丸二食堂 @京都「京大生御用達のデカ盛り激安食堂」実食レビュー

今回は京大生御用達のデカ盛り激安食堂丸二食堂」さんの実食レビューです。日替わり定食「丸二定食」は値段が580円なのですが、大盛りご飯にフライが盛りだくさんの定食です。京都では昔からある大衆食堂、地元民が食べる「地元メシ」の店なんです。

では、そんな「丸二食堂」さん、どんなお店なのでしょうか。

広告

京大生御用達のデカ盛り激安食堂「丸二食堂」


京都にある京大生や地元民御用達「丸二食堂」

京都にある京大生や地元民御用達「丸二食堂」

京都大学の近くに京大生御用達のデカ盛り激安食堂があるのはご存知でしょうか。

お店の名前は「丸二食堂」さん、近くには「丸三食堂」さんというのもあります。

昔からある大衆食堂で、安く定食などが食べられる京都のお店ですが、京大が近いということもありデカ盛りのお店としても知られています。

場所は岡崎・聖護院と呼ばれるエリアで、京都大学の南にあります。

丸二食堂 のメニューと値段


雰囲気も昔ながらで良いお店

雰囲気も昔ながらで良いお店

さて、この丸二食堂さんですが「デカ盛り激安」と書きました。

いわゆる地元の方が食べに行くような「地元メシ」のお店で観光客はやって来ませんのでリーズナブルな価格帯のお店です。

定食の値段は概ね600円台、餃子は170円、京大生は苦学生が多いですが、そんな学生さんでもお腹いっぱい食べられる庶民派の食堂です。

丸二定食(日替わり)580円
豆腐定食 580円
焼メシ定食 580円
かしわ唐揚定食 600円
チキンカツ定食 600円
豚ともやし炒定食 600円
焼魚定食 630円
トンカツ卵とじ定食 680円
豚しょうが炒定食 700円
豚しゃぶ定食 730円
かきフライ定食 730円
うどん定食 600円(鶏唐揚とご飯付き)
フライ盛合定食 620円
各種豚汁セット 720円
おでん定食 650円
お造定食 780円

値段は松屋レベル、いやそれより安いかもしれません。

さらに、この値段で「デカ盛り」なのだから激安であることは間違いありません。

丸二食堂「デカ盛り激安定食」実食レビュー


丸二定食(日替わり)580円

丸二定食(日替わり)580円

今回はそんな「丸二食堂」さんで激安デカ盛り定食を食べて来ました。

食べたのは「丸二定食(日替わり)580円」で、本日は「チキンカツちくわフライ目玉焼き大根煮」となっていました。

それに「味噌汁ご飯大盛り」なので、ものすごくお腹が一杯になります。

チキンカツの厚みは3cmもあります

チキンカツの厚みは3cmもあります

チキンカツの厚みは最大で3cmもあり、プリップリとした食感でご飯がものすごく進みます。

器には「キャベツ千切り卵焼きちくわフライナポリタンの麺」がこれでもかと盛られていますが、別皿で「大根煮」まで付いてきます。

別皿の「大根煮」うまい!

別皿の「大根煮」うまい!

ご飯は普通で大盛りです

ご飯は普通で大盛りです

これで580円、安かろう悪かろうではなく「味も良い」のでがっついで食べてしまいました。

ちなみに「オーダー方法」なのですが、原則として入って右にあるメニューのところにある紙切れにオーダーを書いて渡して注文するのが「丸二食堂」のお作法です。

一度目は知らないので仕方ありませんが、二回目以降は紙でオーダーを通しましょう。

精算もこの紙を渡してお金を支払います。つまり、伝票を自分で書くということですね。

丸二食堂 営業時間と定休日


丸二食堂、近くなら通います!

丸二食堂、近くなら通います!

では「丸二食堂」さんへ行きたい方向けの情報です。

営業時間は「11時30分~15時、17時~21時」定休日は「土曜日、日曜日」です。

定休日からして「地元民向け食堂」であることが分かりますね。

ちょっと細い道にあるので分かりづらいお店ですが、東山近衛の交差点付近から東へ行くと分かりやすいかと思います。

京都府京都市左京区岡崎西福ノ川町2−5(MAP
営業時間:11時30分~15時、17時~21時
定休日:土曜日、日曜日
広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。