時間無料です(場所はこちら)。

近くにバイク駐輪場があるは、個人的にはものすごく便利だと思いました。


今回は、これまで数多く紹介してきたラーメンの中から「至極の一杯」を選びました。珍しくランキング形式を採用、本当にウマい京都のラーメン店を10店舗厳選してあります。2018年の「実食評価」で候補店を選び、その中から「リピートしたい&記憶に残った」店のみという選りすぐりの店ばかりです。



京都はラーメン店が多いと言われ、おいしいお店も多くあります。一乗寺のようなラーメンストリートもメディアで紹介されて有名なのですが、地元民であればネットやメディアで話題のラーメン店よりも「600円以下で食べられるラーメン」のような地元密着型のラーメン店をよく利用していることでしょう。



この記事は京都のラーメン新店調査や実食レビューに定評のある記者「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。関西・京都の知られざるラーメン店を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくし京都観光やグルメの発展を目指すことが目的です。



主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。