さばラーメン さば祭 @京都・銀閣寺「鯖出汁ラーメンの店」新店オープン

京都・銀閣寺にラーメン新店「さばラーメン さば祭 京都銀閣寺本店」さんが2018年夏以降に新店オープンしそうです。白川通が白川と交差する場所で「浄土寺」の近くのテナントです。元「らーめん川藤屋」が営業していた場所ですが、そこに「株式会社E・Mコーポレーション」の新業態として「鯖出汁ラーメンの店」を開店するそうです。

では「さばラーメン さば祭 京都銀閣寺本店」さんはどこに開店するのでしょうか。

広告

さばラーメン さば祭 京都銀閣寺本店 2018年9月8日新店オープン


宮城県南三陸町から来たらしい「さばラーメン」の店が京都に新店オープン

宮城県南三陸町から来たらしい「さばラーメン」の店が京都に新店オープン

2018年夏に京都・銀閣寺の白川通沿いに「さばラーメン さば祭 京都銀閣寺本店」さんが新店オープンするようです。

追記:2018年9月8日新店オープンで確定しました。

場所は、元「らーめん川藤屋」のテナントで、こちらは2017年9月26日から空きテナントになっていました。

銀閣寺からは徒歩10分以上で、結構離れていますが、店舗名には「京都銀閣寺本店」とあります。

「さばラーメン さば祭 京都銀閣寺本店」2018年9月8日新店オープン(2018年9月3日撮影)

「さばラーメン さば祭 京都銀閣寺本店」2018年9月8日新店オープン(2018年9月3日撮影)

この銀閣寺店を1号店として、全国100店舗を目指すそうです。

この言い回しは「拉麺 愛都」と似ていますが、運営会社は無関係の「株式会社E・Mコーポレーション」となっていました。

上京区で「祇園HIGUCHI、リバレッジベーカリー、幸せの100円パン職人(丸太町店)」を運営する総合フード会社です。

鯖出汁ラーメンとは


最近「サバ缶」が話題ですが、鯖出汁ラーメンのお店だそうです

最近「サバ缶」が話題ですが、鯖出汁ラーメンのお店だそうです

鯖出汁ラーメンとは、石巻のご当地ラーメンのことです。

本場の地では鯖寿司とセットになっていたりするものもありますが、関西ではサバ出汁を出すラーメン店は「サバ6製麺所」が有名なくらいでしょう。

最近「サバ缶」の健康効果などがテレビでも紹介されたり、京都でも「猪一 離れ」さんや「一盌 清右衛門」などで鯖を使った出汁はあるものの「鯖出汁ラーメン」をメインとするラーメン店はありませんでした。

食を総合プロデュースする会社さんらしい業態で、最近のトレンドなども考えての選択だと思われました。

さばラーメン さば祭 メニューと値段


さば祭 メニューと値段

さば祭 メニューと値段

では、この「さばラーメン さば祭」さんではどんなラーメンを出すのでしょうか。

事前にメニューと値段が分かりましたので書いておきたいと思います。

・鯖鯖さばラーメン 690円
・鯖鯖あぶりチャーシュー麺 890絵m
・辛無さば担々麺(甘口) 740円 ※近日公開とあり
・辛無あぶりチャーシュー麺(甘口) 940円 ※近日公開とあり
・辛辛さば担々麺(辛口) 790円 ※近日公開とあり
・辛辛あぶりチャーシュー麺(辛口) 990円 ※近日公開とあり

メニューには「南三陸町から来ました」と書かれており、宮城県からやってきたことをアピールしています。

こういったキャッチは「京都ではあまりアピール力がない言い回し」なのですが、ご当地ラーメンっぽくて良いと思います。

さばラーメン 実食レビュー


鯖鯖さばラーメン 690円

鯖鯖さばラーメン 690円

ということで、開店直後の「さばラーメン さば祭」さんへやってきました。

オープン二日目ということもありますが、オープン数日はラーメンが500円になるということで、近隣のご年配の方々が家族連れでやって来るなどして開店5分で満席となりました。

オープニングメニューは「さばラーメン」とご飯物だけですが、今後はチャーシュー麺もメニューにラインナップされる予定となっています。

スープは鯖節を使った濃厚背脂スープ

スープは鯖節を使った濃厚背脂スープ

スープは鯖節粉を使った濃厚背脂スープで「さば節ねぎとろ肉チャーシュー」のトッピングです。

脂分を感じる濃厚なスープですが、豚骨との合わせ出汁と塩ダレのマイルドさもあって、鯖が強調しないスープです。

京都では珍しいタイプのスープですが、出汁の味わいを楽しめる京都人向けのスープだなと思います。

ということで、かなり美味しいスープで満足のいく一杯でした。

太麺が合うかなと思いましたが細麺でした

太麺が合うかなと思いましたが細麺でした

麺は意外にも細麺です。

この濃度なら太麺の方がウケは良さそうでかなと思ったのと、麺も柔らかいのでパツンパツンとした固さでも良さそうには思いました。

でも、スープはとても美味しいコク深いし、オススメの一杯と言えるでしょう。

さばラーメン さば祭 京都銀閣寺本店 アクセス方法


さばラーメン さば祭 京都銀閣寺本店(2018年9月7日撮影)

さばラーメン さば祭 京都銀閣寺本店(2018年9月7日撮影)

では「さばラーメン さば祭 京都銀閣寺本店」さんはどこに開店するのでしょうか。

2017年9月に閉店した「らーめん川藤屋銀閣寺店」のテナントで、2018年9月7日には店舗外観が完成していました。

個人店ではないので改装費用は結構かけると思われますが、現状のテナントを見る感じでは相当古い建物なので改装には時間がかかるかもしれません。

追記開店日は2018年9月8日で確定しました。

さばラーメン さば祭 京都銀閣寺本店 外観(2018年9月3日撮影)

さばラーメン さば祭 京都銀閣寺本店 外観(2018年9月3日撮影)

外装はかなり古く改装は必須(改装前)

外装はかなり古く改装は必須(改装前)

さばラーメン さば祭 京都銀閣寺本店 外観(改装前)

さばラーメン さば祭 京都銀閣寺本店 外観(改装前)

駐車場や駐輪場はなく、店回りにも駐輪スペースはありません。

今回は市営の銀閣寺駐車場(駐輪場)を使いましたが、バイク400円で他より高いのであまりオススメはできません。

銀閣寺からは徒歩5分くらいで、銀閣寺へ向かう京都市バスで行くと良いでしょう。白川通沿いで「錦林車庫前バス停」のすぐ目の前くらいです。

京都府京都市左京区浄土寺下南田町31
営業時間:11:30~15時、17:30~売り切れ終了
定休日:年中無休
URL:https://saba-matsuri.com/
URL:http://emcg.jp/


この記事は京都のラーメン新店調査や実食レビューに定評のある記者「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。関西・京都の知られざるラーメン店を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくし京都観光やグルメの発展を目指すことが目的です。



主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。