麺家チャクリキ @京都・与謝野町「つけ麺と限定やきめし」実食レビュー

今回の「京都ラーメンブログ」は天橋立のある宮津にも近い、京都市内から115km離れた与謝野町のラーメン店「麺家チャクリキ」さんへ行って来ました。つけ麺とラーメンのお店ですが、京都市内からは遠いのであまりラーメンマニアもここまで足を運ぶことは少ないと思います。

この「麺家チャクリキ」さんで名物の「つけ麺」と当日限定の「やきめし」を食べてきたので実食レビューします。

広告

秘境にある つけめんの名店「麺家チャクリキ」まで行って来ました


京都市内から115km離れた日本海側のラーメン店「麺家チャクリキ」

京都市内から115km離れた日本海側のラーメン店「麺家チャクリキ」

今回の「京都ラーメンブログ」は、市内からはちょっと遠い与謝郡与謝野町にあるラーメン店「麺家チャクリキ」さんの「つけ麺」を食べて来ましたので実食レビューします。

京都市内から115km離れた日本海側のラーメン店で、宮津市に近い場所です。

ちょっとどころか、かなり遠いですが、頑張って行って来ました。

さて、「麺家チャクリキ」さんは「つけ麺」が名物ですが、普通のラーメンもあります。

姉妹店には天橋立の人気ラーメン店「天橋立 くじからラーメン」もあって、宮津エリアでは名の知られたラーメン店と言えます。

麺家チャクリキ メニューと値段


麺家チャクリキ名物の「つけ麺」メニュー

麺家チャクリキ名物の「つけ麺」メニュー

今回は名物の「つけ麺」を食べてみることにしました。

通常の「つけ麺」の他に「みそつけ麺」もあって、値段は800円~1000円程度です。

サイドメニューはライスと餃子などがあり、餃子は250円でした。

ラーメンの値段は京都市内と同じくらいですね。

・つけ麺 800円
・味玉つけ麺 900円
・つけ麺チャーシュー 1000円
・特製つけ麺 1000円
・みそつけ麺 900円
・辛みそつけ麺 950円
・あっさりらーめん(豚骨)650円~
・らーめん(豚骨と魚介)700円~
・塩らーめん 650円~
・とり塩らーめん 750円
・みそらーめん 800円~
・くろそば 800円
・丹後ブラック 800円
・漢のブラック 900円
・中華そば 660円
・餃子 250円
・ライス 150円

麺家チャクリキ つけ麺大盛り1000円を実食レビュー


つけ麺大盛り1000円

つけ麺大盛り1000円

お腹が空いていたので2玉で+200円の大盛りを注文しました。

スープは濃厚豚骨魚介のつけ汁になっており、醤油の辛さが濃いめになっていました。

豚骨魚介ですが、メインは豚骨なので魚介は軽く感じる程度です。

醤油辛さはあるのですが、ほんのり甘くて、刻んだ玉ねぎの酸味も感じる「食べやすいスープ」だなと思います。

少し細めの太麺です

少し細めの太麺です

麺は少し細めの太麺になっていました。

麺のコシがかなりありツルツルしたものを使っていました。

メニューだと「極太麺」となっていますが、普通の太麺くらいだと思ってください。

限定「やきめし」は炙りチャーシューがたっぷりで美味しいものでした

限定「やきめし」は炙りチャーシューがたっぷりで美味しいものでした

当日限定で「やきめし」もあったので食べてみることに。

見た目は京都の「やきめし」で炒飯とはまた違うのですが、味わいは中華の味になっており炒飯という珍しい味わいです。

普通、京都で「やきめし」といったら醤油入れて焼いただけみたいな味なんです。

具材も面白くて「もやし」がたくさん入っていました。これの食感が良くて、炒飯に「もやし」も合うもんだなと感心しました。

麺家チャクリキ への行き方(アクセス方法)


畑の中にある「麺家チャクリキ」は京都府与謝郡にあるラーメン店です

畑の中にある「麺家チャクリキ」は京都府与謝郡にあるラーメン店です

さて、麺家チャクリキ への行き方(アクセス方法)です。

京都市内から食べに行くには自家用車で行くのが最善策です。

面倒ですが電車でも行けないこともなくて、JR山陰本線で「福知山駅」もしくは「西舞鶴駅」まで行って、そこから丹鉄線に乗り換えて「与謝野駅」まで行くことになります。

いくつかお店が集まった建物にあるので、駐車場は共同のものがあります。

京都府与謝郡与謝野町石川534−1
営業時間:11:30~14:30、18時~23時(土日祝は11時~15時、17:30~23時)
定休日:水曜日


この記事は京都のラーメン新店調査や実食レビューに定評のある記者「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。関西・京都の知られざるラーメン店を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくし京都観光やグルメの発展を目指すことが目的です。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。