2019年5月新店オープン ハルニレカフェ (精華町、カフェ新店)

京都府相楽郡精華町で2019年5月にオープンしたらしい「ハルニレカフェ」さんです。らしいというのは確認できなかったからです。11時~14時にはランチがあるみたいです。あるみたいというのはこれも確認できなかったからです。なので、とりあえずコーヒー飲んできました。

私にはかなり珍しい手抜きと曖昧さ満載でお届けします!

広告

京都・精華町に ハルニレカフェ が開店したらしい


ハルニレカフェ(京都府相楽郡精華町)

ハルニレカフェ(京都府相楽郡精華町)

2019年5月に新店オープンした京都・精華町のカフェ新店「ハルニレカフェ」です。

ハルニレって軽井沢なんかでよく見る広葉樹のことですが、精華町でハレニレの木があるかどうかまでは知りません。

場所は「下狛」で、僧坊というバス停の目の前にあるカフェです。

近くには3月28日にオープンした「カフェ ピョル」さんとか、住宅街の中にポツンとある「こだまパン」さんなんかがあるところですね。

店頭を見る限りではどんなメニューがあるのかサッパリ不明(ハルニレカフェ)

店頭を見る限りではどんなメニューがあるのかサッパリ不明(ハルニレカフェ)

玄関にも特に何も記載がありません(ハルニレカフェ)

玄関にも特に何も記載がありません(ハルニレカフェ)

ということで、思いっきり遠いところにあるわけで、京都市からスクーターだと2時間くらい、電車だと1時間(片道700円くらい)のところにあります。

今回は午前中の早い時間から精華町を目指したので、朝飯を食べず、お昼には当然お腹もペコペコで行きました。

とりあえず、なにか食べたいなと思ったのですが、店頭は飾りっ気一切無しなので、なんのお店かすらもわかりません。

ハルニレカフェ メニューと値段はこんな感じらしい


11時~14時はランチがあります(ハルニレカフェ)

11時~14時はランチがあります(ハルニレカフェ)

店内にはメニューがあったので、それを見るとランチタイム(11時~14時)には定食があるようでした。

トンカツ定食が850円、コーヒーは450円。ランチの定食を食べるとコーヒーは200円になるらしいです。

らしいですというのは確認できなったからです。

トンカツ定食 850円
エビフライ定食 850円
ナシゴレン 680円
オムカレー 650円
季節の野菜カレー 650円
鉄板ナポリタン 700円
鉄板やきそば 600円
コーヒー 450円~
紅茶 450円~
フレーバーティー 500円
アイスティー 450円
各種ドリンク 400円~
ドリンクメニュー(ハルニレカフェ)

ドリンクメニュー(ハルニレカフェ)

コーヒーはサイフォンで淹れたらしい


サイフォンコーヒーらしい(ハルニレカフェ)

サイフォンコーヒーらしい(ハルニレカフェ)

どうやら、コーヒーはサイフォンで淹れたものみたいです。

みたいというのは確認できなったからです。

味も特に憶えていません。

ということで、お腹も空いたし、他のお店へご飯を食べに行きたいしなので、チャッチャと退店したいと思います。

ハルニレカフェ 営業時間と定休日


ハルニレカフェ(こんな感じ)

ハルニレカフェ(こんな感じ)

行きたい人は住所を見て、調べて行ってください。

JR学研都市線「下狛駅」もしくは近鉄京都線「狛田駅」から歩いて5分かかりません。

八幡木津線沿いで山手幹線で行く場合はピョルさんのある交差点で東へ、線路沿いを南へ走れば道沿いにあります。

京都府相楽郡精華町下狛林前18−3
営業時間:7時~21時
定休日:日曜日
公式サイト:https://8620.cafe/


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。