中華六六 @京都・堀川北大路「ミンチたっぷり激辛担々麺」実食レビュー

今回の「京都ラーメンブログ」は、北大路にある「スッパ激辛担々麺」が食べられる中華料理店「六六」さんの実食レビューです。ミンチがたっぷりでランチ時には「杏仁豆腐またはご飯」がセットで900円で食べることができます。

ほんと激辛でスッぱいので、激辛好きかスッぱいの好きな方向けです。

広告

京都・堀川北大路にミンチたっぷりでスッパ激辛な担々麺があるらしい


スッパ激辛な担々麺がある「中華六六」さん

スッパ激辛な担々麺がある「中華六六」さん

今回の「京都ラーメンブログ」は、堀川北大路にある中華料理店で食べる「ミンチたっぷり担々麺」の実食レビューです。

お店は「中華六六」さんというお店で、京町家を使ったお店が並ぶテナントのひとつに入っています。

この辺りは、京都ブログさんでもあまり紹介されないエリアというのもあるのですが、店頭に看板が出ていないので・・・・

入りづらいお店

です。

しかし、そこには「驚くほどスッパ激辛」の世にも珍しい担々麺があったのです。

中華六六 店内の様子


お店に入ってやっと分かった屋号は「中華六六」

お店に入ってやっと分かった屋号は「中華六六」

さて、この「中華六六」さんですが、京町家を改装しており洒落た感じの中華料理屋さんになっていました。

入店すると、すぐ土間なのですが、そこで靴を脱いでから上がるようになっていました。

店内は左にテーブル席、奥にカウンター席ある構成になっています。

京町家の雰囲気が残るテーブル席

京町家の雰囲気が残るテーブル席

京町家なので奥に細長いのを利用したカウンター

京町家なので奥に細長いのを利用したカウンター

京町家なので、基本的には奥に長い構造になっています。

それを上手に利用したカウンターが奥に向かって並んでおり、入ってすぐ左手には客間を利用したテーブル席がありました。

ちょっと飲み屋さんっぽい雰囲気もあるのですが、飲食店の構造として参考になりそうで使いやすいテナントだと思いますし、実際に入店してみると落ち着く感じが良いお店でした。

中華六六 メニューと値段


定食にビビンバ、担々麺とチャーハンがランチにあります

定食にビビンバ、担々麺とチャーハンがランチにあります

中華六六さんのメニューと値段です。

ランチ時の訪問だったため、定食メニューと麺類が基本になっており、値段は900円となっていました。

いずれも杏仁豆腐がデザートに付いて、定食はスープが付いています。

麺類は担々麺のみ、汁ありと汁なしが選べます。

・週替りランチ 900円
・地鶏の石焼きビビンバ 1000円
・チャーハンセット 900円
・担々麺 900円
・汁なし担々麺 900円
ちなみにディナーメニューはこちら

ちなみにディナーメニューはこちら

ミンチたっぷり!スッパ激辛担々麺 実食レビュー


今回は担々麺を注文、これが普通の担々麺ではなかった!

今回は担々麺を注文、これが普通の担々麺ではなかった!

今回はランチの「担々麺」を注文してみることにしました。

麺類は担々麺のみ、汁ありと汁なしが選べるようになっているだけです。

ちなみに、お店のお姉さんに「どんな担々麺ですか?」って聞いてみると・・・・

お姉さん 「辛いの大丈夫ですか?あとウチのはスッぱいです(チラッ)」

とオーナーさんの方をチラッと見ながら教えてくださいました。

ミンチたっぷり!花椒もたっぷり!

ミンチたっぷり!花椒もたっぷり!

太麺をまぜまぜ、スッパからぁぁぁぁい!!!

太麺をまぜまぜ、スッパからぁぁぁぁい!!!

その挙動に・・・・・

これは相当スッぱいのだなと察したわけですが(笑)、実際に食べてビックリ!

とってもスッぱい担々麺になっており、さらに花椒がたっぷりで激辛な担々麺になっていました。

トッピングは「ミンチ青梗菜」がかなりの量入っており、なかなか楽しめる担々麺ですが、汗だくになりながらの完食となりました。

私はスッぱい料理大好きなので美味しくいただきましたが、かなりのスッパさなので注文する場合は「スッパ前提」で注文してください。

中華六六 アクセス方法


中華六六、堀川北大路の西スグの所にあります

中華六六、堀川北大路の西スグの所にあります

さて、この「中華六六」さんへのアクセス方法です。

堀川北大路の西スグの「北大路通」沿いにお店があり、すぐ隣りは「初音屋」さんです。

有名な地元の人気店「ガーニッシュ」さんも近く、最近近くに沖縄そばのお店も開店したりしています。

営業時間を聞くのを忘れたのですが、定休日は月曜日と、あと月イチでランチ休みの日があります。

ちなみに、カウンターにいた女性の方は深泥池の近くにあるお弁当屋「カーキーバンブー」さんでケータリングを担当されている方でした。

〒603-8165 京都府京都市北区紫野西御所田町23
営業時間:
定休日:月曜日(昼のみ営業が月1であり)


京都のラーメン新店案内をメインに、関西・京都の知られざるラーメン店を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。