葱太郎 豚しゃぶラーメン @京都・東九条「ピリッと辛い大人の味」実食レビュー

今回の「京都ラーメンブログ」は、JR京都駅近くにある和食ファミレス「葱太郎」さんのラーメン「豚しゃぶラーメン」の実食レビューです。「京都第一ホテル」の一階にあり観光客向けのレストランなので、京都ラーメンの特徴はありませんが「豚しゃぶ」というネーミングに引き寄せられて食べてきました。

では、葱太郎豚しゃぶラーメン」とは、どんなラーメンなのでしょうか。

広告

京都・東九条にある「ピリッと辛い大人のラーメン」


ピリッと辛い大人の味のラーメン

ピリッと辛い大人の味のラーメン

今回の「京都ラーメンブログ」は、ピリッと辛い大人の味のラーメン「豚しゃぶラーメン」を食べに、東九条の「葱太郎」さんへ行って来ました。

東九条はJR京都駅の南口エリアのことで、駅からも徒歩5分くらいの場所です。

この界隈は大型ホテルが多い場所のですが、この「葱太郎」さんも「京都第一ホテル」の一階にあります。

葱太郎は京都駅南の観光ホテルが立ち並ぶ場所にあります

葱太郎は京都駅南の観光ホテルが立ち並ぶ場所にあります

葱太郎さんですが、ホテルの宿泊客(外国人観光客)の家族連れをターゲットにしているようで、大型のファミリー向けの和食レストランになっています。

値段もリーズナブルで、和食メニューが多く、ランチには850円程度で「とんかつ定食」などを食べることができます。

今回は、この「葱太郎」で唯一のラーメンメニューとなっている「豚しゃぶラーメン」を食べてみることにします。

豚しゃぶラーメン 実食レビュー


豚しゃぶラーメン(700円)

豚しゃぶラーメン(700円)

こちらが「豚しゃぶラーメン(700円)」です。

メニュー写真のものと随分違うのは「豚しゃぶ」の分量と盛り付けです。

メニューでは結構な豚肉が入っている写真ですが、実物では1/3程度と残念感が先走りしてしまいました。

見てのとおり、特徴的なのは中央に「柚子胡椒おろし」がはいいていることで、スープは甘いのですが、柚子胡椒おろしが溶け込んでいくことで「ピリッと辛い大人の味」になっていきます。

スープは鶏ガラベースで、豚骨もブレンドされています

スープは鶏ガラベースで、豚骨もブレンドされています

スープは「豚骨、鶏ガラの合わせスープ」で、清湯と白湯の2種類あります。

上の写真は「豚しゃぶ醤油ラーメン(清湯)」のものですが、「豚しゃぶとんこつラーメン」は白湯になってます。

スープは甘味が強く、調味料が強めに出ています。

食べているうちに「柚子胡椒おろし」が溶けてくるので、かなりの苦味も出てきました。

甘味と苦味で軸がぶれるので「柚子胡椒おろし」は賛否両論あるかなというトッピングかなと思いました。

玉ねぎと豚肉、しゃぶしゃぶではないです

玉ねぎと豚肉、しゃぶしゃぶではないです

トッピングの玉ねぎと豚肉はスープで甘辛くなっています。

そのため「しゃぶしゃぶ」感はないので、甘辛く煮た玉ねぎと豚肉という味わいになっていました。

麺はフードコート系の「ザ・中華麺」という味わい、京都で出すラーメンであれば小麦の風味を活かした低加水のものであった方が良いかもしれませんが、このあたりはラーメン開発時のポリシーもあるでしょうし、あくまでも私的な感想です。

全体的にはファーストインパクトが甘く、食べているうちに苦くなってくるラーメンになっており、トッピングもひとつひとつが個性の強い味付けです。分かりやすくいうと濃口です。

普段から京都ラーメンに慣れていると、最後の方でちょっとキツくなるかもしれないラーメンでしたが、観光客向けであればこれくらいの味付けにはなると思います。

葱太郎 メニューと値段


メニューは「串カツ、焼き鳥、うどん、丼もの、ラーメン」など多彩

メニューは「串カツ、焼き鳥、うどん、丼もの、ラーメン」など多彩

メニューは「串カツ焼き鳥うどん丼ものラーメン」など多彩で、値段は丼もので600円程度から、ランチの定食で850円となっていますので、手軽に和食を食べたい場合に利用できるファミレスと言えます。

ラーメンの値段は単品で700円~750円で、セットにすると930円~1040円で「唐揚げセット、小海老天セット、コロッケセット」にしてライスの付いた定食にすることもできようになっています。そのため、近隣の会社員の方々にも合いそうな値段とメニュー構成だと思いました。

豚しゃぶラーメンのメニュー、セットにもできます

豚しゃぶラーメンのメニュー、セットにもできます

時間帯で「7時~10時(朝食)11時~15時(ランチ)15時~23時(ディナー)」となっているのでメニューが異なる点にはご注意ください。

朝食は「和、洋、うどん」定食で値段は800円。

ランチは一般メニュー以外に「日替わり定食、豚しゃぶラーメン定食(コロッケ)、うどん+ミニ丼セット、各種定食」を850円~950円で食べることができます。

葱太郎 への行き方(アクセス方法)


葱太郎、大型ホテルの1階にある大きな和食ファミレスです

葱太郎、大型ホテルの1階にある大きな和食ファミレスです

さて「葱太郎」さんへの行き方(アクセス方法)です。

最寄り駅は地下鉄烏丸線「九条駅」なのですが、JR京都駅(八条口)のイオンからも徒歩5分程度の場所です。

駐車場は、この界隈ではコインパーキングは少なめで「イオンモール京都店」の有料パーキングを使うのが一番確実です。

バイク、自転車の駐輪場は斜め南側のバス降車場の所に「自転車200円、バイク300円」のパーキングがあります。

しかし「イオンモール京都店」であれば2時間無料で駐輪可能(バイク、自転車)なので、そちらを使うのが一番オススメです。

京都府京都市南区東九条下殿田町45
営業時間:7時~10時(朝食)、11時~14時(ランチ)、15時~23時(ディナー)
定休日:不定休
URL:http://www.negitaro.com/


京都のラーメン新店案内をメインに、関西・京都の知られざるラーメン店を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。