ラーメン天 @京都・山科「深夜営業で朝4時まで食べられる店」実食レビュー

今回の「京都ラーメンブログ」は、深夜営業で朝4時まで食べられるラーメン店「ラーメン天」へ食べに行って来ました。京都市山科区の国道1号沿いにある老舗ラーメン店で、2017年6月1日にすぐ近くではありますが移転してリニューアルオープンしています。

いかにも京都らしいラーメンのお店です。

広告

京都にある「ラーメン天」は深夜営業で朝4時まで食べられるラーメン店


深夜営業で朝4時までラーメンが食べられる店「ラーメン天」

深夜営業で朝4時までラーメンが食べられる店「ラーメン天」

今回の「京都ラーメンブログ」は、京都市山科区にある「ラーメン天」さんへ食べに行って来ました。

2017年6月1日に移転リニューアルオープンし、店舗が新しくなった老舗のラーメン店です。

移転といっても場所はほぼ変わらず、旧店舗から60メートルほど変わっただけです。

ラーメンは京都豚骨背脂醤油(ラーメン天)

ラーメンは京都豚骨背脂醤油(ラーメン天)

創業から30年以上、京都ラーメンらしい豚骨背脂醤油のスープで食べるラーメンで、昔からのファンも多いお店と言えます。

今回はメニューにある「ラーメン、ライス、唐揚げ2個」で900円のセットを食べることにしました。

では、このラーメンいったいどんな味なのでしょうか。

ラーメン天 Aセット(唐揚げ)実食レビュー


豚骨背脂醤油のラーメン、やや塩っぱい

豚骨背脂醤油のラーメン、やや塩っぱい

ということで、こちらがラーメン天「Aセット(唐揚げ)」です。

これで900円、京都では一般的な値段で、見た目も京都ラーメンらしい背脂が浮かんだスープになっています。

香味野菜などに背脂と豚骨を使ったベースのスープからは豚骨臭が結構します。

醤油ダレは京都にしては「塩っ気が強い」味わいで、京都ラーメンで一般的なふんわりと出汁を味わうタイプではありませんでした。

麺は近藤製麺の中太ストレートを使用

麺は近藤製麺の中太ストレートを使用

麺は京都らしい中太ストレートを使用しており、ラーメン藤の製麺所である有名な「近藤製麺」を使っていました。

茹で方は普通くらい、京都ではよく使われる麺というのも、いかにも京都ラーメンらしい点です。

トッピングは「九条ねぎ細もやしバラ肉チャーシューメンマ」という京都の鉄板構成で、チャーシュー多めも京都ラーメンの特徴です。

ラーメン天といえば唐揚げです

ラーメン天といえば唐揚げです

ラーメン天で人気なのが唐揚げです。

大きな唐揚げに多めに盛られたライスで食べるとお腹がいっぱいになります。

肉感のある大きめの唐揚げで、味わいはアッサリ系なのが特徴的です。

やや塩からめのラーメンに、アッサリの鶏唐揚、それでライスを食べるスタイルが「ラーメン天」の特徴と言えるでしょう。

ラーメン天 営業時間と定休日


ラーメン天 営業時間は「11時~翌朝4時」までです

ラーメン天 営業時間は「11時~翌朝4時」までです

さて、そんな京都らしいラーメンの店「ラーメン天」さんの営業時間と定休日についてです。

営業時間は「11時~翌朝4時」まで、定休日は「火曜日」となっています。

京都府京都市山科区西野左義長町6−1
営業時間:11時~翌朝4時
定休日:火曜日
公式サイト:http://www.ramen-ten.kyoto/

ラーメン天 アクセス方法と駐車場について

ラーメン天があるのは山科区の国道1号線沿いですが、下り車線で「山科西野交差点」を左折(南)へ入り、すぐに左折して国道1号の側道を来た方向へ戻って向かって行きます。

駐車場も国道1号線から入らずに店舗前まで来る必要があります。

駐車場は店舗のお向かいと、向かって右に東駐車場(1番~6番が利用可能)があるので立ち寄りやすいお店です。

ラーメン天の専用駐車場が利用可能です

ラーメン天の専用駐車場が利用可能です

ラーメン天 SNSの口コミや評判(感想)


今回は、これまで数多く紹介してきたラーメンの中から「至極の一杯」を選びました。珍しくランキング形式を採用、本当にウマい京都のラーメン店を10店舗厳選してあります。2018年の「実食評価」で候補店を選び、その中から「リピートしたい&記憶に残った」店のみという選りすぐりの店ばかりです。



京都はラーメン店が多いと言われ、おいしいお店も多くあります。一乗寺のようなラーメンストリートもメディアで紹介されて有名なのですが、地元民であればネットやメディアで話題のラーメン店よりも「600円以下で食べられるラーメン」のような地元密着型のラーメン店をよく利用していることでしょう。



この記事は京都のラーメン新店調査や実食レビューに定評のある記者「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。関西・京都の知られざるラーメン店を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくし京都観光やグルメの発展を目指すことが目的です。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。