麺屋 一空 ラーメン新店@京都・西大路「フカクサ製麺食堂 2号店は西大路駅前」

西大路駅前に京都ラーメン店「フカクサ製麺食堂」さんの2号店「麺屋 一空」が新店オープンするようです。場所は西大路駅前というのが判明しており、正確な場所はまだ確定していませんが、たぶん改札出て徒歩15秒のあの場所です。オープン日は2018年4月10日で、営業時間定休日などまだ詳細不明ですが、それらしき動きをしているテナントはありました。

では「フカクサ製麺食堂」さんの2号店とはどこにあるのでしょうか。

広告

西大路駅前に「フカクサ製麺食堂」の2号店「麺屋 一空」ができるらしい


西大路駅前でフカクサ製麺食堂さんの2号店の噂が出ています

西大路駅前でフカクサ製麺食堂さんの2号店の噂が出ています

2018年4月10日11時~、京都のラーメン店「フカクサ製麺食堂」さんが2号店(セカンドブランド店)をオープンします。

屋号の通り本店は「深草」にあるラーメン店で、人気の高いお店なので2号店がオープンしても不思議ではありません。

現時点で、ある程度の情報が入手できており確証の高い話です。

・屋号は「麺屋 一空」
・西大路駅前で開業
・オープン日は2018年4月10日11時

場所は「西大路駅前」というのはほぼ間違いないのですが、正確な場所はまだ未確定です。

しかし、いくつか候補があり「これかな」というテナントがあります。

「お肉とお野菜 WAGAYA」さんに何やら動きが

「お肉とお野菜 WAGAYA」さんに何やら動きが

2018年4月2日に西大路駅前で、それらしきテナントは3店舗です。

しかし、西大路駅前で工事らしきことをしているのは1店舗だけで「お肉とお野菜 WAGAYA」さんというテナントです。

・お肉とお野菜 WAGAYA
・中華料理 美香園
・コーンカップと書かれた大衆食堂
煮干しのダンボールなど店内改装しているように見えます

煮干しのダンボールなど店内改装しているように見えます

「お肉とお野菜 WAGAYA」さんが閉店したという確証がないので、まだ営業していたらド失礼な話でしかないのですが(公式サイトは稼働中)、以前と内装が変わって新しくなっており、さらに前になかった「券売機」が設置され、ダンボールが随所に置かれていました。

どうみても今夜営業をするようなお店の状態ではなく、新しく店舗を作っているとしか思えない状況なのです。

お店の方がいればお話を聞けるのですが、ちょうどその時はいらっしゃらないようでした。

追記:その後、看板が設置され、この場所にラーメン新店「麺屋 一空」という屋号で開店することで確定しました(フカクサ製麺食堂 セカンドブランド店)。

麺屋 一空 2018年4月10日 11時~ 新店オープン


2018年4月10日 11時~ 新店オープンの「麺屋 一空」

2018年4月10日 11時~ 新店オープンの「麺屋 一空」

後日、再度確認しに行ったところ「麺屋 一空」という看板が設置されていました。

鶏白湯ラーメンのお店ということで、オープン日は「2018年4月10日 11時~」となっています。

レセプションもあるようですが、お呼ばれしていないのでオープン日を待って再訪問してみたいと思います。

確認したところ「麺屋 一空」さんは「フカクサ製麺食堂」さんのセカンドブランド店で間違いないということでした。

西大路駅に「フカクサ製麺食堂」さんが開店したら人気が出ると思いますが、続報についてはもう少しお待ちください。

麺屋 一空 店内の様子


2018年4月10日 11時~ 新店オープン

2018年4月10日 11時~ 新店オープン

ということで、2018年4月10日 11時~ 新店オープンした「麺屋 一空」さんへ早速行って来ました。

当日はお昼過ぎの訪問でしたが、数分待つ程度で食べることができ、行列などはありませんでしたが、お客さんは近くの会社(およそワコール)の社員さんと思われる背広姿の方やOLさんがほとんどでした。

店内はカウンター12席ほど

店内はカウンター12席ほど

お店はカウンターのみで、2階席は今は使われていませんでした。

席数は12席ほどで、手前に券売機と2階へ上がる階段、そして待ち用の椅子が3個置かれています。

白と黒を基調に、制服も黒色に統一するなど最近よくある感じのお店です。

麺屋 一空 メニューと値段


麺屋 一空 メニューと値段は800円から

麺屋 一空 メニューと値段は800円から

メニューは大きく分けてベースが「清湯と白湯」で分かれています。

それに味「醤油」で分かれており、全部で4種類のラーメンがあるということになっていました。

券売機ではその区別が文字だけの判別なので、やや分かりづらい印象です。

鶏醤油らーめん 800円(清湯)
鶏塩らーめん 800円(清湯)
鶏白湯らーめん 850円(醤油)
鶏白湯らーめん 850円(塩)
麺大盛 100円
チャーシュー(大)ぶた3枚 200円
チャーシュー(大ダブル)ぶた3枚・とり2枚 300円
熟成味付け玉子 100円
メンマ増し 100円
九条ねぎ増し 100円
のり(3枚)50円
炙りチャーシュー丼(ぶた)250円
炙りチャーシュー丼ダブル(ぶた・とり)300円
白ごはん 100円

鶏白湯らーめん 850円(醤油)実食レビュー


鶏白湯らーめん 850円(醤油)かなりオイシイです

鶏白湯らーめん 850円(醤油)かなりオイシイです

今回は「鶏白湯らーめん 850円(醤油)」を食べてみました。

正直な感想を言えば・・・・

かなり美味しいです。

スープの味が深い!

スープの味が深い!

スープはサラっとしたスープで粘度が強いものではない(肉のミキサーをしていないと思われます)のですが、出汁がよく出ているのと、鶏油がクドくない味わいでスープにコクと旨味を出していました。

醤油辛さは、ほとんどないのですが、醤油の風味と味はよく感じられ、好みの味わいでスープばかり飲んでしまいました。

チャーシューは弾力のある豚肉のものが2枚、鶏肉が3枚

チャーシューは弾力のある豚肉のものが2枚、鶏肉が3枚

どちらもレアチャーシューで、最近よく見るもの

どちらもレアチャーシューで、最近よく見るもの

チャーシューは流行りのレアで、豚肉と鶏肉の2種類が入っています。

他にトッピングは「青ねぎ白髪ねぎ一味、メンマ」となっていました。

チャーシューは弾力のある肉感ですが、やわらかい肉質のものを使っています。

鶏チャーシューはヘルシーな感じに仕上がっており、味わいが異なるので飽きない組わせです。

麺はちぢれのやや平打でスープがよく絡みます

麺はちぢれのやや平打でスープがよく絡みます

麺はやや平打のちぢれ麺を使っており、濃厚なスープがよく絡んでいました。

総合的に評価の高いラーメンといえ、近くにあったら通いたいレベルです。

ただ、西大路駅前なので駐車場や駐輪場が専用のものがなく、会社帰りのサラリーマンなどが夜に立ち寄るようなお店になりそうです。

フカクサ製麺食堂(2号店)への行き方(アクセス方法)


フカクサ製麺食堂(2号店)の場所は西大路駅前です

フカクサ製麺食堂(2号店)の場所は西大路駅前です

さて「麺屋 一空(フカクサ製麺食堂2号店)」が出来ると言われているのは、西大路駅前で間違いありません

JR東海道本線「西大路駅」改札を出て西大路通沿いに南へ、徒歩15秒という好立地です。

ここは「ワコール」本社もあるし、近くにはマンションや公団住宅もあることから乗降数がある駅なので、駅前には飲食店がいくつかあります。

ただ、ラーメン店は少なく「LA-MEN Zen」さんと「天下一品 九条店」だけです。

コインパーキングは手前(南側)の道を西へ入ると30分200円(22時から60分100円)のタイムズがあります。

駐輪場も南側2筋目を西へ入ると「西大路駅自転車駐輪場」があり、自転車は150円・バイクは250円で駐輪可能ですが、常に混んでおり空車となっていても駐輪するのに難儀するほど狭いのでオススメできません。

結局、駐輪場代250円払い、ラーメンに850円支払っていますが、遠くから気軽に立ち寄るお店ではなく、地元の駅利用者にとっては便利なお店になりそうです。

定休日は「日曜日、第三月曜日」で当面行うとのことで、営業時間は「11時~15時、17:30~21:30」の2部制になっていました。

京都府京都市南区唐橋西平垣町17(仮)
営業時間:11時~15時、17:30~21:30
定休日:日曜日、第三月曜日
Twitter:https://twitter.com/fukakusa_ss


この記事は京都のラーメン新店調査や実食レビューに定評のある記者「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。関西・京都の知られざるラーメン店を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくし京都観光やグルメの発展を目指すことが目的です。



主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。