京都民御用達の600円以下で食べられる京都ラーメン

京都はラーメン店が多いと言われ、おいしいお店も多くあります。一乗寺のようなラーメンストリートもメディアで紹介されて有名なのですが、地元民であればネットやメディアで話題のラーメン店よりも「600円以下で食べられるラーメン」のような地元密着型のラーメン店をよく利用していることでしょう。

今回はそんな地元民御用達の「600円以下で食べられる京都ラーメン」ばかりを集めました。

広告

600円以下で食べられる京都ラーメン


京都ってラーメンが美味しいだけではなく安いんです

京都ってラーメンが美味しいだけではなく安いんです

今回は「600円以下で食べられる京都ラーメン」を紹介します。

京都では安ければ200円~500円程度でラーメンを食べることができますが、すでに「昭和の値段で食べられる激安大衆食堂」という記事で紹介しています。

その場合は京都の大衆食堂(麺類一式のお店)ばかりになってしまうので、今回は「ラーメン専門店」からのみ選び、値段も「600円以下」で設定しました。

さて、どんなお店でラーメンが600円以下で食べることができるのでしょうか。

早速見ていきましょう!

伏見大手筋の600円以下ラーメン御三家


京都の伏見大手筋ではラーメンは500円以下です

京都の伏見大手筋ではラーメンは500円以下です

京都で安くラーメンを食べたいのであれば、真っ先に思い浮かぶのが伏見大手筋にある3店舗です。

まさに「激安ラーメン激戦区」とも言える伏見大手筋ですが、なんと全店「500円以下のラーメン」なんです。

・大黒ラーメン
・ラーメン藤 大手筋店
・ラーメン大中

大黒ラーメン (伏見区)


ラーメン 500円(大黒ラーメン)

ラーメン 500円(大黒ラーメン)

京都で安いラーメン店として一番知られているのが「大黒ラーメン」です。

伏見大手筋と東福寺駅前に2店舗あり、京都駅からなら東福寺駅まで1駅なので行きやすいかと思います。

お昼時などは行列ができることもあり、食べると必ず「ラーメン100円引き券」をくれるので、地元でも人気の高いラーメン店です。

・ラーメン 500円
・ラーメン大 630円
・チャーシュー麺 630円
・チャーシュー麺大 750円
・やきめし 220円
ラーメン500円の人気店「大黒ラーメン」

ラーメン500円の人気店「大黒ラーメン」

京都府京都市伏見区京町大黒町118(地図
営業時間:11時~23時
定休日:月曜日
京都府京都市東山区本町13丁目246−1(地図
営業時間:11時30分~23時
定休日:月曜日

ラーメン藤 大手筋店 (伏見区)


ラーメン 480円(ラーメン藤 大手筋店)

ラーメン 480円(ラーメン藤 大手筋店)

ラーメンで500円は安いのですが、さらに下回る480円のラーメンがあるのが「ラーメン藤 大手筋店」です。

伏見大手筋の西外れにあるお店で、こちらも安くて美味しいお店として人気があります。

いわゆる「THE 京都ラーメン」なので、地元の方が昔から慣れ親しんできたラーメンです。

・ラーメン 480円
・ミニラーメン 430円
・大盛りラーメン 580円
480円の京都ラーメン「ラーメン藤 大手筋店」

480円の京都ラーメン「ラーメン藤 大手筋店」

京都府京都市伏見区村上町364−5(地図
営業時間:7時~15時
定休日:水曜日
公式サイト:http://www.ramen-fuji.jp/

ラーメン大中 (伏見区)


500円ラーメンもある「大黒ラーメン」

500円ラーメンもある「大黒ラーメン」

伏見大手筋では一番の知名度があるラーメン店といえば「大中」でしょう。

とはいえ、普通は630円の「大中ラーメン」を食べることが多く、500円でラーメンがあることに気がついていない方もいるかもしれません。

実は、メニューの隅に「ラーメン 並 500円」というのがあるんです。

・ラーメン 500円
・バラ肉大中ラーメン 630円
・ロース肉大中ラーメン 630円
・バラロース肉大中ラーメン 690円

京都府京都市伏見区観音寺町215(地図
営業時間:11時30分~深夜2時
定休日:無休
公式サイト:http://www.palplan.net/daichu_fushimi/

ラーメン岡本屋 (左京区)


ラーメン 600円(ラーメン岡本屋)

ラーメン 600円(ラーメン岡本屋)

一乗寺からも近い茶山にあるラーメン店「ラーメン岡本屋」は、これぞ「THE 京都ラーメン」という逸品です。

実はこちら京都で一番有名な「ますたに」本店で働いていた名物おばあちゃんのお店で、当時の味そのままで自分のお店を開いたのです。

今の「ますたに」は全然おいしくありませんので、昔からのファンであれば「ラーメン岡本屋」へ行くのがオススメと言えます。

・ラーメン 600円
・ラーメン大盛り 700円
・チャーシュー麺並 800円
・チャーシュー麺大 850円
・バラロース肉大中ラーメン 690円
ラーメン600円の初代ますたに系ラーメン「ラーメン岡本屋」

ラーメン600円の初代ますたに系ラーメン「ラーメン岡本屋」

京都府京都市左京区一乗寺西水干町32(地図
営業時間:9時~18時30分
定休日:月曜日
公式サイト:http://x71.peps.jp/okamotoya/

あかつき (左京区)


ラーメン600円の「あかつき」

ラーメン600円の「あかつき」

北白川の有名ラーメン店「あかつき」ではラーメン並が600円です。

創業は1994年、こちらも「いかにもな京都ラーメン」のお店です。

この1970年代から1990年台にかけて開店した京都のラーメン店は今の「京都ラーメン」の定義のようなラーメンを提供するお店が多いです。

・ラーメンちび 500円
・ラーメン 600円
・ラーメン1.5 650円
・ラーメン大 700円

京都府京都市左京区北白川別当町13(地図
営業時間:11時30分~深夜3時
定休日:月曜日

てうれ (左京区)


450円の味噌ラーメン!ボリュームあります

450円の味噌ラーメン!ボリュームあります

今回の最安値は左京区にある「てうれ」です。

その驚愕のお値段は「ラーメン 400円」という驚きの価格です。

味噌ラーメンですら450円、ボリュームもあってこの値段には感服します。

・しょうゆラーメン 400円
・味噌ラーメン 450円
・塩ラーメン 400円
ラーメンてうれ

ラーメンてうれ

京都府京都市左京区田中東高原町33(地図
営業時間:11時30分~14時、17時30分~23時30分(日祝は通し営業)
定休日:火曜日
公式サイト:http://www.eonet.ne.jp/~teure/

らー麺九九ッ (左京区)


500円ラーメンの「らー麺九九ッ(キュークツ)」

500円ラーメンの「らー麺九九ッ(キュークツ)」

下鴨の北大路通沿いにある「らー麺九九ッ(キュークツ)」も500円でラーメンを食べることができます。

自家製麺を使った「いかにも京都ラーメン」を食べることができます。

ドラマ『最強のふたり~京都府警 特別捜査班~』でも登場したことがあるラーメン店です。

・ラーメン並 500円
・ラーメン中 550円
・ラーメン大 600円

京都府京都市左京区下鴨西半木町70−2(地図
営業時間:12時~24時
定休日:火曜日

元祖京都ラーメンゑびす屋 (左京区)


600円ラーメンの「元祖京都ラーメンゑびす屋」

600円ラーメンの「元祖京都ラーメンゑびす屋」

以前はもう少し安かったのですが値上げして600円になっているのが「元祖京都ラーメンゑびす屋」です。

下鴨の北大路通にあり、鶏ガラの醤油ラーメンを600円で食べることができます。

こちらも背脂チャッチャ系のいかにもな京都ラーメンのお店です。

・鶏ガララーメン 600円
・とんこつラーメン 620円

京都府京都市左京区下鴨高木町30−1(地図
営業時間:11時~14時30分、18時30分~22時
定休日:木曜日

まとめ


京都中央卸売市場近くの「味の名門 七本松店」もラーメン580円です

京都中央卸売市場近くの「味の名門 七本松店」もラーメン580円です

ということで、今回は「600円以下で食べられる京都ラーメン」を紹介しました。

しかし、これで全店ではありません!

京都にはまだまだ「600円以下で食べられる京都ラーメン」があるのです。

・味の名門 七本松店(580円、下京区、地図
・めん家(600円、下京区、地図
・ラーメン きらく(580円、伏見区、地図
・十番(530円、左京区、地図
・一番星(500円、伏見区、地図

こういった「600円以下で食べられるラーメン店」は2000年より前に開業したお店がほとんどという特徴があります。

そして、今で言う「京都ラーメン」というジャンルを作ってきたお店ばかりでした。

また、エリア的には左京区と伏見区なので、学生街に安いラーメン店が集中しているのが分かりました。

・600円以下のラーメンは左京区と伏見区に多い
・どちらも大学生が多い街
・1970年~1990年頃に流行った「京都ラーメン店」であることが多い


この記事は京都のラーメン新店調査や実食レビューに定評のある記者「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。関西・京都の知られざるラーメン店を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくし京都観光やグルメの発展を目指すことが目的です。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。