2020年2月5日オープン グッドグッド9京都 (goodgood9kyoto)

神戸の中華街「南京町」のチーズサンドのお店が京都に初出店です。お店の名前は「グッドグッド9京都goodgood9kyoto)」さん。チーズが伸びるサンドイッチで知られています。愛称は「gg9」です。

2020年2月5日オープン グッドグッド9京都 (goodgood9kyoto)


2020年2月5日オープン グッドグッド9京都(goodgood9kyoto)

2020年2月5日オープン グッドグッド9京都(goodgood9kyoto)

京都・河原町の六角通で新店オープンした「グッドグッド9京都(goodgood9kyoto)」さんへ行って来ました。

チーズサンドのお店で、いわゆる韓国グルメというやつです。

本店は神戸の中華街「南京町」にあり、こちらでの出店は京都初進出となります。

昨年告知されていたポスター(2019年12月25日撮影)

昨年告知されていたポスター(2019年12月25日撮影)

上の写真は2019年12月25日に撮影したオープン告知のポスターです。

そこには「チーズサンドのgg9が京都に初出店☆」と書かれていました。

チーズサンドというのはトーストにたっぷりチーズが入っており、それに黒コショウで味付けした食べ物です。

チーズが伸びるやつ、つまりチーズハットドッグのトースト版というと分かりやすいかもしれません。

基本のチーズ+ブラックペッパーの値段は600円

基本のチーズ+ブラックペッパーの値段は600円

基本の商品は「チーズ+ブラックペッパー」で値段は600円。

おススメは「チーズ+ブラックペッパー+はちみつ」で650円のものです。

甘いのが苦手なら「トリュフ風味(650円)」もあります。

グッドグッド9京都 チーズサンドイッチ 実食レビュー


鉄板でトーストを焼いて作ります(チーズサンドイッチ)

鉄板でトーストを焼いて作ります(チーズサンドイッチ)

このチーズサンドイッチは鉄板で焼いて作っていきます。

上には山盛りのチーズがたっぷり!

パンが焼けていくとブラックペッパーの香りも漂ってきました。

チーズ+ブラックペッパー+はちみつ(650円)

チーズ+ブラックペッパー+はちみつ(650円)

ということで「チーズ+ブラックペッパー+はちみつ(650円)」が出来上がりました。

チーズがかなり伸びます

チーズがかなり伸びます

チーズを伸ばしながら写真を撮るのは至難の業なので、軽く伸ばして撮影してみました。

中にはブラックペッパーが結構はいっていてスパイシーな香りがします。

ところどころにハチミツの甘さを感じ、シンプルですが美味しいチーズサンドイッチでした。

こんな感じでの撮影にチャレンジするのも面白いかも!

こんな感じでの撮影にチャレンジするのも面白いかも!

グッドグッド9京都 (goodgood9kyoto)はどこにある?


グッドグッド9京都 は河原町通から六角通を西へ入ったところ

グッドグッド9京都 は河原町通から六角通を西へ入ったところ

では「グッドグッド9京都」さんは京都のどこにあるのでしょうか?

場所は河原町通から六角通を西へ入ったところ、飲食店が並ぶところで有名な「京極かねよ」さんがある通り沿いです。

営業時間は「12時~19時」ですが、店員さんは神戸から通っているということなので午後に行くのが良さそうです。

〒604-8034 京都府京都市中京区松ケ枝町456
営業時間:12時~19時
定休日:不定休
公式Instagram:https://www.instagram.com/goodgood9kyoto/


京都や大阪に滋賀に三重と奈良など主に関西の・スイーツ新店などを食べ歩く実食レビューを掲載しているブログカテゴリーです。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。京都の起業家の方は、ぜひ参考にしてください。



主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。