喫茶キートス @京都・梅津「地元の人が集う食堂」実食レビュー

京都の梅津にかねてから気になる喫茶店がありました。お店の名前は「喫茶キートス」さん。でも、パッと見は別のお店にしか見えません。しかし「喫茶キートス」さんは奥が確かに喫茶店になっており、そこではランチを食べられるようになっていたのです。

広告

京都・梅津「地元の人が集う食堂」喫茶キートス


京都・梅津「地元の人が集う食堂」喫茶キートス

京都・梅津「地元の人が集う食堂」喫茶キートス

今回の「京都カフェブログ」は京都市右京区にあるカフェ「喫茶キートス」さんへ行って来ました。

かねてよりの宿題店で、お昼には日替わりランチが700円で食べられる喫茶店です。

しかし、どうしても入りづらくて・・・・

なかなか訪問できていなかったカフェなんです。

地元民がどんどん店内へ吸い込まれていきます(喫茶キートス)

地元民がどんどん店内へ吸い込まれていきます(喫茶キートス)

今回の訪問は2019年12月23日、ちょうどランチ時間帯にお店の前に到着しました。

だけど、どうしても入りづらくて・・・・

店頭でモジモジしておりました(笑)

なぜなら、看板には「ランチと喫茶」の表記はあるものの、お弁当屋さんにも見えるからです。

ですが、モジモジしている間に店内にお客さんが吸い込まれていきます!

やばい、早く入店しないと満席になってしまうという気持ちも後押しして、なんとかお店へ入店することができました。

喫茶キートスの店内

喫茶キートスの店内

まず、入口を入るとなんとなくお店があったような雰囲気のフロアになっています。

そこだけ見ると「お弁当屋」さんにも見えるのですが、奥には喫茶フロアがあってカウンターとテーブルが並んでいました。

ということで、カウンターに着席。

その間にもぞくぞくとお客さんが入店してきて、またたく間に満席となりました。

喫茶キートス 日替わりランチを食べてみた


日替わりランチ(700円)

日替わりランチ(700円)

まぁ、でもこの「喫茶キートス」さん、入ってみると定食屋さんみたいな雰囲気です。

お客さんと店主もご近所さんみたいな感じで話をしており、常連さんばかりが食べに来ているようでした。

ということで、私も常連ヅラして「日替わりランチ」を注文。

本日は「鮭焼ほうれん草のごま和えかす汁」というセットです。

ご飯は大盛り(無料)をチョイス

ご飯は大盛り(無料)をチョイス

ご飯は「大盛り」にするか聞いてくれるので迷わず大盛りを選びました。

大きな丼ぶりに入れてくれたのがこちらの写真です。

大きな鮭でご飯をかきこみます

大きな鮭でご飯をかきこみます

鮭は脂がのったやつ、皮の部分の脂っこさがライスによく合います。

時折、ほうれん草のごま和えでライスを食べつつ、かす汁も飲みつつ食べていきます。

かす汁はアツアツで具だくさんでした

かす汁はアツアツで具だくさんでした

かす汁はアツアツで具だくさんです。

とても、大衆的な地元の方が集まる温かい食堂というのが「喫茶キートス」さんの正体でした。

喫茶 キートス はどこにある?


喫茶 キートス は梅津段町から西へセブンイレブンの左側にあります

喫茶 キートス は梅津段町から西へセブンイレブンの左側にあります

では「喫茶 キートス」さんはどこにある喫茶店なのでしょうか?

お店は京都市右京区梅津と呼ばれるところにあります。

梅津段町から松尾大社方面へ、すぐに「すき家、セブンイレブン」があるのですが、そのセブンイレブンの西側細い道にお店があります。

営業時間はモーニングが11時まであり、ランチは12時~14時です。

モーニングもあります(喫茶キートス)

モーニングもあります(喫茶キートス)

ランチは700円、コーヒーをつけると850円。

モーニングはコーヒーとトーストで420円となっていました。

京都府京都市右京区梅津上田町50−11
営業時間:朝~11時、12時~14時
定休日:日曜、祝日


京都や大阪に滋賀に三重と奈良など主に関西のカフェ新店などを食べ歩く実食レビューを掲載しているブログカテゴリーです。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。京都の起業家の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。