88coffee.+workshop @京都・同志社前「京田辺市にある美味い自家焙煎コーヒー」レビュー

京田辺市にある美味い自家焙煎コーヒー「88coffee.+workshop」さんへ行って来ました。は2018年8月8日にオープンした京都府京田辺市のカフェです。テークアウトならブレンドが180円(税別)から。値段は安いですがサイフォンで淹れたコーヒーでした。

京田辺市にある美味い自家焙煎コーヒー「88coffee.+workshop」


同志社前に自家焙煎のカフェがあるって知ってましたか?

同志社前に自家焙煎のカフェがあるって知ってましたか?

京都府京田辺市の同志社大学(京田辺キャンパス)へと向かう途中、住宅地の一角に一軒のカフェがあります。

オープンは2018年8月8日、お店の名前は「88coffee.+workshop」さん。

自家焙煎珈琲のカフェで、香りと酸味のバランスが良い「ブラックで飲みやすいコーヒー」をいただいてきました。

一階と二階にテーブル席があります

一階と二階にテーブル席があります

店内はウッド調、オーナーさんは建築士の傍らで焙煎所を開店させた方で、自分でお店を建てられたそうです。

一階と二階にテーブル席があり、近鉄京都線「興戸駅」から同志社大学京田辺キャンパスへと向かう途中にあるので学生さんの利用がほとんどだそうです。

テークアウトだとかなりお安いです

テークアウトだとかなりお安いです

メニューは「88ブレンドコーヒーカフェオレスムージー抹茶ラテタピオカほうじ茶ティー紅茶フロート」など。

軽食メニューもあって「ホットサンドパンケーキフレンチトーストドッグロール」などもあります。

値段はホットコーヒーがテークアウトなら194円、店内で飲んでも345円と割安価格になっています。

自家焙煎豆の販売もあります

自家焙煎豆の販売もあります

焙煎豆の販売は100gで400円程度から

焙煎豆の販売は100gで400円程度から

自家焙煎豆の販売も行っていて、100gで400円程度からありました(写真は150g)。

実際に飲んでみて「あぁ美味しいなぁ」って思ったので豆も購入していきました。

値段はお安いのですが、サイフォンで淹れてくれるし、自家焙煎で本格的なコーヒーをいただける良いお店でした。

88coffee.+workshop はどこにある?


88coffee.+workshop は同志社前駅と興戸駅の間にあります

88coffee.+workshop は同志社前駅と興戸駅の間にあります

では、この「88coffee.+workshop」さんは京都府京田辺市のどこにあるのでしょうか?

近鉄京都線「興戸駅」とJR「同志社前駅」のちょうど中間にあり、田んぼが広がる長閑な住宅地の一角にお店があります。

細い道の途中なので駐車場や駐輪場はありませんが、駅からは近くて徒歩2~3分ほどです。

私は大学生の時、大学へ行く前にコーヒーを一杯飲んでから授業をよく受けていました。もし、同志社大学生だったら毎日ここでコーヒーを飲んでいたかもしれません。

京都府京田辺市興戸久保2−8
営業時間:14時30分~19時
定休日:日曜、祝日
公式Instagram:https://www.instagram.com/88coffee.workshop/


京都や大阪に滋賀に三重と奈良など主に関西のカフェ新店などを食べ歩く実食レビューを掲載しているブログカテゴリーです。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。京都の起業家の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。