薄伽梵 ハヂメ(京都ラーメン)藁炙り牛麺 実食レビュー

京都市中京区、花遊小路の奥にあるラーメン店「薄伽梵ハヂメ(ばがぼんはぢめ)」のラーメン「藁炙り牛麺」実食レビューです。牛骨スープに燻製香る醤油ダレのラーメンで激ウマ。完成度の高いラーメンです。

最新情報:こちらの店舗は2021年11月21日まで「藁炙り焼き専門店」へとリニューアル工事中です。そのため、ランチのラーメン営業については今のところ提供されているか未確認です。

薄伽梵ハヂメで平日ランチ限定ラーメンが提供中


花遊小路の奥にある「薄伽梵ハヂメ(ばがぼんはぢめ)」

花遊小路の奥にある「薄伽梵ハヂメ(ばがぼんはぢめ)」

京都市中京区、花遊小路の奥でラーメンを提供している居酒屋があります。

お店の名前は「薄伽梵ハヂメ(ばがぼんはじめ)」さん。

2020年12月頃からラーメンを販売するようになったお店なのですが、こちらで提供されている「藁炙り牛麺」が驚くほど美味しかったので紹介したいと思います。

藁炙り牛麺は2種類「牛タン麺・牛タンタン麺」があります

藁炙り牛麺は2種類「牛タン麺・牛タンタン麺」があります

ラーメンは「平日 11時30分~15時」で提供されているメニューです。

藁炙り牛麺という名前で2種類「牛タン麺牛タンタン麺」があります。

どちらも牛骨をじっくりと煮込んだスープに燻製京出汁醤油イブリデイを使ったラーメンで、トッピングに肉団子が入っているかいないかの違いがあるだけです。

麺は「細麺平打ち麺」から選択可能。

今回はこの「薄伽梵ハヂメ」の雰囲気やどんなメニューがあるのかを実食レビューします。

牛タン麺(700円)マー油
牛タンタン麺(800円)ラー油&マー油&肉団子

店内の雰囲気は?(コロナ対策など)


お店の雰囲気は一般的な居酒屋という感じです

お店の雰囲気は一般的な居酒屋という感じです

お店の雰囲気は一般的な居酒屋という感じです。

店内はテーブル席とカウンター席があり、透明シールドや垂れ幕などで仕切りがされています。

入口に手指消毒液があるので、それで消毒してから入店しました。

カウンターも透明シールドの仕切りがありました

カウンターも透明シールドの仕切りがありました

カウンターも透明シールドの仕切りがありました。

昼時でしたが、後客はひとりだけでお店はほぼ貸し切り状態です。

実食レビュー


牛タン麺(700円)

牛タン麺(700円)

ラーメンは「牛タン麺(700円)・牛タンタン麺(800円)」の2種類があります。

牛タン麺はマー油を使い「ローストビーフ牛たんすじチャーシュー細切れチャーシュー」が入ったラーメン。

牛タンタン麺はラー油とマー油を使い「ローストビーフ牛たんすじチャーシュー牛たんすじ入り肉団子」が入っています。

チャーシューに藁炙り牛肉を使っているのが特徴です。

国産牛骨と牛たんすじ肉に野菜&果物を1日煮込んだスープ

国産牛骨と牛たんすじ肉に野菜&果物を1日煮込んだスープ

特筆すべきはスープでしょう。

国産牛骨と牛たんすじ肉に野菜&果物を1日煮込んだスープは濃厚な味わいで、ほんのりと甘みもあるスープです。

それに厳選した2種類の醤油と煮干し・シイタケ・干しエビで熟成させた醤油ダレを合わせていて、甘辛の力強い個性を感じるスープになっていました。

さらにマー油(にんにく焦がし油)の香ばしさとブラックペッパーも加わり、他では味わえない唯一無二のラーメンだと言えます。

卓上の「にんにく」を少し入れると味が激変します!

卓上の「にんにく」を少し入れると味が激変します!

卓上の「にんにく」を少し入れるのもオススメ。

ブラックペッパーも少し入れると香りがよくなります。

麺は平打ち麺を選んでください

麺は平打ち麺を選んでください

この力強いスープには全粒粉入りの北海道産ユメチカラで製麺した平打ち麺を合わせるのがオススメです。

コシの強い麺で小麦の味わいを思う存分味わえる麺で、スープもよく絡んでとても美味しくいただきました。

京都産の燻製醤油「イブリデイ」も使われていました

京都産の燻製醤油「イブリデイ」も使われていました

この薄伽梵ハヂメさんの藁炙り牛麺はとてもよくできたラーメンだと思います。

個人的な評価でも京都ラーメンの最上位にランキングできる逸材です。

あまりにも美味しいので名残惜しい感じで無くなっていくスープを見つめながら完飲みしてしまいました。

醤油ダレには京都産の高級燻製醤油「イブリデイ」も使われており、食材にもこだわりがあるラーメン。

ぜひ、一度食べてみていただきたいラーメンでした。

このお店への行き方は?(駐車場の有無など)


新京極通から花遊小路に入ってドンツキを左に曲がったところです

新京極通から花遊小路に入ってドンツキを左に曲がったところです

薄伽梵ハヂメの場所は新京極通から花遊小路に入ってドンツキを左に曲がったところです。

住所でいえば「〒604-8042 京都府京都市中京区中之町565−23」で、地図で見たい場合はこちらをクリックしてください(Google Mapsが開きます)。

駐車場・駐輪場はありません。

ラーメンの提供は「平日の昼」なので時間に注意して訪問してください。

ジャンル「ラーメン店」
食事予算「700円~1500円」
ランチ営業「あり」
営業時間「11時30分~15時」
定休日「なし」
駐車場・駐輪場「なし」
住所「〒604-8042 京都府京都市中京区中之町565−23」
地図こちらをクリック(Google Maps)」
テイクアウト「対応可能」
出前「Uber Eats」
コロナ対策「手指消毒・マスク・透明シールド」
公式https://www.instagram.com/bakabon.hazime/
公式2https://twitter.com/GyuuuuunTantan


この記事を書いた人

この記事は飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のある記者「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。



京都ラーメン

関西・京都の知られざるラーメン店を毎日探してどこよりも速く実食レビューを掲載しています。


飲食店レビューについてのご留意事項

※本ブログは非商業系であるため、お店には客として訪問しています(業者ではありませんので掲載費用の徴収や商品販売の勧誘などは一切していません)。内容も客としての視点でのみ書かれたものです。

※紹介したいお店は「美味しいお店」ではなく「気持ちよく食事ができるお店」です。お客様に対して失礼な対応があるお店は記事掲載後でも削除しています。


京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | ペット同伴OK |

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


京都関連の記事を書いているライター
ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター
まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。