とうひち 新春限定ラーメン @京都「鴨と豚の醤油らぁ麺」実食レビュー

2018年1月6日は京都市北区のラーメン店「らぁ麺とうひち(藤七)」の初営業日で、50食限定の新春限定ラーメンが販売されていました。を使った濃い味わいのラーメン「鴨と豚の醤油らぁ麺」です。値段は1000円で、この日だけの限定販売になります。

なお「らぁ麺とうひち」では2018年1月6日から価格改定があり、通常メニューの値段も50円~100円アップしています。

広告

とうひち 新春限定ラーメン「鴨と豚の醤油らぁ麺」


とうひち 新春限定ラーメン「鴨と豚の醤油らぁ麺」

とうひち 新春限定ラーメン「鴨と豚の醤油らぁ麺」

2018年1月6日に京都市北区のラーメン店「らぁ麺とうひち(藤七)」で年始初営業が行われ、新春限定ラーメン「鴨と豚の醤油らぁ麺」が限定50食で販売されました。

2018年の年始は「」になるはずだと予測していたのですが、やはり2018年の「らぁ麺とうひち」のキーワードは「鴨」でした。

これについては、そのうちに書くと思いますが、これは「らぁ麺とうひち」にとって大きな意味があります。(この大きな意味とは? → 「らぁ麺すぐる @京都・修学院「とうひち セカンドブランド」新店」)

・2018年の「らぁ麺とうひち」のキーワードは「鴨」
・限定50食
・ベースは「鴨ガラ、丸鴨」
・豚げん骨、背骨の合わせ出汁
・麺は新麦「春よ恋」

らぁ麺とうひち(藤七)2018年1月6日初営業 混雑状況


らぁ麺とうひち 混雑状況(2018年1月6日11時10分)

らぁ麺とうひち 混雑状況(2018年1月6日11時10分)

らぁ麺とうひち営業時間は11時~ですが、2018年の初営業は土曜日ということもあって、11時過ぎに訪問したところ、すでに行列が出来ていました。

毎週土日は、いつもこれくらい並んでいて、行列人数が20名ほどは当たり前の光景です。

店内には5名ほどさらに待っているので、並んだ時点での待ち客は23人でした。

この人数だと入店まで約50分程度になります。

・2018年1月6日初営業 11時
・待ち客23名
・入店まで50分
・土日の行列は常にこれくらい

らぁ麺とうひち 値上げ


らぁ麺とうひち メニューに価格改定あり

らぁ麺とうひち メニューに価格改定あり

らぁ麺とうひち」さんですが、2018年1月6日から「価格改定」が入っています。

原材料の値上げに伴い、ラーメンが50円~100円の値上げになっており、唐揚げもセットの場合は50円アップとなっていました。

今回の新春限定ラーメン「鴨と豚の醤油らぁ麺」は値段が1000円になっていました。

・鴨と豚の醤油らぁ麺 1000円(新春限定50食)
・鶏醤油らぁ麺 850円 (100円UP
・鶏醤油つけそば 900円 (100円UP
・鶏油まぜそば 750円 (50円UP
・鶏白湯らぁ麺 (50円UP
・煮干魚介らぁ麺 800円(昼・夜各15食限定、50円UP
・お子様らぁ麺(鶏醤油)450円 (50円UP
・唐揚げ定食 350円(唐揚げ2個+ライス、50円UP
・唐揚げ4個 500円
・鶏飯 300円
・豚肉飯 300円
・名古屋コーチンの卵ご飯 300円
・ご飯 150円
・自家製ワンタン 200円
・味玉 100円
・メンマ増 150円
・チャーシュー増 200円
・全部増 450円

新春限定ラーメン「鴨と豚の醤油らぁ麺」


2018年の新春限定ラーメン「鴨と豚の醤油らぁ麺」1000円

2018年の新春限定ラーメン「鴨と豚の醤油らぁ麺」1000円

2018年の新春限定ラーメンは「鴨と豚の醤油らぁ麺」でした。

値段は1000円で、丸鴨と鴨ガラをベースにしたスープは、鴨の強い味わいがよく出ています。

鴨と書かれている場合は「合鴨」のことを言います。たまに、味わいをよくするために「アヒル」を使うこともあるのですが、合鴨は「アヒルと鴨のあいの子」です。

チェリバレー種の合鴨は弾力が強い肉質です

チェリバレー種の合鴨は弾力が強い肉質です

鴨だけだとどうしても味という点では落ちるので、とうひちの「鴨と豚の醤油らぁ麺」も「チェリバレー種」という北京種をイギリスで改良した合鴨が使われていました。

肉質に弾力があり、よく伸びる健康な肉に少し炙りを入れて香ばしくしてありました。

新麦「春よ恋」に同じく「春よ恋」の全粒粉を合わせた自家製麺

新麦「春よ恋」に同じく「春よ恋」の全粒粉を合わせた自家製麺

は、新麦「春よ恋」をベースに、「春よ恋」の全粒粉を合わせた自家製麺になっていました。

中に微かな全粒粉が見える麺で、小麦の香りが良く出ているのが「とうひち」らしい麺で、最後まで飽きずに食べることができました。

「とうひち」は麺も俊逸なのでオススメです。

・合鴨「チェリバレー種」の丸鴨と鴨ガラを使用
・三元豚「下田さん家の豚」のげん骨と背骨のスープを合わせてある
・新麦「春よ恋」に同じく「春よ恋」の全粒粉を合わせた自家製麺

らぁ麺とうひち アクセス方法


らぁ麺とうひち への行き方

らぁ麺とうひち への行き方

「らぁ麺とうひち」の場所は京都市北区でも「西賀茂」エリアなので行くのは少々大変です。

電車だと地下鉄烏丸線「北大路駅」から市バスを利用しなければなりません。バスの場合は、北大路バスターミナルから「市バス1系統北1系統」に乗車して、バス停「玄琢下」で下車が一番近いバス停です。

駐車場は徒歩1分くらいの場所に7台分用意されています。「南箱ノ井ガレージ(地図)」という駐車場です。

現在は「ブーブーパーク」という時間貸し駐車場になっていますが、ここに7台分の契約駐車場がありますので、こちらを利用してください。

南箱ノ井ガレージ

南箱ノ井ガレージ

京都府京都市北区大宮北箱ノ井町33−6
営業時間:11時~14:30、18時~21:30
定休日:火曜日
Twitter:https://twitter.com/touhichi_ramen


京都のラーメン新店案内をメインに、関西・京都の知られざるラーメン店を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。