麺屋たけ井 阪急洛西口店@京都 2018年10月22日新店オープン

京都の人気つけ麺店(ラーメン)「麺屋たけ井」さんの4号店が阪急洛西口に新店オープンすることになっています。2018年10月22日開業で、高架下のテナントで開店することが判明しています。本店は魚介豚骨の甘みのあるつけ麺が人気の行列店です。

では「麺屋たけ井 洛西口店」さんの場所はどこになるのでしょうか。

広告

阪急洛西口駅の高架下「TauT(トート)」で「麺屋たけ井 阪急洛西口店」が新店オープン


麺屋たけ井 阪急洛西口店(2018年10月3日撮影)

麺屋たけ井 阪急洛西口店(2018年10月3日撮影)

阪急洛西口駅の高架下「TauT(トート)」が2018年10月22日に開業することになっており、そのテナントに京都の人気ラーメン店「麺屋たけ井」が新店オープンすることになっています。

店名は「麺屋たけ井 阪急洛西口店」で、麺屋たけ井の4号店という位置づけです。

・麺屋 たけ井(2011年創業)
麺屋 たけ井R1号店(2014年7月創業)
・麺屋 たけ井 阪急梅田店(2016年6月創業)
・麺屋たけ井 阪急洛西口店(2018年10月22日創業予定)
・麺屋たけ井 大阪なんば店(2019年4月創業予定)
麺屋 たけ井の名物「魚介つけ麺」

麺屋 たけ井の名物「魚介つけ麺」

麺屋 たけ井の名物「魚介つけ麺」は現時点では京都府南部でしか食べることができないため、中心部に近い洛西口に店舗ができるのは期待が大きいと言えます。

本店もR1号店も行列ができるお店です。

今回オープンする場所も、高層マンションが多い洛西口であることから、さらに行列ができそうな支店と言えそうです。

麺屋たけ井 阪急洛西口店 メニューと値段


京都 麺屋たけ井 阪急洛西口店 のメニューと値段についてです。

オリジナルメニューは「淡麗あさり蕎麦」とのことでした。

・つけ麺 910円
・味玉つけ麺 1010円
・特製つけ麺 1170円
・辛つけ麺 980円
・味玉辛つけ麺 1080円
・特製辛つけ麺 1240円
・淡麗あさり蕎麦 830円
・味玉淡麗あさり蕎麦 930円
・特製淡麗あさり蕎麦 1090円

麺屋たけ井 阪急洛西口店 アクセス方法


阪急洛西口駅の高架下「TauT(トート)」で2018年10月22日に新店オープンした「たけ井」

阪急洛西口駅の高架下「TauT(トート)」で2018年10月22日に新店オープンした「たけ井」

麺屋たけ井 阪急洛西口店、開店するのは2018年10月22日です。

場所は「阪急洛西口」で、駅の高架下にいくつかテナントが集まる場所です。

同時にいくつかの店舗が開店することになっており、飲食店は「8店舗」になります(リンク先は店舗まとめ)。

麺屋たけ井 阪急洛西口店、開店するのは阪急洛西口の高架下です

麺屋たけ井 阪急洛西口店、開店するのは阪急洛西口の高架下です

駐輪場はレンタサイクルの隣にあります(麺屋たけ井 阪急洛西口店)

駐輪場はレンタサイクルの隣にあります(麺屋たけ井 阪急洛西口店)

駅チカなので駐車場はありませんが、駐輪場は高架の北側にあります。(たけ井の店舗の並びでレンタサイクルの隣)

行く場合は、阪急京都線で「洛西口駅」まで行く必要があるでしょう。

一応、「イオンモール京都桂川」も徒歩数分なので、そちらでの買い物ついでに立ち寄るということもできそうです。

京都府京都市西京区川島六ノ坪町59-2
営業時間:11時~14時30分、17時~22時30分(LO.22時)
定休日:
URL:http://menya-takei.com/


この記事は京都のラーメン新店調査や実食レビューに定評のある記者「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。関西・京都の知られざるラーメン店を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくし京都観光やグルメの発展を目指すことが目的です。



主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。