京都のイタラーメンとは?ポリクロモのイタ麺を実食レビュー(閉店)

今回の京都ラーメンブログは「京都のイタ麺」を紹介します。イタリア風ラーメン(イタラーメン)のことで、なかなか京都の方でもご存じないかと思います。お店は京都市北区の紫竹にある「ポリクロモ」さんというお店。京都のラーメンマニアでも「ポリクロモ」さんはなかなか知らないのではないでしょうか。

今回は超ド地元の町で独特のラーメンを出す「ポリクロモ」さんに訪問して「イタ麺」を実食レビューしたいと思います。

最新情報:2017年11月末に閉店されました。

京都のイタラーメンとは?


京都にあるイタメンってナニ?!

京都にあるイタメンってナニ?!

今回の京都ラーメンブログは・・・・なんと!

イタメン」(イタラーメン)を紹介します。

イタラーメン?

この「京都のイタラーメン」ですが、京都の地元民でもなかなか知らない京都ラーメンなんです。

なんともポップでキッチュなお店「ポリクロモ」で食べられるらしい?

なんともポップでキッチュなお店「ポリクロモ」で食べられるらしい?

その「イタラーメン」が食べられるというのが、京都市北区の「紫竹」にある「ポリクロモ」さんというお店です。

もう店名からして期待度MAXですよね!(美術の専門用語で「多色彩」のことです)

イタ麺 ポリクロモ へ行ってきました!


京都の長屋を使った店舗の「イタ麺 ポリクロモ」さん

京都の長屋を使った店舗の「イタ麺 ポリクロモ」さん

イタ麺 ポリクロモ」さんは、京都市北区の紫竹というところにあります。

京都市バスくらいしか公共機関がなく、紫竹の商店街通りの北のはずれにあるため、地元の方でもなかなかここまでは来ません。

しかし、お店は京都の長屋を使った店舗となっており、なかなか洒落た外観となっています。

ランチは麺にライスかパンとコーヒーかデザートがつきます

ランチは麺にライスかパンとコーヒーかデザートがつきます

今回はランチタイムに訪問したので、お昼のランチセットがありました。

平日ランチセットの場合、イタ麺に「ライス or パン」をつけることができて、さらに「コーヒー or デザート」をつけることができます。

5月~9月は冷やしイタ麺もあるとのこと

5月~9月は冷やしイタ麺もあるとのこと

店舗は色あざやかに飾られており、なかなか楽しそうなお店です。

女子力高い我々にはもってこい!(笑)と言えそうです。

ということで、さっそく入ってみましょう!

女子ウケよさそうな内観が印象的


ポップな感じで洒落た店内になっていました

ポップな感じで洒落た店内になっていました

店内はところどころにカワイイ感じのグッズが飾られており、女子ウケよさそうな内観となっています。

店内は細長く、手前に2つのテーブル。奥にもテーブル席があります。

木目を基調にした落ち着いた店内

木目を基調にした落ち着いた店内

店内はニス塗りの木目を基調にした落ち着いた店内となっています。

お店はイタリア料理店で、イタ麺というのはパスタの代わりに中華麺を使ったイタリア風ラーメンのことなんです。

イタ麺は17種類あります(クリーム・ペペロンチーノ)

イタ麺は17種類あります(クリーム・ペペロンチーノ)

トマトやオイルにチーズもあってまさにイタ飯です

トマトやオイルにチーズもあってまさにイタ飯です

種類はかなり豊富で17種類ほどありました。

それぞれにどのような料理なのか書いてあるのでわかりやすいです。

カルボナーラー 1050円
フンギクリーム 1050円
ポモドクリーム 1050円
ペスカクリーム 1150円
ジェノベクリーム 1100円
ペペロンチーノ 1000円
アラビアータ 1050円
ペペロンジェノベ 1050円
ペペロンフンギ 1050円
ポモドーロ 1000円
ペスカトーレ 1050円
ポモドジェノベ 1050円
フンギ 1000円
ジェノベーゼ 1050円
ゴルゴンゾーラ 1200円
マルゲリータ 1200円
ピザ 1200円

最後の「ピザ」(笑)というのも気になりましたが、今回は、トマト系の初心者向けという「ポモドーロ 1000円」を注文することにしました。

ちなみに「ピザ」は「イタ麺ならではの麺とスープで楽しむピザ」とよくわからないことが書いてありました。

次はこれを頼むしかないでしょう!(笑)

イタ麺とは、イタリアンソース+中華麺の新感覚・麺料理

イタ麺とは、イタリアンソース+中華麺の新感覚・麺料理

お店の解説では、イタ麺とは「イタリアンソース+中華麺の新感覚・麺料理」となっています。

(1)イタリアンソースで食べるラーメン
(2)スープは豚骨ベースで脂分を100%除いてある
(3)コラーゲン豊富
(4)低カロリーでヘルシー

平たくいうと、イタリアン風になっているラーメンです。

スプーンにお箸と自家製サラダドレッシング

スプーンにお箸と自家製サラダドレッシング

平日の14:30まではランチタイムなので、無料でサラダとパンにデザートをつけてもらいました。

大盛り(1.5倍)はプラス50円とのことです。

サラダにはドレッシングがついており、おしゃれな感じで出てきました。

トマトの酸味と塩味 ポモドーロ 1000円


これが「イタ麺」(イタラーメン)です!

これが「イタ麺」(イタラーメン)です!

これが噂の「イタラーメン」です!

上から見るとパスタっぽく・・・・

横から見るとラーメンっぽく・・・・

食べてみると、ラーメンです!

スープは豚骨ベースのイタリア料理

スープは豚骨ベースのイタリア料理

スープは豚骨ベースになっており、そこからさらに1日寝かせて脂肪分を100%取り除いたヘルシースープとなっています。

油に見えるのはオリーブオイルのようです。

麺はオリジナル中華麺です

麺はラーメンの麺(中華麺)でパスタではありません。

そう、これはラーメンなのです

麺はオリジナルの生麺を使っており、スープがよく絡む麺となっていました。

これが意外と普通にラーメンとして食べられるようになっており、私の口にあったのかスープまで完食してしまいました。ちょっと塩っ気があるもののトマトの酸味のあるトマトスープもなかなかのものでした。

パンとデザートを選んでみました

パンとデザートを選んでみました

ランチセットだったので、パンとデザートを頼んでみました。

パンはオリーブオイルで食べるフランスパンで、デザートは柚子のチップとジャムが入ったゼリーとなっていました。

柚子の香りがよくでており、甘くておいしいデザートでした。

イタ麺 ポリクロモ 基本情報


イタ麺 ポリクロモ 外観

イタ麺 ポリクロモ 外観

ということで、今回はイタ麺というイタリア風ラーメンが食べられるという「ポリクロモ」さんの実食レビューでした。

この「イタ麺 ポリクロモ」さんがあるのは、京都・紫竹というエリアです。

近くには「らぁめん とうひち」さんがありますが、観光客やラーメンマニアなども来ない超地元の方しか知らないような場所になります。

京都市バスだと北大路駅から京都市バス46系統「上賀茂神社」行きに乗ります。

「下竹殿町」(しもたけどのちょう)のバス停で下車すると目の前にありますよ。

京都府京都市北区紫竹下竹殿町16
営業時間:12時~15時(平日)、12時~17時(土日祝)、18時~21時
定休日:水曜・木曜
URL:http://www.itamen.com/
Twitter:https://twitter.com/itamenP


京都ラーメン

関西・京都の知られざるラーメン店を毎日探してどこよりも速く実食レビューを掲載しています。



京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | 

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


京都関連の記事を書いているライター
ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター
まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。