油そば専門店 西院麺ism 閉店@京都ラーメン「麺ism の京都支店が西院で出店」新店オープン

京都・西院に南草津の油そば専門「麺ism」のラーメン新店が開業することになっています。店名は「西院麺ism」となっており、現在はオープンに向けて準備中となっていました。2019年1月17日にオープンのラーメン新店です。

ということで「油そば専門店 西院麺ism」で営業時間などの情報を聞いてきました。

最新情報:こちらのお店は2019年11月30日で閉店しました。

京都・西院にラーメン新店「油そば専門店 西院麺ism」が新店オープン


油そば専門 西院麺ism(2019年1月17日撮影)

油そば専門 西院麺ism(2019年1月17日撮影)

京都・西院にラーメン新店「油そば専門店 西院麺ism」さんが開業すると予告されています。

場所は四条通のニトリの前で鶏谷の隣り、そうです!2018年12月2日までは「担担 西院店」があったテナントです。

さらに、店名「麺ism」と聞いて「おやっ?」と思う方もいらっしゃるかと思います。

私は今出川のラーメン店「麺イズム はらはち」が速攻で思い浮かびましたが、滋賀県の南草津にある「油そば専門 麺ism」の京都初の店舗なのだそうです。

ラーメン新店「油そば専門 西院麺ism」

ラーメン新店「油そば専門 西院麺ism」

滋賀県の南草津にある「油そば専門 麺ism」の京都初の店舗(西院麺ism)

滋賀県の南草津にある「油そば専門 麺ism」の京都初の店舗(西院麺ism)

店長の今村さんという若い女性の方にお話を聞く機会があり、開店日などを教えてもらいました。

開業日「2019年1月17日」で、現在まだスタッフ募集中でとのことでした。

現在は盛り付け方などを検討しつつ開業へ向けて作業されています。

西院麺ism メニューと値段


メニュー(西院麺ism)

メニュー(西院麺ism)

では「西院麺ism」さんのメニューはどんなラーメンなのでしょうか。

基本メニューは「くんまぜ台湾まぜそばラー辛まぜ背脂まぜにぼまぜ」となっています。

麺量は150g~300gまでは同じ値段で、50g刻みで注文できるので好みの量が選べて良いと思います。

くんまぜ 780円(150g、200g、250g、300g)
台湾まぜそば 880円(200g)、980円(300g)※追い飯付き
ラー辛まぜ 780円(150g、200g、250g、300g)、880円(400g)
背脂まぜ 780円(150g、200g、250g、300g)、880円(400g)
にぼまぜ 780円(150g、200g、250g、300g)、880円(400g)
メニューと値段(西院麺ism)

メニューと値段(西院麺ism)

プレオープン直前の店内(西院麺ism)

プレオープン直前の店内(西院麺ism)

西院麺ism「台湾まぜそば」実食レビュー


西院麺ism「台湾まぜそば」

西院麺ism「台湾まぜそば」

ということで、2019年1月17日にプレオープンとなった「西院麺ism」さんへ行って来ました。

11時30分のオープンすぐに到着、お客さんも開店直後すぐから入店し始めて、しばらくすると満席となりました。

メニューの「くんまぜ」は燻製油で食べるまぜそばで、それに背脂がのると「背脂まぜ」煮干しが効いたのが「にぼまぜ」です。

辛いのは「ラー辛まぜ」で、「台湾まぜそば」は辛くないタイプのものです。

今回は、燻製油も使ってあり背脂も入っているトッピング盛りだくさんの「台湾まぜそば 880円」を注文しました(2019年2月時点で台湾まぜそばに背脂はトッピングされていません)。

麺はモッチリとした太麺で美味しい(混ぜる前)

麺はモッチリとした太麺で美味しい(混ぜる前)

麺はモッチリとした太麺で美味しい麺です。

コシも固さもバッチリちょうど良く、タレの油もよく絡みます。

タレがよく絡んでいます(混ぜた後)

タレがよく絡んでいます(混ぜた後)

最初の写真は「混ぜる前の麺」で、分かりやすいように上に「混ぜ後の麺」の写真も掲載します。

この麺、私の好みの麺でとても食べやすかったです。

クセがないので、風味を味わう「まぜそば」にちょうどよく合う麺だと思いました。

タレは脂のコクをよく感じるものでアッサリ、卓上調味料で好みの味に

タレは脂のコクをよく感じるものでアッサリ、卓上調味料で好みの味に

タレは脂のコクをよく感じるタイプで、脂の旨味が美味しいタレです。

辛さなどは比較的アッサリなので、卓上調味料(タレ、酢、ブラックペッパー、コリアンダー)を好みで入れます。

すると、タレも好みの味わいになりました。

〆のご飯が付く「台湾まぜそば」

〆のご飯が付く「台湾まぜそば」

台湾まぜそばのみ、〆のご飯が付いてきます。

ということで、最後に飯を投入すると、これがまた美味しい

麺と一緒に食べるのと違って、油のコクがもっと分かる食べ方でした。

麺ism さんのまぜそばは「油を楽しむ」タイプで、食べやすいし、なかなか良いお店が近くに開店したなと満足することができました。

西院麺ism「くんそば」実食レビュー


もうひとつの人気メニューの「くんそば」

もうひとつの人気メニューの「くんそば」

さて、先ほどの「台湾まぜそば」と人気を二分するのが「くんそば」です。

こちらは燻製油をふんだんに使ったもので、油と醤油ダレで食べるようになっています。

麺は同じく太麺で食べごたえがあり美味しいし、麺も300gまでは同じ値段なのが嬉しいです。

油も良い香りで、こちらもかなりお薦めの油そばでした。

西院麺ism 営業時間や定休日


西院麺ism(2019年1月17日撮影)

西院麺ism(2019年1月17日撮影)

では、西院麺ism の営業時間や定休日についてです。

店長さんに確認したところ、当面の営業時間は「11時30分~17時」で、定休日は「月曜日」とのことでした。

営業時間は2019年2月から延長され「11時30分~21時」となります。

京都府京都市右京区西院四条畑町5
営業時間:11時30分~21時(月曜日のみ14時まで)
定休日:月曜日の夜
公式Instagram:https://www.instagram.com/men_ism/

西院麺ism アクセス方法

「西院麺ism」さんの場所についてです。

前述したように「担担 西院店」のあった場所で、四条通にある「ニトリ 京都西院店」の北側お向かいです。

最寄り駅は阪急京都線「西院駅」で徒歩で10分くらいの場所です。

駐車場や駐輪場はありませんので、自家用車の場合は四条通のコインパーキングなどを使用するようにしてください。


今回は、これまで数多く紹介してきたラーメンの中から「至極の一杯」を選びました。珍しくランキング形式を採用、本当にウマい京都のラーメン店を10店舗厳選してあります。2018年の「実食評価」で候補店を選び、その中から「リピートしたい&記憶に残った」店のみという選りすぐりの店ばかりです。



京都はラーメン店が多いと言われ、おいしいお店も多くあります。一乗寺のようなラーメンストリートもメディアで紹介されて有名なのですが、地元民であればネットやメディアで話題のラーメン店よりも「600円以下で食べられるラーメン」のような地元密着型のラーメン店をよく利用していることでしょう。



京都ラーメン

関西・京都の知られざるラーメン店を毎日探してどこよりも速く実食レビューを掲載しています。



ニューオープン

主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | 

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


京都関連の記事を書いているライター
ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター
まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。