2019年12月21日オープン カフェ・アアルト(CAFE AALTO)

2019年12月21日に新店オープンした京都のフィンランドカフェカフェ・アアルト(CAFE AALTO)」さんへ行って来ました。分かる人には分かるフィンランド感満載のカフェですが、見た感じでは普通にホテルにあるオシャレなカフェです。

2019年12月21日オープン カフェ・アアルト(CAFE AALTO)


2019年12月21日オープン カフェ・アアルト(CAFE AALTO)

2019年12月21日オープン カフェ・アアルト(CAFE AALTO)

京都の河原町で2019年12月21日に新店オープンしたフィンランドカフェ「カフェ・アアルト(CAFE AALTO)」さんへ行って来ました。

新しく開業したカプセルホテルの一階にあるフィンランドはヘルシンキからやってきたカフェブランドで、ヘルシンキの本店以外にあるのは日本の京都店だけです。

テーブルやライトなどはフィンランドの世界的建築家アルヴァ・アアルトがデザインしたもの

テーブルやライトなどはフィンランドの世界的建築家アルヴァ・アアルトがデザインしたもの

ホテルにあるのでラウンジのような雰囲気、椅子やテーブルにライトなどもフィンランドの世界的建築家アルヴァ・アアルトがデザインしたものを使っています。

フィンランドの家庭料理やコーヒーなどがあります

フィンランドの家庭料理やコーヒーなどがあります

カフェではフィンランドの家庭料理やコーヒーなどをいただくことができます。

また、ケーキもあって店頭で購入もできるようになっていました。

フィンランドのケーキ、ベリーやルバーブが使われています

フィンランドのケーキ、ベリーやルバーブが使われています

フィンランドのケーキといえばベリーを使ったものが代表的ですが、他にも甘酸っぱいルバーブを使ったフィンランドらしいケーキもありました。

値段はケーキが750円、コーヒーは600円。

セットにするとドリンクは450円になり、少しお得になります。

フィンランドのケーキとコーヒーを飲んで来ました


フィンランドのケーキとコーヒー

フィンランドのケーキとコーヒー

今回はフィンランドのケーキとコーヒーをいただいてきました。

ただ、その前にちょっと言いたいことがあります。

まず、入店したら「席に案内してもらいたい」です。

そして、席についたら「注文を取りに来てもらいたい」です。

さらに、お店のメニューだけでも「どんなものか把握しておいてもらいたい」です。

フィンランドカフェなのに「コーヒーはフィンランドのものですか?」と質問して、店員さんから「確認します」と返事が返ってくるのはありえないと思います。

店員さんから「いらっしゃいませ」の一言もないのは別にいいのですが、入店した瞬間からカフェとして「えっ?」と思うようなことばかりでした。

フィンランドのコーヒー

フィンランドのコーヒー

ということで、こちらがフィンランドのコーヒーです。

フィンランドという国は世界有数のコーヒー消費国で、一番人気のブランドは「ユフラ・モッカ」というコーヒーブランドですが、こちらのコーヒーはカフェ・アアルトのオーナー「Marco Saracino(マルコ・サラチーノ)」が選んだコーヒーであることは公式サイトにも記載がありました。

ちなみに写真右奥の白い容器にはミルクが入っていますが、ポーション1個分程度しかミルクは入っていません。

甘酸っぱいルバーブとカルダモンのケーキ

甘酸っぱいルバーブとカルダモンのケーキ

ケーキは甘酸っぱいルバーブとカルダモンのケーキをチョイス。

カルダモンの風味はしなかったのですが、ルバーブの甘酸っぱさを楽しめるケーキです。

ケーキは重厚な食感、それにバニラソースをつけて食べるようになっていました。

知らないと分かりづらいフィンランドカフェ

知らないと分かりづらいフィンランドカフェ

店内やメニューはフィンランド感があり、間違いなく「フィンランドカフェ」でした。

ただ、知らないで入ると普通のカフェにしか思われないと思います。

フィンランドが好きな人にだけ分かるだろうなというカフェでした。

そういう点では上七軒にある「ポーヨネン」さんの方がよほど分かりやすいフィンランドカフェかなと思いましたね。

カフェ・アアルト(CAFE AALTO)はどこにある?


カフェ・アアルト(CAFE AALTO)は三条柳馬場下ルにあります

カフェ・アアルト(CAFE AALTO)は三条柳馬場下ルにあります

では「カフェ・アアルト(CAFE AALTO)」さんは京都のどこにあるのでしょうか?

場所は河原町、三条柳馬場下ルにお店があります。

カプセルホテル「MAJA HOTEL KYOTO」の1階を入って奥にあるお店です。

一般的に河原町は通り名が交差点に書かれているのですが、柳馬場通は書かれていないので地図を見ながら行ったほうが良いと思います。

京都府京都市中京区槌屋町92
営業時間:7時~22時
定休日:無休
公式サイト:https://www.cafeaalto.jp/

評判(口コミ)

この投稿をInstagramで見る

今日の朝は、今日21日オープンのCAFE AALTO行って来ました(*´ω`*) フィンランドの建築家のアルヴァ・アアルトのインテリアが設置されたカフェやで。 ヘルシンキに次ぐ2号店が京都とか嬉しいやつやん。 (コラボ店も含めたら初めてちゃうけど) 今日21日に柳馬場通六角上るにMAJA HOTEL(マヤホテル)がオープンして、その1階に入った感じです。 . Aaltoっていう店名の付いた朝食メニュー選びました! フィンランドの定番の朝食だそうで、オープンサンドにして食べるみたいです。 イノダの朝食もコーヒーにオレンジジュースも付いてきますよね、海外では定番なんかな。 ぁ、ちょうど今日の朝にじいろジーンで、フィンランドはコーヒーの消費量が世界一って言うたはったで(笑) . こっからちょっと北に行くと同じく世界2号店のマリベル京都本店があったり、チャンピオンとかザノースフェイスとかコロンビアがあったりで、この辺りアメリカのブランドが集中してますよね。 . #cafeaaltokyoto #カフェアアルト京都 #cafeaalto #カフェアアルト #aalto #アアルト #majahotelkyoto #マヤホテルキョウト #majahotel #マヤホテル #alvaraalto #アルヴァアアルト #フィンランド #finland #ヘルシンキ #helsinki #柳馬場 #六角通 #柳馬場六角 #カフェ #cafe #京都カフェ #l4l #like4like #f4f #follow4follow #京都 #kyoto

Kazuaki Fukushima(@kazuaki_fukushima)がシェアした投稿 –


カフェ

京都や大阪に滋賀に三重と奈良など主に関西のカフェ新店などを食べ歩く実食レビューを掲載しているブログカテゴリーです。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。京都の起業家の方は、ぜひ参考にしてください。



ニューオープン

主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | 

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


京都関連の記事を書いているライター
ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター
まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。